アフィリエイト記事の書き方を2種類に分けて解説。収益を上げまくる

「アフィリエイトを始めたけれど記事の書き方が悪いのか、全然成功するような気配がない。」
「成功している人ってアフィリエイトの記事の書き方を工夫しているのかな。」
「アフィリエイトの記事の書き方って何かルールがあるのかな。」

あなたは今、このようなことを考えていませんか?

アフィリエイトをしていると、記事の書き方が本当に正しいのかと悩んでしまうことはよくあります。
「アフィリエイトの成果が上がらない原因は何だろう」と考え、
「記事の書き方が良くないのかもしれない」とは思っても

特に改善できないまま続けている人もいるでしょう。
それが原因でいつまでも収入を得られない場合もあります。

そこでこの記事では、アフィリエイトの記事の書き方について解説します。
この記事さえ読めばアフィリエイトで成功するために必要な記事の書き方については完全にわかります。
この記事があなたのお役に立ちましたら幸いです。

ちなみに、この記事を書いている人って、誰?

きっとあなたはそう思われたことでしょう。

初めまして。管理人のふっさんと申します。

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)というビジネスモデルにて、
1人の会社で年商1億円を突破。

〝普通に働く以外の方法〟で稼ぎたいあなたへ。
ぜひ当サイトの色々な記事を読んでみてください。


DRMについて学べ、
個人で稼げる自由な人生への第一歩を踏み出せます。

アフィリエイト記事の書き方は、そもそもSEO対策をちゃんとしよう


アフィリエイトの記事を書いてもなかなか成果が上がらないときによく問題になっているのは、アクセス数の少なさです。
コンバージョン数を増やすためには、そもそもアクセス数が多くなければならないのは明らかでしょう。アクセス数を増やすために欠かせないのがSEO対策です。

もしアフィリエイトでうまくいかないというときにSEO対策をしていないのならすぐに始めましょう。
コンテンツがしっかりとしていてコンバージョン率が高いならSEO対策をするだけで成功できる可能性があります。

SEO対策については、以下の記事で詳しく解説しているので、あわせて読んでみてください。

ブログの書き方のコツ!ド素人がSEOに強いコンテンツを書けるようになるためには?

アフィリエイトの記事の書き方には2種類ある


アフィリエイトがうまくいかないときには記事の書き方に問題がある可能性があります。

そもそも記事には『集客用記事』と『販売用記事』の2種類あるということを知っているでしょうか。この2つの意味を理解して使い分けながらコンテンツを作成していくことがアフィリエイトの成功につながります。

集客用記事は、アクセス数を稼ぐための記事です。コンバージョン数を増やすことよりもユーザーに読んでもらうことを重視するコンテンツで、SEO対策としても重要な役割を果たします。

販売用記事はコンバージョンを重視した記事で、キラーページとも呼ばれます。
直接的に販売用記事にアクセスしてもらえれば理想ですが、集客用記事で集めてきたユーザーを販売用記事に導き、最終的には購入につなげるという流れを作り出すことも可能です。

このような記事の役割の違いを意識してコンテンツを作り上げていくことがアフィリエイトの成功につながります。

集客用記事の書き方


集客用記事は、具体的にはどのように書いたら良いのかと悩む人もいるでしょう。
集客用記事はアクセス数を重視して作り上げるのが重要で、必ずしも購入を促すような訴求力が高くなくても問題はありません。

「その記事を読みたい」という人が集まってきてくれるようにするのが基本で、SEO対策の意味合いが強いコンテンツだと考えるのが基本です。
まずは検索ボリュームがあるキーワードを狙って記事を書くようにしましょう。

理想としては購入に近くて検索ボリュームも十分に豊富な方が良いですが、キーワードの選定が難しくなりがちです。
こういったキーワードは必ず競合がたくさんいるので、あまり直接的なキーワードを使っても激戦区になっていて勝てないことが多いというのが実態です。

競争に負けてしまうよりは、アクセス数だけを重視して難易度が低めのキーワードを選び、SEO対策として活用するのが集客用記事の重要な点です。

ただし、販売用記事との関連性を考えて、遠からず近からずというコンテンツにしないと販売用記事を生かせないので注意しましょう。

販売用記事の書き方


販売用記事は、コンバージョンを重視した設計にするのが基本です。

検索キーワードを意識して、『アフィリエイトで選んだ商品の種類+おすすめ、比較、お得』などといったキーワードで上位表示されれば理想的ですが、
競合が強そうな場合はSEO対策は意識せず内容面にだけ意識を向けて書いても大丈夫です。

コンテンツの構成は、基本的にはコピーライティングを意識して作り上げます。
アクセスしてきたユーザーにとってわかりやすい内容にしつつ、「読み進めたい」という気持ちが沸き起こるようにフックを散りばめていきます。
そして、購入するところまで導いていけるように、「今すぐ買うべき」という根拠をはっきりと示すようにしましょう。

販売用記事ではファーストビューも重要で、せっかく検索で見つけてくれたり、集客用記事から来てくれたりしたのに
すぐに離脱されてしまってはもったいないでしょう。

最初に表示されるページで共感を得る・危機感を与えるといったアプローチでユーザーを引き込み、
最終的には購入にまで誘導するのが効果的な書き方です。

キラーページの書き方については、以下の記事で詳しく解説しているので、あわせて読んでみてください。

コピーライティングのコツ・効果的なコピーの書き方を徹底解説!

アフィリエイト記事の書き方 まとめ

アフィリエイトがうまくいかずに困っているときには、記事の書き方を工夫をすることが大切です。
ユーザーを引き込むためにはSEO対策が必要なことも意識して、記事を2種類に分けてコンテンツを作り上げていきましょう。

アクセス数を重視する集客用記事と、ユーザーを購入に導くのを重視する販売用記事の2つを用意すると
アフィリエイトで成功できる可能性が高まります。
記事の書き分けを意識してこなかった人は積極的に取り組んでみましょう。


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年8月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です