アフィリエイトの賢いネタの探し方。もうネタ選びに迷わない!

「アフィリエイトをするにあたって、一体どういうジャンルで記事を書いていけばよいのだろう?」
「記事を書こうと思っても、もう書くネタなんて思い付かないよ…」

あなたは今、こんな悩みを感じていませんか。

もし、闇雲にネタを選んでも、労力だけかかって成果が伴わないという結果になってしまう危険性があります。

世の中のニーズとずれたネタでは、見てくれる人は集まりませんから、当然成果にも結び付きません。これでは意味がありません。

そこでこの記事ではアフィリエイトの効果的なネタ探しについて解説します。

この記事さえ読めば、アフィリエイトのネタ選びについては完全にわかります。
少しでもあなたのアフィリエイトの参考になれば幸いです。

ちなみに、そもそも「アフィリエイトについていまいちよくわかっていない」という場合は、
以下の記事を読んでみてください。

アフィリエイトについてまるっと理解できます

ネット起業で“本当に稼げる”10のビジネスモデルを大公開

ちなみに、この記事を書いている人って、誰?

きっとあなたはそう思われたことでしょう。

初めまして。管理人のふっさんと申します。

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)というビジネスモデルにて、
1人の会社で年商1億円を突破。

〝普通に働く以外の方法〟で稼ぎたいあなたへ。
ぜひ当サイトの色々な記事を読んでみてください。


DRMについて学べ、
個人で稼げる自由な人生への第一歩を踏み出せます。

アフィリエイトの記事ネタの探し方。そもそもジャンルをどうするか?

アフィリエイトで扱える商品のジャンルは実に幅広いです。
しかし、実は大きく稼げるジャンルはある程度決まっています。

例えば女性向けではダイエットや美容関連の商品、男性では出会い系などが代表的です。

これらのジャンルは単価が高いので、上手くアフィリエイトをすれば、成果もついてきますので魅力的なジャンルです。

ですので、稼げるジャンルの中からどのジャンルに取り組むか決める、というのが理想的な方針ではあります。

とは言っても、このジャンルならどのネタでも簡単にアクセスを集められ簡単に稼げるかと言うと、そんなことはありません。

商品についてよく情報を集めて、メリットや特徴をわかりやすく解説できるくらいに勉強は必要でしょう。

他のアフィリエイトのネタ探しの方向性として、
もともと自分が興味があって詳しいジャンルで取り組むことも、やりやすいのでおすすめではあります。

好きなことだったり、実際に利用した体験があるジャンルならユーザーの悩みも分かりますし、不安に思っていることもわかるはずです。

その経験を生かして、使うことの利点や悩みの解消、楽しみ方などを具体的な情報として提案できますので、より親身でイメージの湧く情報を与えられます。

ただし、「このジャンルだと自分が書きやすいから」という理由でテーマを決めることには注意点もあります。
それは基本的に大きく稼ぐのが難しいということです。

どのようなジャンルでも頑張れば月10万程度までは稼げますが、
それ以上大きな稼ぎを狙うとなると、どうしてもお金になりやすいジャンル以外だと相当難しいと思っておいたほうがよいでしょう。

ここまでで、

・稼げるジャンル(ダイエット、美容、出会い系関連など)の中から選ぶ
・自分の好きなジャンル

この2つのどちらかの方針で選んでいくことが基本となることは理解できたかと思います。

理想的なのは、自身がもともと興味のあるものがダイエットや美容、恋愛などで、アフィリエイトにおいて稼ぎやすいジャンルであれば
選ぶときのポイントが2つ同時に揃っているので最高です。

「自分が取り組むジャンルをどのように決めればよいのか、もっと詳しく知りたい!」
そう思った方は、以下の記事で詳しく解説しているので、あわせて読んでみてください。

ブログのテーマの選び方は?おすすめのテーマの選び方をご紹介

アフィリエイトの記事ネタの具体的な探し方

では、アフィリエイトの記事を書くにあたってジャンルの選び方は大きく2つの方向性があることがわかったところで、
具体的にはどのようにして記事ネタを考えていけばよいのでしょうか?

以下に、アフィリエイトの記事ネタの探し方を解説していきます。

そのジャンルに興味がある人がどんな質問をしてくるか考える

まず、あなたがアフィリエイトに取り組むジャンルに興味のある人々は、どんな疑問をぶつけてくるのかを考えましょう。

例えば英会話というジャンルなら、

「英会話ってやっぱ独学じゃ厳しいのかな…?」
「英会話スクールでおすすめの場所ってどこなんだろう?」
「本気で英語を身につけようとするなら、海外に行かないと無理?」

といったような想定される質問を考え、
これらの疑問を解決してあげるような内容を考えることで、自ずと記事のネタが絞れてきます。

大切なことはそのジャンルに興味を持っている方が、どんな質問や悩みを持っているか考えることです。

そのジャンルの本の見出しを見る

もう1つの方法は、あなたの取り組むジャンルの本を見ることです。
本は情報が整理されていますから、どんな情報について書けばよいのかを決めるのに大きなヒントを与えてくれます。

なんなら、本の中まで読まなくても、見出しをチェックするだけでも十分参考になることでしょう。

同じジャンルのブログやサイトを見る

さらに、同ジャンルを扱う他の競合ブログや競合サイトも参考になります。

もちろん記事をコピペレベルでパクるのは言語道断ですが、
自サイトで何について記事を書くかの参考にはなるでしょう。

アフィリエイトのネタまとめ

アフィリエイトのネタ探しはコツを知らないと「もう書くことなんて思いつかないよ…」となってしまいますが、
今回の記事で紹介したポイントを押さえれば、書く記事のネタに困ることはなくなるでしょう!

ちなみに、「個人で稼ぐ」ことに興味があるのであれば、

アフィリエイトに取り組むよりかも、
当サイトで解説しているDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)に取り組むほうが圧倒的におすすめです。

「DRMってなに?」と思ったあなたは、以下の記事を読んでみてください。
DRMがどういうものか、まるっと理解できます。

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは?集客、教育、販売の3ステップ


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年8月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です