アフィリエイトで月5万円を稼ぐことはできるのか?具体的な稼ぐ方法とは

現在、アフィリエイトで月5万円を稼ぐことはできるのか?

近年、アフィリエイトで稼ぐことは難しくなった、という声をよく耳にします。

 

確かに、Googleの検索アルゴリズムのアップデートの影響などによって、検索順位が大きく下がってしまうサイトは少なくありません。

 

とはいえ、アフィリエイトで全く稼ぐことができなくなったかというと、そうとは限りません。

 

確かに、今まで通用していた手法で検索順位をあげることができなくなってしまった場合もありますが、コツコツと時間をかけて良質なコンテンツを提供していくことで、月5万円を稼ぐことは決して不可能ではありません。

 

ただし、月5万円を稼ぐことは簡単なことでもありません。しっかりとアフィリエイトのスキルを身につけて取り組まないと、月5万円の収益を達成することはできないでしょう。

 

アフィリエイトで月5万円稼ぐために必要な期間

アフィリエイトで月に5万円を稼げるようになるためには、最低でも3ヶ月以上の期間は見込むべきでしょう。ただし、これはあくまでも早く収益が出た場合の話であって、通常半年から1年は必要になります。

 

なぜ、ここまで時間がかかってしまうのかというと、サイトの運営を初めてすぐには、それに関連する検索ワードで誰かが検索しても検索順位の上位には表示されないからです。

 

検索結果で上位表示されるためには、Googleに「自分のサイトが信頼できる優良サイトである」ということを認識されなければいけません。

 

Googleのクローラーというものが世界中にあるあらゆるサイトを巡回して情報収集してそれを基に優良サイトであるかどうかは判断されるのですが、クローラーがそれなりに巡回するようになるまで少なくとも3カ月、通常は半年程度はかかってしまうので、サイトが評価されるまでにはこれぐらいの期間は必要となってくるのです。

 

アフィリエイトで月5万円稼いでいる人の割合

特定非営利活動法人アフィリエイトマーケティング協会が2019年3月に行った調査によると、アフィリエイトで月に5万円以上を稼いでいる人の割合は約26.6%となっています。

 

つまり、アフィリエイトをしている人の4人に1人以上は月に5万円以上の収入を得ているということになります。

 

ちなみに、さらに細かく見ていくと、1カ月のアフィリエイト収入が5万円以上~10万円未満の人が約5.1%、10万円以上~20万円未満の人が約4.5%、20万円以上~50万円未満の人が約6.2%、50万円以上100万円未満の人が約4.0%、100万円以上の方が約6.7%となっています。

 

その一方、アフィリエイトに力を入れているにもかかわらず、収入が全くないという人は30.0%もいます。

 

このことから、アフィリエイトで収益を出し始めるまでが難しいことと、収益を出し始めれば、月5万円以上の収益を得ている人は多くいることがわかります。

 

アフィリエイトで月5万円稼ぐための方法

商材を選定する

 

アフィリエイトで月5万円以上稼ぐという目標達成のためには、商材の選定がまず重要になってきます。

 

アフィリエイトの広告は幅広い分野のものがあって、1件の成約で得られる収入の金額も様々です。

 

例えば、多くの人に制約してもらうことができそうな、成約までのハードルが低い案件を選ぶと、1件の成約で得られる報酬額は少ない場合が多く、これで月5万円以上の収益をコンスタントに稼ぐためには、そのサイトにかなりのアクセスが必要となります。

 

つまり、検索順位の上位を狙っていく必要があり、なかなか目標達成には到達しづらいです。

 

できるだけ早く、確実に月5万円の収入を得るためにはなるべく単価の高い商材を選ぶことをおすすめします。

 

具体的に言うと、最低でも単価が1,000円以上のものを選ぶといいでしょう。

 

キーワードを選定する

 

アフィリエイトで月5万円以上の収入を達成するためには、インターネットの検索サービスで顧客がキーワードを入れて検索し、自分のサイトにたどり着く必要があります。

 

そのため、対象となるターゲットがどのようなキーワードを検索サービスで入力して検索して自分のサイトにたどり着くのかを考慮に入れてサイトのコンテンツを作成していく必要があります。

 

例えば、「商品名+クチコミ」「商品名+評判」「商品名+メリット」といったキーワードを入力して、その商品の購入に進むことが多いので、このようなキーワードを選定することが王道です。

 

これらのキーワードをコンテンツのタイトルやコンテンツ内に適度に使うとインターネットの検索サービスでそのキーワードを検索した際に、検索結果で上位表示されやすくなります。

 

また、キーワードプランナーを使ったり、関連するキーワードをリサーチして、商品の購買へとつながりそうなキーワードを探すことも重要です。

 

記事を執筆する

 

商材やキーワード選定をしたら、それを踏まえて記事の執筆を行います。もちろん、選定したキーワードを盛り込んでいって、検索上位に表示されることを意識することも重要となります。

 

しかし、それ以上にサイトにたどり着いたユーザーが求めている情報をその記事の中で得ることができる有益なコンテンツとなっているのかを意識することが重要となります。

 

検索上位に表示されてサイトへの流入が多くなったとしても、そのサイトのコンテンツが有益なものでなければ、あっという間にユーザーはそのサイトから離れていってしまいます。

 

逆にサイトへの流入が少ないサイトであっても、本当にコンテンツがユーザーにとって有益なものであれば、広告利用が増えて収益を積み重ねていくようになります。

 

つまり、キーワードの羅列ではなく、必要な情報をユーザーが効率的に手に入れることができるコンテンツを作成することを心がけましょう。

 


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年4月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です