アフィリエイトで手に入る「自由」の種類

時間の自由

 

アフィリエイトは、自分が働いていないときでもブログから報酬が発生するため、「時間の自由」があるといえます。たとえば、夜、寝ている間に報酬が発生していることがあります。

 

アフィリエイトの作業は、会社員のような勤務時間の決まりが一切ありません。そのため、自分のペースで作業をすすめることができます。

 

しかし、アフィリエイトは、会社員やアルバイトのように、作業した時間に応じた報酬が保証されているビジネスモデルではありません。

 

記事を執筆することで集客できた読者が、ブログで紹介した商品やサービスを申し込むことにより、はじめて報酬が発生します。

 

そのため、たとえどんなに長時間の記事執筆作業を行っても、申し込みがなければまったく稼ぐことはできません。

 

アフィリエイトで稼ぐためには、ブログやウェブサイトで集客をしたうえで読者を教育し、商品の申し込みへと誘導をする必要があります。

 

場所の自由

 

アフィリエイトは、場所を問わず作業を行うことができるため、「場所の自由がある」といえます。たとえば、海外旅行に出かけているときでも、作業をすることができます。

 

アフィリエイトをするためには、会社員のように特定の場所に行く必要はありません。

 

朝の通勤ラッシュにも巻き込まれることはなく、インターネットとパソコンさえ使用できる環境であれば、自分の好きな場所で作業ができます。

 

しかし海外旅行をしながらアフィリエイトの作業をすることは、よほど自分をコントロールできる、強い気持ちを持った人でないと難しいです。

 

実際に、旅行をしながらアフィリエイトの作業を実践した人の声は多いですが、気持ちが浮かれてしまい、あまり作業ができなかったという声が多いです。

 

お金の自由

 

実力のあるアフィリエイターの中には、一般的なサラリーマンでは稼ぐことが難しい金額を稼いでいる人も多く、「お金の自由」を手に入れられることもアフィリエイトの魅力のひとつです。

 

具体的には、月に100万円以上稼ぐアフィリエイターは珍しくなく、中には月に1,000万円以上稼いでいるアフィリエイターもいます。

 

ただしアフィリエイトで必ずしも月100万円以上稼げるわけではなく、中には1円も稼げず、アフィリエイトから撤退してしまう人も多いです。

 

アフィリエイトで大金を稼ぐためには、ウェブマーケティングの知識や継続力だけでなく、ライティングスキルやマネジメント能力、そして時流に乗ることも必要になります。

 

心の自由

 

アフィリエイトは会社員とは異なり、通勤の必要がない上、上司や同僚などの人間関係に悩まされることのない働き方です。

 

そのため人付き合いの苦手な人にとってはストレスを感じず、「心の自由」を確保できる働き方といえます。

 

ただしアフィリエイトの報酬に関しては、会社員のように安定していないため、会社員のときよりも精神的な負担が大きくなる場合があります。

 

またアフィリエイトで稼ぐためには、慢心は禁物で、常に起こりうるリスクを想定して作業をする必要があります。

 

アフィリエイトだけで自由になることが難しくなっている理由

競合が多いため勝つのが難しい

 

近年、副業ブームの影響もあり、アフィリエイトをはじめる人は増加傾向にあります。

 

その結果、稼ぐことのできる商材に対して、競合が増え、以前よりもアフィリエイトで稼ぐことの難易度が上がっています。

 

また、個人のアフィリエイターだけでなく、会社規模で事業としてアフィリエイトを行っている会社も多いです。

 

現在はクレジットカードジャンルなど、いわゆる「稼げるジャンル」において、企業サイトとしての権威性を持った上で強大な資本力を投下しているため、個人が正面から対抗しても太刀打ちできません。

 

個人がアフィリエイトで競合に勝ち、稼げるようになるためには、企業が見向きもしないブルーオーションを狙う必要があります。

 

Googleのアップデートが頻繁に起こる

 

直近では、Googleのアップデートにより、これまで、検索流入で集客のできていたウェブサイトのアクセス数が激減してしまうケースが増えています。

 

具体的には、2017年のWELQアップデートを皮切りに、「YMYL(Your Money or Your Life = 私達の生活で重要な「お金」や「健康」に関わる分野)」を取り扱うサイトの信頼性が重視されるようになりました。

 

個人が運営するアフィリエイトサイトや、情報の信頼性に掛けるキュレーションサイトなどが現在にかけて続々と淘汰されています。

 

また、Googleは、「E-A-T(Expertise = 専門性、Authoritativeness = 権威、Trustworthiness = 信頼性)」も重視し、情報の正確性に疑問があったり著者の信頼性にかける低品質なサイトも淘汰されている傾向にあります。

 

このようなGoogleのアップデートによって、これまで稼げていたアフィリエイトサイトでも、ある日突然アクセスが急落してしまう場合があります。

 

事業会社が優先される

 

現在のGoogleの検索エンジンアルゴリズムでは、個人のアフィリエイトサイトよりも、事業者が運営するメディアが優遇される傾向にあります。

 

個人でのアフィリエイトサイトも完全に淘汰されているわけではありませんが、今後の流れとして、個人でアフィリエイトサイトを作って収益化することは難しくなるでしょう。

 

アフィリエイトのスキルを活用して自由に近づくための方法

複数のチャネルを活用する

 

今後はブログのSEO集客をするだけでなく、TwitterやInstagram、そしてYouTubeなど複数のチャネルを最大限に活用して集客をすることが有効です。

 

現在、YouTubeを活用したマーケティングを行う人が非常に増えています。これまではSEOが主流の集客手段のひとつとして有効でしたが、今後は5G(次世代移動通信)が主流になることも加味すると、動画コンテンツからの集客がより大きな割合を占めるようになると言われています。

 

また、個人のブランディングを強化することで、指名検索をもらうことも有効な手段の1つです。TwitterやInstagramも合わせて運用することで、個人のブランディングができ、大きな成果を出すことができるでしょう。

 

自分の事業を立ち上げる

 

今後は、アフィリエイトサイトのみを持つのではなく、自分の事業を持つことがより重要になります。

 

たとえば自身のファッションブランドの通販サイトを立ち上げたり、ネットビジネスに関する教材を作って販売を行うなど、自分の商品を持つことが鍵となります。

 

アフィリエイトサイトで培ったマーケティングスキルを活用することで、自分の事業を伸ばすことができたら、大きく稼げる機会が生まれます。

 


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年4月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です