情報商材アフィリエイトとは?メリット、デメリットを解説

情報商材アフィリエイトとは?

情報商材アフィリエイトとは、情報商材を取り扱ったアフィリエイトのこと、また情報商材を紹介することによって紹介料を稼ぐことのできるビジネスモデルのことをいいます。

 

情報商材アフィリエイトの方法は基本的に一般的なアフィリエイトと同じですが、一般的なアフィリエイトと異なる点もいくつか見られます。その代表的な例として、成果報酬の違いが挙げられます。

 

情報商材アフィリエイトの場合、一般的なアフィリエイトよりも報酬が高額である場合が多いです。

 

情報商材アフィリエイトのメリット

情報商材アフィリエイトのメリットとして、成果報酬が高額であることが挙げられます。

 

一般的なアフィリエイトでは、競合製品との価格競争による低価格化などの要因により、アフィリエイト報酬も商品価格に付随して低くなってしまう傾向にあります。

 

一方、情報商材の多くは数万円、数十万円で販売されている商品も多く、そのような商材のアフィリエイト報酬は非常に高額となります。

 

またそのような高価格で販売されているにも関わらず、セールスのテクニックが駆使されることによって、教材の購入者は少なくないことも特徴として挙げられます。

 

情報商材アフィリエイトのデメリット

情報商材のデメリットとして、商品に対する信頼感が少ないことが挙げられます。

 

通常のアフィリエイトの場合、日常的によく使われる製品や大手メーカーの製品、または有名なサービスを紹介することが多いことに対して、情報商材アフィリエイトの場合は、知名度のない商品や通常のアフィリエイトでは取り扱うことのない高額な商品を取り扱う場合も少なくありません。

 

具体的に言うと、高額な情報商材の場合、1万円を超えるものはもちろん、高額なものの場合、20万円を超えるような投資関連の商材なども存在します。

 

このように、情報商材アフィリエイトは、一般的なアフィリエイトに比べて、見慣れており安心感のある商材でない場合も多いため、この点に関しては見込み客の信頼感を獲得するという面においてデメリットであるといえるでしょう。

 

情報商材アフィリエイトと物販アフィリエイトの共通点

情報商材アフィリエイトと物販アフィリエイトの共通点として、返金さえなければほぼ確実に承認される、というメリットがあります。

 

アフィリエイトの案件の中には、承認率の低い案件も数多く存在します。

 

中には、承認率が10%を切ってしまうような案件も無いわけではありません。それに対し、情報商材アフィリエイトと物販アフィリエイトは、ともに承認率が高い、というメリットが共通して挙げられます。

 

情報商材アフィリエイト、物販アフィリエイトともに、商品の販売を行い、購入者の手元に商品が届いた時点で承認が確定されるケースが多いです。

 

ごくまれに、返品による否認が発生されるケースもありますが、それを加味しても、承認率は9割を超えることが多いでしょう。

 

情報商材アフィリエイトも物販アフィリエイトも、「商品の販売」という、わかりやすい成果条件があるため、このように高い承認率を維持することができます。

 

情報商材アフィリエイトと物販アフィリエイトの違い

報酬単価は情報商材アフィリエイトのほうが高い

情報商材アフィリエイトと物販アフィリエイトの違いとして、情報商材アフィリエイトのほうが報酬単価が高いことが挙げられます。

 

その理由として、情報商材アフィリエイトのほうが、商品単価が高額である場合が多いことが挙げられます。

 

一般的な物販アフィリエイトの場合、極端に高額な商品を取り扱うことはなかなかありませんが、情報商材アフィリエイトの販売者は、市場に左右されず、自分で好きなように商品の価格を設定できるため、非常に高額な商材も少なくありません。

 

具体的に言うと、情報商材アフィリエイトの商材の単価は、数万円を超えるもとはもちろん、中には数十万円にも登る高額な商材も存在します。

 

仮に情報商材アフィリエイトが物販アフィリエイトと同じ報酬率だった場合、商品単価の高い情報商材アフィリエイトのほうが必然的に高額な紹介報酬額となります。

 

高額な情報商材をアフィリエイトで取り扱うにあたり、一般的な物販アフィリエイトに信頼面などで劣る部分もありますが、商材を販売することができれば、一般的な物販アフィリエイトよりも高額な紹介料を受け取ることができます。

 

売れ行きの安定感は物販アフィリエイトのほうが高い

情報商材アフィリエイトよりも通常の物販アフィリエイトのほうが売れ行きの安定感に関しては高いと言えます。

 

その大きな理由としては、商品に対する馴染みの深さや親近感の違いが挙げられます。

 

一般的な物販アフィリエイトのほうが、抵抗の無い、よく知られた商品を紹介できるため、安心して購入することができます。

 

具体的に言うと、一般的な物販アフィリエイトの場合、取り扱う商品の多くは、日常的に見慣れた商品や聞き慣れたメーカー、ブランドの商品を取り扱うことが多いです。

 

また、販売プラットフォームに関しても、一般的な物販アフィリエイトではAmazonや楽天などといった日常的に利用できることが挙げられます。

 

一方、情報商材アフィリエイトの商材の場合、これまで全く目にすることのなかった、信憑性の薄い販売者の商品である場合が大半となります。販売プラットフォームに関しても、見ず知らずのものであることが多いです。

 

このように、一般的な物販アフィリエイトのほうが商品やプラットフォームに対する信頼感がすでに厚いため、売れ行きの安定感を見ると情報商材アフィリエイトはやや劣る部分があります。

 

情報商材アフィリエイトで稼ぐ方法

商品を知ってもらうための記事を用意する

情報商材アフィリエイトで稼ぐために、まずは商品を知ってもらうための記事を用意することが挙げられます。

 

情報商材アフィリエイトで稼ぐためには、一般的なアフィリエイトと同様、商材に関する記事を作成し、商品の魅力を訴求することが有効的です。

 

商品の販売リンクをあらゆるところに貼り付けるだけでは、なかなか商品を売り込むことはできないでしょう。

 

情報商材アフィリエイトの記事を作成する上では、できれば自分自身でその情報商材の感想を記載できることが望ましいです。

 

実際に情報商材を購入し、その商材の内容に目を通し、実践した結果などを記事で説明することで、より深い説得力が生まれ、見込み客の興味を強く引くことができます。

 

ただし、すべての紹介者が商材を購入できるわけではないので、少なくとも、商材の概要を十分に把握し、ニーズを踏まえた上で、読者の興味を引くようなセールスレターを書きましょう。

 

情報商材アフィリエイトに関しても、物販アフィリエイト同様、記事を作成して魅力的な訴求ができれば、しっかりと商材を売ることができます。

 

アクセスや露出を増やすための記事を用意する

情報商材の販売ページに読者を誘導することが大切ですが、そのためには自分のサイトを育てる必要があります。サイトのアクセスが増えることは、露出の機会が多くなることにつながります。

 

アクセスを増やす方法としてはさまざまなものがありますが、最も基本的なポイントとして、記事の量や記事の質が挙げられます。

 

サイトやブログに掲載されている記事が多ければ、複数のページを読者が読む可能性があるため、アクセスの向上につながります。また、各々の記事の質が高ければ、商品の購入へと促すことができます。

 

読者から信頼を得るためにいきなりアフィリエイトをするのではなく、紹介する商品内容に関連した有益な情報を配信し続けることで、効果的な集客ができます。

 

商品を購入してもらうための記事を用意する

アフィリエイト記事ばかりのサイトやブログは読者が敬遠するため、アクセスアップは期待できません。通常での記事の更新は、アフィリエイトではなく、読者にとってためになる情報配信を行うことが必要です。

 

その中で読者との関係性を高め、最終的にキラーページと呼ばれる販売ページで商品販売を行います。

 

このページは商品を売るための内容に特化したものであり、コピーライティングの技術が重要になる部分です。最後まで読者を引き付け、商品購入に誘導していく工夫が必要です。

 

情報商材アフィリエイトのASP

インフォトップ

インフォトップは、情報商材の業界の中で最もよく知られたASPです。

 

掲載している案件分野の範囲は広く、ビジネス、投資、インターネット、美容、自己啓発、恋愛など多種多様なバラエティに富んだ商材を扱っています。

 

掲載している案件数は国内トップであり、アフィリエイターは幅広い選択肢の中から広告を探せるというメリットがあります。

 

アフィリエイト成果の承認率もほぼ100%であり、サービス開始から長く運営が続いている多くの実績など、利用に安心感があります。

 

信頼性の高いサイトとして、稼ぐために必ず登録しておくべきASPと言えます。

 

アドモール

アドモールは、最近になってサービスを開始した情報商材を専用に扱うASPです。

 

情報商材のアフィリエイターの中には、できれば実際に自分で商材を購入して、中身を確認してから紹介活動をしたいと考える人も少なくないでしょう。

 

そこで、中身を知った上で読者に紹介することで、説得力を高めることができます。

 

アドモールでは、アフィリエイトによって獲得したポイントを、自社サービス内の情報商材購入に利用できるユニークなサービスを行っています。

 

サブライムストア

サブライムストアは、他と比較して、質の高い商材が多く集まっている情報商材専用のASPです。

 

インフォトップに比べて審査基準が厳しく、一定のレベルに達した商材のみが登録できる点にその理由があります。

 

ただし、インフォトップに比べて案件数が大きく見劣りする点はデメリットです。

 

アフィリエイターにとっては、商材のレベルの高さから、質という点で安心感の高い選択ができます。一方で、商材の数自体が少ないことから、狭い選択肢の中で選ぶ必要があります。

 

インフォカート

インフォカートは、情報商材専用のASPとして、インフォトップと並ぶ地位を築いています。

 

運営の歴史も長く、数多くの販売実績があります。商材分野の幅広さ、案件数の豊富さ、サイトの使いやすさ、さまざまな目的に応じたサービスの充実など、アフィリエイターにとっても多くのメリットがあります。

 

商材の登録には審査があるものの、中には品質に問題を感じる商材も一部に存在します。

 

アフィリエイトを行う場合は、商材の中身をよく検討し、販売実績のあるものやレビューの評価が高いものなどを自分で選ぶことが大切です。

 


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年4月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です