ノマドワーカーとは?圧倒的に自由でストレスフリーな人生を手にする

「ノマドワーカーって、カフェでお洒落に仕事をしているイメージでカッコいい…」
「ノマドワーカーになったら自分の働きたい時間に自由に働けるんだろうな…」
「どうやったらノマドワーカーになれるんだろう?」
あなたは今、こんなことを考えていませんか?

ノマドワーカーになろうと、ノートパソコンを買ってスターバックスに座れば、なんとなくノマドワーカーになった感じは出るかもしれませんが、
それだけではたった一回ノマドワーカー気分を味わうだけで終わってしまいます。

そこでこの記事では、ノマドワーカーとは一体どういうもので、何のメリットがあるのか、
どのようにすればノマドワーカーになれるのか、
有名なノマドワーカーはどのような生活を送っているのか、
ノマドワーカーにおすすめの都市や国、といったことについて解説します。

この記事を読めば、ノマドワーカーになる方法について完全に理解できるだけではなく、
ノマドワーカーの素晴らしさや可能性についても知ることができ、あなたの人生を変えるかもしれないノマドワーカーへの第一歩を踏み出すことができます。
この記事があなたのお役に立ちましたら幸いです。

ちなみに、この記事を書いている人って、誰?

きっとあなたはそう思われたことでしょう。

初めまして。管理人のふっさんと申します。

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)というビジネスモデルにて、
1人の会社で年商1億円を突破。

〝普通に働く以外の方法〟で稼ぎたいあなたへ。
ぜひ当サイトの色々な記事を読んでみてください。


DRMについて学べ、
個人で稼げる自由な人生への第一歩を踏み出せます。

ノマドワーカーって?


ノマドワーカーとは、オフィスに縛られず様々な場所で仕事をする人のことを言います。
ノマドワークは日本だけではなく海外で人気があり、「Digital Nomad(デジタルノマド)」と呼ばれ、
インターネット環境を駆使して、カフェだけではなく世界中の都市を点々と旅をしながら働いている人も多くいます。

日本では10年ほど前からノマドワーカーという言葉はありましたが、
近年の働き方の多様化によってより一般的に知られるようになってきました。

なお似たような言葉で「フリーランス」という呼び方がありますが、
「フリーランス」は会社員に対して個人事業主として仕事をしていることを指しています。

このため、フリーランスが専用のオフィスを持っている場合はノマドワーカーとは呼びませんが、
オフィスを持たず様々な場所で仕事をしている場合は、「ノマドワークをしているフリーランス」と呼ばれます。

ノマドワーカーのメリットは?


ここではノマドワーカーとして働くことのメリットを4つ紹介します。

  1. いつでもどこでも、自分が働きたい場所で働ける
  2. 固定費の安い場所に住める
  3. 旅行計画を自由に立てられる
  4. ストレスが少ない環境で仕事ができる

 

以下、それぞれ詳しく解説していきましょう。

1.いつでもどこでも、自分が働きたい場所で働ける

これはノマドワークの一番のメリットです。木陰が気持ちいいカフェのテラス席、海風がそよぐ南国のホテルのバルコニー、もしあなたが夜型のタイプであれば、創作に集中できる静かなバーカウンターなど。

あなたが一番効率良く集中できる時間や場所を選んで、働くことができるのです。

2.固定費の安い場所に住める

ノマドワーカーになり都心にある会社に通う必要がなくなれば、家賃や駐車場代の高い都市近郊に住む必要もありません。

都心を少し離れるだけで生活費の多くを占める固定費は大幅に下がるので、生活費に余裕が出てきます。

3.旅行計画を自由に立てられる

働く場所や時間に依存しない生活を送ることにより、理想的な生活スタイルを決められる自由を手にすることができます。これまで上司や同僚との調整を行なっていた旅行のための休暇も、自由に決めることができます

インターネット環境があれば仕事ができるため、いつどこにいても仕事をすることができるのです。

4.ストレスが少ない環境で仕事ができる

日々の満員電車や人間関係など、会社勤めをしているとストレスを感じる場面は沢山あります。それが原因で会社を辞める人も少なくありません。

ノマドワーカーは基本的には一人で作業を行うことが多いため、そのようなストレスを感じることは非常に少なくなります

ノマドワーカーってどうやったらなれる?


ノマドワーカーになるにはどうすれば良いかご存知でしょうか?
単にノートパソコンを買うだけでは無く、仕事をするために準備すべき重要なことがあります。

ここでは、ノマドワーカーになるために重要な3ステップについて解説します。

  1. スキルを身に着ける
  2. 仕事のツールをそろえる
  3. 仕事を見つける

 

以下、それぞれ詳しく解説していきます。

1.スキルを身に着ける

一般的にはリモートワークのスキルには、ライティング、プログラミング、Webデザインがあります。
過去に仕事で行ってきた知識やスキルを活用できれば、高額な業務も獲得できる可能性があります。

他にも、たとえば英語ができればオンラインレッスンができますが、
英語が十分出来なくても、日本語を外国人向けに教えるのであれば、多くの人にチャンスがあるでしょう。

このように、工夫次第でノマドワーカーになるチャンスは見つけることができます。

2.仕事のツールをそろえる

まずはノートパソコンを用意しましょう。安ければ2−4万円程度で探すことが出来ます。

インターネット接続は、カフェやホテルなど仕事場所にWi-Fiがあると思いますが、使えなくても困らないように、スマートフォンの「テザリング」を利用できるようにしておくか、Wi-Fiルータを契約しておきましょう。

ほか、ノマドワーカーにおすすめの持ち物に関しては、以下の記事で詳しく解説しているので、
あわせて読んでみてください。

【ノマドワーカーの持ち物】オススメを紹介!

3.仕事を見つける

求人サイトを見てみましょう。求人が多いのはプログラミングやWebデザインなどコンピュータ関連のスキルが必要な業務ですが、未経験でも開始できるライティングもあります。

コミュニケーション能力に自信がある人は、カスタマーサービスやサポートの仕事も見つけることができます。

仕事を受注したら、あなたの集中できる時間に、集中できる場所に行って、コーヒーをオーダーしてノートパソコンを開きましょう。これであなたも、立派なノマドワーカーです!

ちなみに、ネットを使ってビジネスを行いたいのであれば
圧倒的におすすめな選択肢は、当サイトで解説しているDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)を学んで、取り組むことです。

「DRMってなに?」と思ったあなたは、以下の記事を読んでみてください。
DRMがどういうものか、まるっと理解できます。

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは?集客、教育、販売の3ステップ

ノマドワーカーをしている有名な人

それでは、実際のノマドワーカーの方はどのような場所で、どのように働かれているのでしょうか?ここでは、インターネットで大変有名な「マナブさん」と「KOHさん」のお二人について紹介します。

1.マナブさん


坂内学(ばんない まなぶ)さん 29歳フリーランス


ブログ・アフィリエイト・プログラミングなどをされていて、ブログ収益は8桁とのことです!

マナブさんは、タイ・バンコクのプロンポンに在住。日本人駐在員向けの日本食や日本人向け病院など揃う快適なエリアです。日本だと40万円くらいかかる暮らしが格安で行えるそうです。

ノマドワーカーならではの暮らしを満喫されていますね!

2.KOHさん


コウ ソンムンさん。21才で美容師として独立した後に、海外の路上や船上などあちこちで髪を切りながら人々と交流。


2011年の東日本大震災以降は訪問美容などのボランティアもされています。
インターネット好きが講じてライター業を始め、現在はWebフリーランスと名乗り活動されています。

現在は、東欧のジョージアという国で活動されています。最近ではSNS運用やノマドワーカーを輩出するための情報発信をされています。

ジョージアという国は日本からは遠い印象ですが、KOHさんの発信力やフォロワーとのコミュニケーションを見ていると、全く距離を感じさせません。

ノマドワーカーをするのにおすすめの年・国は?


では、実際にノマドワーカーとして働くのにお勧めの日本と海外の都市をご紹介します。

国内であれば、おすすめは

  1. 福岡
  2. 名古屋

 

海外であれば、おすすめは

  1. ベトナム・ダナン
  2. ジョージア・トリビシ

が、代表的なおすすめの場所となります。

以下、それぞれ詳しく解説していきます。

1.福岡

福岡はノマドワーカーからとても人気が高い都市です。

天神など都市部が空港から15分と非常に近くアクセスが非常に良いですし、人口が多く店舗が多い割に家賃が安い、九州は美味しいご飯が多い、九州気質の方は男女共に性格が魅力的など、大変多くの魅力を備えています。

コワーキングスペースも非常に多いため、ノマドワーカーが働くスペースにも困りません。

2.名古屋

名古屋市内はカフェやコワーキングスペースがとても多く、地下鉄が便利であるため名古屋駅や栄周辺から少し離れれば、家賃はとても安くなります

東京からも新幹線ですぐに移動できるため、ノマド初心者の方にもお勧めの場所です。

3.ベトナム・ダナン

生活コストがとても低く、治安も非常に良いです。高速インターネットを利用でき安心して働くことができます。年間を通して高温多湿であるため、ビーチが好きな人にはとてもお勧めの場所です。
ノマドワーカーは英語を教えている人が多いそうです。

4.ジョージア・トリビシ

東欧の国、ジョージアの首都トリビシは、ノマドワーカーに人気のエリアです。

生活コストが安く、比較的安全、経済活動も活発であり世界中からも評価されているため、ノマドワーカーには人気の国です。日本国籍を持つ人は、ビザなしで1年間滞在することができます

外国人コミュニティが大きく情報交換ができて安心であること、店舗や公園など環境が良いこと、高速なインターネット環境があることなども大きなメリットです。

ノマドワーカー まとめ


ノマドワーカーとは、オフィスに縛られず様々な場所で仕事をする人たちのことを言います。

ノマドワーカーのメリットは、好きな時間・場所で働ける、低コストの生活ができる、旅ができる、会社のストレスから解放される、というものがあります。

ノマドワーカーは、パソコンでできる仕事を見つけて、インターネットがつながる環境さえあれば、すぐに始められます。

ノマドワーカーとして活躍している有名人はマナブさんやKOHさん。大変魅力的な働き方を発信されています。

ノマドワークをする場所は都内カフェだけではなく、福岡や名古屋、海外のベトナムやジョージアがお勧めです。


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年8月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です