遊んで暮らすためにはどうすればいい?その方法を紹介!

ちなみに、この記事を書いている人って、誰?

きっとあなたはそう思われたことでしょう。

初めまして。管理人のふっさんと申します。

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)というビジネスモデルにて、
1人の会社で年商1億円を突破。

〝普通に働く以外の方法〟で稼ぎたいあなたへ。
ぜひ当サイトの色々な記事を読んでみてください。


DRMについて学べ、
個人で稼げる自由な人生への第一歩を踏み出せます。

遊んで暮らすってどういうこと?


遊んで暮らしたいと思っている人は、具体的にどのような生活をするイメージを持っているでしょうか。遊んで暮らすという言葉には様々な意味がありますが、一般的には、趣味などの好きなことを楽しみながら生活できることを意味しています。仕事で辛い思いをしながら日々を過ごしていくよりも、遊びながら生活を満喫できた方が良いことは明らかでしょう。

遊びを通して楽しめるような暮らしを作り上げることは非常に大切です。そのためには、「どのような遊びを選ぶか」ということが非常に重要になります。たとえば、遊びはお金を使う消費行為だけであると考えている人が多いですが、実際には、お金を使わずにできる遊びはたくさんあります。

自分にとって楽しいものを生活の中に上手に取り入れられるようになることで、遊んで暮らせるようになった、と実感できるようになるでしょう。

遊んで暮らすのは難しい?


遊んで暮らすのは難しいのではないか、と考える人は少なくありません。確かに、遊んでいるだけでは貯金が減っていってしまい、必要最低限の衣食住を整えることが難しくなってしまう傾向があります。

一般的に、生活が苦しくなってまで遊んで暮らしたくはない、と考えるのは当然のことと言えるでしょう。そのため、遊んで暮らすということを諦めてしまう人がほとんどであると言っても過言ではありません。

ただし、実際に遊んで暮らしている人も世の中には少なからずいるため、遊んで暮らすことは決して実現不可能なことではありません。彼らのように、遊んで暮らすためにはいくつかの条件があるので、少なくともそれらを満たせるような努力をすることは必要です。その努力をすることができるのであれば、あなたもきっと、遊んで暮らせる状況を作り出すことができるでしょう。

さて、具体的にはどのような条件を満たせば、遊んで暮らすことができるようになるのでしょうか。

遊んで暮らすための条件

時間に縛られないこと

遊んで暮らすための条件として、まずは時間に縛られないことが必要となります。社会人として働いて稼ぐことは、生活資金を手に入れるのに欠かすことができませんが、時間の拘束が厳しいと自由に時間を使えないため、十分に遊ぶことはできません。

一般的な社会人は就業規則の影響で厳しく時間に縛られていて、遊ぶ時間を自由に確保できなくなっている場合が多いです。つまり、遊んで暮らすためには、時間の拘束を受けにくい仕事を選んで稼いでいくことが重要であると言えます。

場所に縛られないこと

遊んで暮らすための条件として、場所に縛られないことも重要な要素の一つとして挙げられます。働く場所を拘束されてしまっている場合、通勤のために時間を無駄に費やしてしまうことになります。一般的な社会人は会社に行って働く必要がありますが、最近ではリモートワークの導入も徐々に進められてきました。

インターネットを活用するなどの手段を活用することで、場所に縛られない働き方も選べるようになってきました。遊ぶ余裕を生み出すために、どこでも働くことのできる仕事を見つけるよう、努力してみましょう。

遊ぶための資金があること

遊んで暮らすためには、資金面についての条件もあります。少なくとも、遊ぶための資金を仕事を通して稼ぐ必要があります。時間や場所の拘束を受けずに働くことができて、かつ一定以上の収入を安定して確保できる仕事を見つけることが必要不可欠です。

もし収入が少ないのであれば、消費を抑え、支出を減らすことで、生活を維持しつつ遊ぶ資金も確保することができます。浪費癖をなくし、固定費をできるだけ節約する生活を作り上げて資金を確保しましょう。

遊ぶための人間関係があること

遊びながら暮らすためには、友好関係を築き上げることも実は大切な要素の一つです。一人で遊んでいるよりも、一緒に遊べる仲間がいることで、楽しみは倍増します。まずは身近な友人や恋人との人間関係を良好に保つように心がけましょう。

自分だけでなく相手も楽しめるように一緒に遊ぶ、という考え方を持つことで、友好関係を築きやすくなります。また同僚や後輩などと遊ぶ機会を作ることで、仕事に良い影響を与えられる可能性もあるため、会社での人間関係を重視することも大切です。

自分が楽しめる遊びがあること

遊んで暮らすためには、自分が思いっきり楽しむことのできる遊びを見つける必要があります。自分が心から楽しんで取り組めるものであれば、遊びと考えることができるでしょう。例えば、仕事を遊びのように楽しむことができれば、仕事をして生活しているだけでも遊んで暮らしている、と感じることができるはずです。

仕事を楽しんでいくことについては、遊んで暮らせるようにする方法として非常に優れているため、楽しめる仕事という観点で仕事探しをしてみることは非常におすすめです。

遊んで暮らすための方法


遊んで暮らせるようになるための仕事の方法については数え切れないほどたくさんありますが、それらには共通する特徴があります。具体的にどのような特徴を持っているのか、ご存知でしょうか。

遊ぶ時間を確保しやすく、かつ場所の拘束を受けないようにするためには、自動的に稼げる仕組みを作ることが重要となります。このような観点から、遊んで暮らすための仕事のやり方について、具体例をご紹介します。

アフィリエイトサイト運営

遊んで暮らす方法の一つとして、アフィリエイトサイトの運営を通して収入を得る方法があります。アフィリエイトとは、商品やサービスをブログやウェブサイトなどで集客をし、紹介を行うことで収入を得る手段のことを言います。アフィリエイトサイトを作ることで、遊んでいる間でも自動的に稼げる仕組みを作ることができます。

時間や場所の拘束がなく、毎月100万円以上稼いでいる人も少なくありません。そのためアフィリエイトは、遊んで暮らすために有効な手段の一つと言えるでしょう。

ただし、アフィリエイトサイトは競合が多く、競合サイトを相手にパイの奪い合いをするような要素が大きいという特徴があります。そのため、アフィリエイトで稼ぐためには、魅力的な訴求方法や集客方法を習得するために、マーケティングやコピーライティングなどの勉強は必要不可欠と言えます。

Webサービス運営

遊んで暮らすために、Webサービスの開発、そして運営を行い、収入を得ることも有効な手段の一つであると言えます。Webサービスの運営に関してもアフィリエイト同様に自動化を行うことができるため、時間や場所に制限されることなくお金を稼ぐことができます。

Webサービス開発にはプログラミングスキルなどが求められますが、個人のウェブサービスで生計を立てている人も少なくありません。遊んで暮らすためのウェブサービス開発を行いたい方は、まずはプログラミングの学習に本格的に取り組んでみることをおすすめします。

メールマガジン配信

メールマガジン配信による収益化も遊んで暮らすことが可能な稼ぎ方の一つとして知られています。メールマガジンは執筆も配信も場所も時間も自由に選ぶことができ、配信作業はツールを使うことによって自動化をすることもできます。

実際にメールマガジンの配信で稼いで海外生活をしている人もいるので、遊んで暮らしていきたい、と考えている方にはおすすめの稼ぎ方です。

ただし、メールマガジンで稼ぐためにはライティングスキルが必要不可欠であるため、コピーライティングを勉強することは必要不可欠です。

株式投資・FX投資

投資によって稼ぐのも効果的な方法の一つとして挙げられます。株式投資やFX投資もインターネット上で取引が可能であるため、時間も場所も拘束されず、他の遊びをする合間に売買をして稼ぐこともできます。実際に、株式投資やFX投資をしながら遊んで暮らしている人もいます。

ただし投資で稼げるようになるためには、知識や経験を増やしていくことは必要不可欠です。また自分の資金が必ずしも増えるとは限らず、損をしてしまう場合もあるため、覚悟が必要となります。

投資に関してはハイリスクハイリターンなビジネスではありますが、経済状況や世界情勢などに興味がある人にとっては、楽しみながら取り組めるのが魅力です。

不動産投資

不動産投資を行うことで、遊んで暮らせる状況を作り出している人もいます。例えば、アパートなどの賃貸経営をすることで賃料を自動的に毎月手に入れることができるため、管理運営の手間だけで資金の確保をすることができるようになります。

また不動産経営にはマンションやアパートだけでなく、シェアハウスやゲストハウス、駐車場など、多岐にわたる手段があります。人気のある物件を手に入れることができれば、安定して稼ぐことも不可能ではないでしょう。

不動産投資に関しては、多額の初期費用が必要となりますが、ローンを組んで始めることもできます。

趣味を仕事にする

実益にできそうな趣味を持っている場合、それを仕事にしてしまうのも遊んで暮らす手段の一つとして有効です。あなたの趣味を本当に収入に繋げられるのかどうか、どのように収入に繋げるか、についてはよく考える必要がありますが、昨今のエンタメビジネスの発展を見ていても、やり方次第では大きな収入を得ながら遊ぶように働くことができるようになることは間違いないでしょう。

現代では工夫をすればどんな趣味でも仕事にすることは不可能ではありません。趣味を仕事にできるくらい突き詰めていき、遊んで暮らせるようになるのを目指すのもこれからの生き方ではどんどんと受け入れられていくでしょう。


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年8月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です