【作業場所&国別】ノマドワーカーに人気な作業場所を徹底解説!

ノマドワーカーの人気な場所【作業場所別】

ノマドワーカーは自由に場所を選んで働けるというメリットがありますが、具体的にはどんな場所で働くのに人気があるのでしょうか。代表的な場所とその特徴について確認してみましょう。

 

カフェ

 

カフェは気軽に長居できて落ち着いた環境が整っている場所も多いことから、ノマドワーカーの間で人気の作業場所です。

 

極論、コーヒーを一杯頼むだけで何時間も仕事に打ち込めるためコストパフォーマンスが高いという定評があります。

 

ただしカフェの選び方はノマドワーカーにとって重要なポイントで、店内環境の良さや長居のしやすさにはカフェごとに異なっています。

 

またコーヒーの価格も違うので作業するためにかかるコストについての意識を持って選ぶことが大切です。

 

さらにカフェによって電源を取れなかったり、Wi-Fiを使えなかったりすることもあります。事前調査を十分に行ってからどのカフェを選ぶかを決めるようにしましょう。

 

コワーキングスペース

 

コワーキングスペースは仕事目的で作業をする人が集まっているため、集中できる作業環境があるという点で人気があります。

 

基本的にパソコンなどを使って作業をする人が活用するケースが多いことから、ネット環境や電源なども十分に整っているので心配がありません。

 

コワーキングスペースは時間制で費用がかかる仕組みになっている場合が多く、カフェよりは割高になりがちです。

 

具体例を挙げると、東京都内の相場としては1時間あたり500円から1000円くらいです。

 

ただし継続的に利用する人のために、月額契約などの割引プランが充実しているコワーキングスペースもあります。

 

安く利用できるところを探してお得なプランを活用するようにしましょう。

 

図書館

ノマドワーカーの中には図書館を活用している人も大勢います。

 

各自治体が運営している図書館は無料で利用でき、一般的には静かで落ち着いた環境が整っているのがメリットです。

 

また図書館によっては仕事や勉強をするためのブースを用意していることもあり、そのブースも無料で使えるのが一般的です。

 

ただし図書館ではネットワーク環境が整っていない場合が多いため、モバイルWi-Fiなどを用意する必要があります。

 

電源についても十分には整備されていないことがよくあります。

 

さらに図書館の場合開館時間が短く、夕方の5時頃に閉館してしまうところが多いというのはデメリットと言えるでしょう。

 

自宅

 

自宅で作業をするというノマドワーカーも多く、わざわざ作業場所まで行かなくてよいので時間を有効活用できるのがメリットとして知られています。

 

さらに自宅は他のどの場所よりもリラックスできるのが魅力で、ストレスを軽減して働けるのが特徴です。

 

ただしオンとオフの切り替えをしっかりとしていかないと、仕事の効率が低下して稼げなくなってしまいがちになります。

 

また家族からの干渉があって仕事に集中できないというケースも少なくはありません。

 

自宅であれば電気代などを除いて考えれば余計なコストもかからないというのもメリットですが、効率が低下してしまうようであれば外に出て作業をした方がよいでしょう。

 

ノマドワーカーの人気な場所【国別】

ノマドワーカーは必ずしも日本国内で働いているとは限りません。

 

国外で働きやすい場所を探して作業に勤しむこともできるのはノマドワーカーのメリットです。

 

物価が安くて温暖な気候がある東南アジアの国はとくに人気があるので、国ごとの特徴を把握しておきましょう。

 

タイ

 

タイは東南アジア諸国の中でもノマドワーカーから人気が高く、バンコクを中心として多くの人たちが作業をしています。

 

コワーキングスペースやシェアオフィスがたくさんあり、価格も安くてコスト削減に向いているのが魅力です。

 

ノマドワーカー専門のコワーキングスペースもあってネットワーク環境や電源などの環境も整っています。

 

生活する上では物価が安くて住居費や生活費の負担が大きく軽減されるというメリットがあることに加え、タイ料理の味も日本人の口に合うものが多くて美味しいのが魅力でしょう。

 

ベトナム

 

ベトナムもノマドワーカーからよく注目されている国で、物価の安さでは東南アジア諸国の中でもトップクラスになっています。

 

生活費を削減して収益を大きくするという観点ではベトナムを選ぶのが魅力的でしょう。

 

ノマドワーカーが働く場所として、カフェは充実しており、電源やWi-Fiも完備されているのが普通です。

 

カフェを転々として作業をすることも、長時間居座ってしまうこともできます。

 

住環境としては、日本の会社がオフショアとして進出するトレンドがある影響で日本人にとって住みやすい状況があります。

 

またベトナム人と日本人の感性には類似性がある影響で現地の人とも波長が合いやすく、ノマドワーカーにとって快適な国として有力な候補にできるでしょう。

 

マレーシア

 

多民族国家であるマレーシアもノマドワーカーがよく着目する国です。

 

異文化や他人種を受け入れられる文化があるため、日本人がノマドのために移住してもとくに問題が生じることはなく、スムーズに地域に溶け込めるでしょう。

 

とくにマレー系やイスラム系だけではなく中国系の人も多い影響で、見た目が似ている日本人を許容してもらいやすいのはメリットです。

 

さらに英語が通じる人が多いのもマレーシアの優れているところで、簡単な英語さえ話せれば問題なく生活できます。

 

マレーシアでノマドをするにはカフェが快適で、電源もWi-Fiも無料で利用できるのが通例です。

 

物価の相場も低いので生活費も削減でき、楽に働ける環境を手に入れられるでしょう。

 


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年4月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です