ワーキングプアの年収は?ワーキングプアを抜け出すための方法を紹介!

ワーキングプアとは?働いているけど年収が低い?


ワーキングプアとは、仕事をして収入を得ているものの、その金額がとても少ない人のことを言います。「働く貧困層」と呼ばれることもあります。

ワーキングプアの就業形態としては、正社員の場合もある一方、アルバイトや契約社員など、正社員以外で働いている場合もあります。ワーキングプアの人の中には、生活を維持するのにギリギリで、不安を抱えている人が大半です。

支援を受けないと生活できない状態にある人も少なくありません。ワーキングプアの特徴として、仕事の負担が大きく、時間の拘束も長い割に稼げないことによって、かなり貧しい生活になってしまうことが挙げられます。

ワーキングプアの年収は?

正社員の場合

ワーキングプアであるかどうかについては、一般的には年収によって判断されます。正社員か正社員以外かで年収の基準は異なります。

正社員の場合、ワーキングプアとされる年収は300万円以下とされる場合が多いです。平均月収にすると25万円以下に該当する場合にはワーキングプアとみなされることが多いです。この金額は手取りの収入ではなく、所得税や社会保険料などを含んだものであるため、ワーキングプアに該当する方は、実際にはもっと少ない収入で生活をしていることになります。

正社員以外の場合

アルバイトなどの正社員以外で働いている人の場合には、ワーキングプアの基準は正社員に比べて低くなります。統計上でよく用いられているワーキングプアの基準としては、年収200万円以下の場合が多いです。これは平均月収に換算すると17万円以下となります。

正社員の場合と同様、所得税などを含んだ総支給額で考えるのが一般的です。また、生活に困窮していることも条件として挙げられます。そのため、パートナーがきちんと稼いでいて一定以上の水準の生活を保つことができている場合にはワーキングプアの基準から除外することが多いです。

年収200万円未満のワーキングプアの人口は?


ワーキングプアに該当する人は日本国内にはどのくらいいるのでしょうか。ワーキングプアの人数に関しては、国によって統計調査が行われています。現在は、日本国内には年収が200万円以下でワーキングプアとされる人の人口はおよそ1,000万人ほどいる、という統計が出ています。

これほど多くの人がワーキングプアになってしまっている背景としては、働き方の自由が広まり、フリーターとして働きたい、という人が増えたことが大きな理由の一つとして挙げられます。また、契約社員やアルバイトなどの非正規雇用の人材を活用し、コスト管理をする企業が増えていることも影響として挙げられます。

近年ではアルバイトでも社会保険を完備するなどの待遇を与えているケースもあり、正社員以外で働いている人の割合が増えていることが低収入層を生んでいる大きな原因の一つとして考えられます。

年収を上げてワーキングプアを抜け出す方法

スキルを身に付け、高給の会社に転職する

ワーキングプアを抜け出す方法の一つとしては、高い年収で雇ってくれる会社に転職することが挙げられます。スキルを習得し、即戦力になれることを客観的に示せるようになることで、「期待の人材」として採用してくれる企業が見つかりやすくなります。

スキルが重要な理由としては、年収と能力の高さには相関関係があることが挙げられます。通常の人にはできない業務に対応できるスキルを持っている場合、市場から高く評価される場合が多いです。希少価値がある人材は、さらに年収も上がりやすいため、それぞれの市場における状況を把握し、習得するスキルを選びましょう。

本業と合わせて副業に取り組む

本業だけでは年収が低いという人も、副業に取り組むことで年収を上げ、ワーキングプアから脱却することができるようになります。

2018年は「副業元年」と呼ばれ、多くの人が副業に活発に取り組み始めるようになりました。また副業の仕方も広がってきているため、本業と両立できる副業に取り組んでみましょう。副業のメリットとして、収入の柱が複数になることが挙げられます。その結果、本業の会社に依存し過ぎずに生活できるようになります。

もしあなたが現在勤務している会社の先行きに不安がある場合は、副業を始めることを検討してみることをおすすめします。

成長産業・稼げる市場で働く

どのような業界で働くか、についてもワーキングプアを抜け出せるどうかを大きく左右します。特に成長産業では社会からのニーズやお金が集まりやすいため、成長産業に業界入りしてきちんと働くことができれば、年収を上げられる可能性が高いでしょう。

具体的に言うと、IT業界やネット広告業界、またはエンタメ業界などは現在、成長産業であり、今後の伸びも期待できるため、業界選びに迷っている方は参入することをおすすめします。このような業界では、プログラミングやウェブマーケティングなどのスキルが特に役に立ちます。稼げるようになるために、それらのスキルを学習することを検討してみましょう。


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年4月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です