コピーライティングのコツ・効果的なコピーの書き方を徹底解説!

ちなみに、この記事を書いている人って、誰?

きっとあなたはそう思われたことでしょう。

初めまして。管理人のふっさんと申します。

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)というビジネスモデルにて、
1人の会社で年商1億円を突破。

〝普通に働く以外の方法〟で稼ぎたいあなたへ。
ぜひ当サイトの色々な記事を読んでみてください。


DRMについて学べ、
個人で稼げる自由な人生への第一歩を踏み出せます。

コピーライティングとは?

コピーライティングとは商品やサービスを販売したり、人を購買行動に駆り立てる際に有効な文章技術のことをいいます。

 

商品販売のためによく考えて作られたコピーライティングは、様々な商品の広告やホームページなどに使用されています。

 

コピーライティングを活用することで、商品の売上向上に大きく貢献することができます。

 

その結果として企業の売り上げを動かすことになるため、コピーライターの職業は非常に重要な大きな職業といえます。

 

コピーライティングを習得するメリット

お金が稼げるようになる

コピーライティングを習得することで、お金を稼げるようになります。

 

その理由として、コピーライターの需要がとても大きなことが挙げられます。

 

コピーライティングができれば、商品をたくさん得ることができるようになるため、多くの企業にコピーライティングやコピーライターは求められています。

 

その結果として、コピーライティングができる人はお金を稼げるようになります。

 

場所の縛りから解放される

コピーライティングを習得することで、場所の縛りから解放されることができます。

 

その理由として、コピーライティングの仕事はパソコン一台あればどこでも仕事ができるようになる、ということが挙げられます。

 

会社に行かなくても、自宅でも、海外にいても、コピーライティングの仕事はできるため、場所を選ばずに自分の好きな場所で活動をすることができます。

 

そのためコピーライターをしている人の中には、南国で働いている人も少なくありません。

 

時間の縛りから解放される

コピーライティングを習得することで時間の縛りからも解放されることができます。

 

その理由として、コピーライティングができれば商品の売れるWebサイトを構築することができ、その結果として、労働時間にかかわらず自分の書いたコピーがお金を稼いでくれるということが挙げられます。

 

会社員のように8時から5時まで働く必要がなくなるため、時間の余裕ができ、自分の好きなことに自分の時間を使えることができるようになります。

 

ただし、ウェブサイトの構築など、コピーライティングによる仕組みの構築が出来なければ、コピーライターは労働集約的な仕事であるため、時間に振り回されてしまう場合もあります。

 

コピーライティングと心理学の関係性

コピーライティングは文章で人の心を動かす技術です。

 

そのため、コピーライティングと心理学には深い関係があります。実際にコピーライティングのテクニックの奥には心理学の様々な効果が活用されています。

 

心理学の効果が活用されたコピーは強い効果を発揮するため、人の心を動かす商品の購入を誘導する強力なコピーライティングを書くためには心理学を学ぶことは必要不可欠です。

 

人を動かせる高い効果の持ったコピーライティングがあれば商品の売り上げを大きく伸ばすことができます。

 

コピーライティングができると副業でも稼げる理由

コピーライティングの仕事は需要があるから

副業で稼ぐためには社会的な需要のある仕事を行うことが必要不可欠です。

 

コピーライティングの仕事は非常に需要が大きいため、副業でも稼ぐことができます。

 

コピーライティングを求める企業は多いですが、コピーライティングができる人が少ないため、需要に対して供給が足りてない状態です。

 

そのためコピーライティングの副業をすることで大きく稼げている人も少なくありません。

 

ちょっとした空き時間に作業ができるから

コピーライティングの副業は、ちょっとした空き時間にも作業をすることができます。

 

例えば、会社の休み時間などを活用して作業をすることもできます。

 

コピーライターはスマホさえあれば仕事ができるため、隙間時間に柔軟に仕事するのに向いている働き方です。

 

この事を生かし空き時間にコピーライティングの仕事を行い大きく稼いでいる社員も近年では増えています。

 

通勤時間でもスマホで作業できるから

これまでは通勤時間の電車内では満員電車に揺られるばかりで生産的な活動はあまりできませんでしたが、コピーライティングの仕事であれば、通勤時間の電車の時間でもスマホを使って問題なく仕事をすることができます。

 

通勤時間のような無益で非生産的な時間をコピーライティングの仕事に活用することで、大きく時給を上げることができるようになります。

 

今まで無駄と感じていた時間が有益な時間に変わることで毎日の生活が充実してくること間違いありません。

 

コピーライティングを上達できる、書き方のコツ

コピーを書く前に、何を書くか整理する

最高のコピーライティングを作る上で一番大切なステップは、なんといっても最初の準備段階です。

 

コピーを書く前に何について書くかしっかりと整理をする必要があります。

 

いきなりコピーを書き出しても決して良いコピーを作ることはできません良いコピーを書くためにはまず伝えたい情報をしっかりと整理し、構成をよくねってから作る必要があります。

 

読んでもらいたいターゲットを明確にする

高品質なコピーを書くためには、読み手となるターゲットを明確にすることが必要になります。

 

コピーライティングを行う上でターゲットに刺さる文章をかけなければ、コピーライティングを作る意味がなくなってしまいます。

 

ターゲットのことをよく考えたゲットに刺さる文章を書くことができれば、商品を販売することができるようになります。

 

ターゲットを考える上において、性格や年齢、あるいはその他様々な背景の状況を想像することで、効果的なコピーを書けるようになります。

 

効果的な訴求テクニック・文章構成テクニックを活用する

コピーライティングには、効果的な訴求のテクニックとして有名なものがいくつかあります。

 

これらのテクニックを活用することで、効果的なコピーライティングを作ることができるようになり、その結果として、商品のコンバージョン率が向上します。

 

具体的なコピーライティングの訴求テクニックとしては、

  • OATHの法則
  • GDTの法則
  • PASONAの法則

 

などがあります。

 

その他コピーライティングには効果的な文章構成のテクニックもあります。

 

このテクニックを活用することで読みやすい文章を作ることができたり自然な流れで購入まで誘導できる文章を書くことができるようになりますコピーライティングの有名な文章構成のテクニックとしては、

  • PREP法
  • SDS法

 

などがあります。


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年8月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です