ライターズブロックの意味とは?原因と対策を紹介!

ライターズブロックとは、何かしらの原因により、文章を書こうと思ってもうまく書けなくなったり、アイデアが浮かばなくなってしまったりする状態のことを言います。

ライターの多くは、ライターズブロックに悩まされた経験があり、一度ライターズブロックの状態に陥ってしまうとなかなか抜け出せないので厄介といえます。

ちなみに、この記事を書いている人って、誰?

きっとあなたはそう思われたことでしょう。

初めまして。管理人のふっさんと申します。

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)というビジネスモデルにて、
1人の会社で年商1億円を突破。

〝普通に働く以外の方法〟で稼ぎたいあなたへ。
ぜひ当サイトの色々な記事を読んでみてください。


DRMについて学べ、
個人で稼げる自由な人生への第一歩を踏み出せます。

ライターズブロックになってしまう原因

作業時間が長すぎる

文章を書く時間が長くなりすぎてしまうと思考が凝り固まってしまいます。

とくに同じジャンルの記事をずっと書いていたのにいきなり別ジャンルの記事に変えてしまうと、前に書いていたジャンルから頭を切り替えられなくなってしまいます。

また人間には集中力を保てる時間の限界があるため、作業時間が長いことはライターズブロックを引き起こす大きな要因となります。

気持ちが追い込まれている

締め切りが近かったり、本業の仕事がある場合、そちらの方が忙しかったりして気持ちが追い込まれている状態だと焦りを感じてしまいます。そのような状況で記事を書こうとすると、余計な考えが邪魔をしてライターズブロックの状態に陥ってしまうことがあります。

また気持ちが追い込まれている状態だとミスも起こしやすくなります。ミスを連発することでクライアントとの信頼関係にも影響することもあり、この状態だと注意が必要と言えます。

モチベーションが低い

低いモチベーションで作業することもライターズブロックの原因となります。

たとえば勉強をしなければいけない状況でも、他の誘惑が邪魔したり、モチベーションが上がらず、勉強になかなか取り組めない状態に陥ってしまうことがあります。

執筆作業も同様で、なかなか執筆モードに気持ちが切り替わらない状態でムリに作業をしても文章が浮かばず、時間のムダになってしまいます。

疲れている

睡眠不足が続いたり、生活リズムが崩れていたりして疲れていると、どんなことをするにも頭が働かなくなってしまいます。

実際、疲れている状態では執筆作業のような頭を使う必要がある作業を進めることは難しいです。

また本業の仕事がある場合は、空き時間を休養以外のことに使うことで本業にも支障が出てしまう可能性もあります。

ライターズブロックになってしまった時の対策

一度作業から離れてみる

ライターズブロックに陥った場合は短時間でもよいので一度取り組んでいる作業からあえて離れてみましょう。

この時、頭を使わずにできる作業をするのがおすすめです。

頭の使うことを休憩時間に行ってしまうとなかなか切り替えができなかったり、逆に頭が疲れてしまったりします。

そのため、手軽にできる家事や部屋の片づけ、ストレッチなどに終了時間を決めたうえで取り組むのがおすすめです。

体を動かしながら考える

ライターズブロックに陥りやすい人は机の前に長時間座っていることが多いです。

やはり同じ姿勢を長時間続けていると肩や首をはじめ、全身に疲れが溜まってしまいます。

そのため、この場合は一旦机から離れ、外の空気を吸いに散歩に出かけることで、リフレッシュになってライターズブロックが解消されて作業が捗ることがあります。

万が一外に出られない場合、家の窓を開けて換気しながら部屋の中を歩き回ったり、軽くストレッチをしたりするだけでも良いです。

とにかく机から離れることが大切なので、アイデアが浮かばないなどした時には一旦椅子から立ち上がって身体を動かしてみましょう。

しっかりと休憩をする

長時間作業を続けていると頭が疲れてしまい、なかなか作業に取り組めないことがあります。

そんな時はしっかりと休憩を取ることが大切です。

あまり作業に集中できないと感いているならその日は一切パソコンに触れずに遊んだり休んだりして、次の日から気持ちを入れ替えて作業に取り組みましょう。

万が一締め切りが近づいていて、その日のうちにどうしても作業をしなければいけない場合は、30分~1時間程度でよいので仮眠をとるのがおすすめです。

他のテーマで文章を書いてみる

同じジャンルの記事を書き続けていると徐々にネタ切れになってしまうことがあります。

そんな時は気分転換に別ジャンルの記事を書いてみるのがおすすめです。

今まで書いていたジャンルと異なるジャンルの記事を書けば、筆が進むことがあります。そして一旦頭をリフレッシュしたうえで再度作業に取り掛かりましょう。

ライターズブロックにならないための予防策

文章の執筆を習慣化させる

文章を書くことが毎日の習慣となっていれば、スラスラと文章が浮かぶようになります。

そのため、毎日決まった時間に文章の執筆を癖にしましょう。

ただし、ダラダラと文章を書き続けていると疲労がたまり、ライターズブロックが悪化してしまう可能性があることから、しっかり「何時から何時まで」と作業に取り組む時間を決めるのがおすすめです。

インプット量を増やす

ライターズブロックに陥る原因には色々な原因がありますが、場合によっては各ジャンルに関する知識不足である可能性があります。

作業に取り組む際、自分が得意なジャンルだと筆が進みやすいですが、そうでないジャンルだとなかなか書けません。

そのため、得意なジャンルを増やして受けられる仕事の幅を増やすために、日頃から普段自分が触れないジャンルを中心に様々なジャンルの情報のインプットを意識しましょう。

気持ちに余裕のある生活を送る

気持ちに焦りが生まれると余計な考えが頭をよぎって作業に集中できなくなってしまいます。

そのため、お金や時間に余裕のある生活を送り、ストレスが無い生活環境を整えたうえで作業に取り組みましょう。


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年8月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です