セールスコピーライターとは?メリット、デメリットを解説

P.R.このメディアの管理人について

このメディアの管理人について紹介しますね。



20歳で起業し、本メディアで解説してるDRMを研究して
1人の会社で年商1億円(利益率7割超)を突破。


得た知識をDRMjapanで公開しているので、
ぜひ当サイトのコンテンツを読んでみてください。



また、DRMをより本格的に学べる、
読者数2万人超のメールマガジンもやっています。

もしよかったら読んでみてくださいね→ふっさん公式メルマガへ


それでは、コンテンツをお楽しみください!

高い年収を期待できるセールスコピーライターとは?

セールスコピーライターとはコピーライターの一種で、セールスコピーを書くことの出来るライターのことをいいます。

 

コピーライティングとは、商品やサービスの購入促進を目的とした文章を作る技術のことです。

 

高い年収を期待できるセールスコピーライターの仕事内容

セールスコピーライターの仕事内容は多岐にわたりますが、基本的にはコピーライティングを書く仕事を主とします。

 

コピーライティングの対象はインターネットの広告文やランディングページ・メールマガジンなどのウェブ媒体だけでなく、雑誌やチラシ・ダイレクトメールのような印刷媒体も含まれます。

 

ブログ記事の執筆やアフィリエイトサイトの運営も仕事内容の一つとして挙げられます。

 

また、ウェブマーケティングに関するコンサルティングを行ったり、セミナーを開催することによって収入を増やしているセールスコピーライターもいます。

 

高い年収を期待できるセールスコピーライターのメリット・魅力

安定した需要がある

セールスコピーライターは、絶えず安定した需要が期待できるという点が挙げられます。

 

企業が広告文やダイレクトメールなどを使いマーケティング活動を展開していくためには、販売に直結するコピーライティングの技術が欠かせません。

 

売上を生み出すことのできるコピーライティングを習得した人は企業の需要に応えることができるため、セールスコピーライターとしての仕事がなくなることは無いと考えてよいでしょう。

 

独立すれば場所を選ばず働ける

セールスコピーライターは、特定の会社に縛られずに、自分の好きな場所で働くことができる、というメリットがあります。

 

その理由として、セールスコピーライターの仕事はパソコン1台があれば完結できることが挙げられます。

 

独立をすることで、会社にいなくても、どこでも働くことができるようになります。

 

独立したセールスコピーライターの中には、自宅やカフェで仕事をしている人はもちろん、海外で生活しながら仕事を受注している人も珍しくありません。

 

大きく稼げる可能性がある

セールスコピーライターは、大きく稼げる可能性を秘めた仕事であるということが挙げられます。

 

コピーライティングでは自動車や住宅のように金額の大きな商品を扱うことも多く、特にBtoB型企業では高額な大口商品に関わる場合もあります。

 

コピーライティングの力を駆使して大きな金額を動かすことで、プロジェクトに関わるライターも高額の報酬を手に入れることができるようになる場合があります。

 

高い年収を期待できるセールスコピーライターのデメリット

孤独を感じることがある

コピーライティングは基本的に一人で作業を進めることが多いため、人によっては孤独を感じる場合があります。

 

他のメンバーと協力しながら作業を進めるのが苦手な人には向いている仕事であるといえますが、チームで作業を進める働き方にやりがいを感じるという人は心細さを感じる可能性があります。

 

労働集約型の働き方である

セールスコピーライターは絶えずコピーを書き続けていないと対価が発生しないため、労働集約型の働き方であるといえます。

 

一般的に、コピーを書かなければ報酬は入ってこないため、セールスコピーライターとして稼ぐためにはずっと頭と手を働き続ける必要があります。

 

ただし案件によっては外注を活用して仕組み化できる場合があります。

 

うまく仕組み化をすることによって、自分の手を動かさずに大きく収益を伸ばしている人も見られます。

 

セールスコピーライターの年収

会社員の場合は300万円~400万円が多い

セールスコピーライターには大きく分けて、会社員としての働き方と、特定の会社に雇われないフリーランスの2種類があります。

 

このうち会社員のセールスコピーライターで想定される年収は、300万円から400万円程度が平均相場となります。

 

大手企業の場合、それ以上の年収を稼げる場合もありますが、会社員のセールスコピーライター全体では他の職種より特別に年収が高水準というわけではありません。

 

独立すれば年収は青天井となる

セールスコピーライターがフリーランスとして独立した場合は、会社員の平均を大きく上回る年収を稼げることがあります。

 

独立したセールスコピーライターの中には、1億円以上の高年収を稼いでいる人も少なからず見られます。

 

独立することで仕事の受注に制約がなくなり、自分から企業に提案できるようになるため、自分のポテンシャルと努力次第で青天井の年収を稼ぐこともできます。

 

高い年収を期待できるセールスコピーライターになるための方法

コピーライティングを習得する

会社員であれフリーランスであれ、セールスコピーライターを名乗るにはコピーライティングの習得が必要不可欠です。

 

コピーライティングの技術を身につけるために特別な才能は必要なく、誰でもその気になればスキルを習得することができます。

 

コピーライティングの方法論に関する書籍も数多く出版されており、独学でスキルを身につける道は多数用意されています。

 

仕事を手に入れる

書籍などを活用しコピーライティングのスキルを身につけたら、実際にセールスコピーライターの仕事を見つける必要があります。

 

コピーライティングの仕事は需要が絶えず、社外のライターに仕事を外注している企業も少なくありません。

 

また個人が受注できる仕事も数多く募集されているため、案件の獲得方法さえ知っていればセールスコピーライターとして稼ぐことは十分に可能であるといえます。

 

高い年収を期待できるセールスコピーライターの案件獲得方法

求人サイトを利用する

安定した収入の確保を重視する場合、求人サイトからセールスコピーライターの仕事を探すのが最も無難な案件獲得方法といえます。

 

求人サイトでセールスコピーライターに絞り込んで探してみると、正社員の求人を募集している会社は多く見られます。

 

それに加えて、フリーランスに向いた業務委託契約の在宅案件も少なくありません。

 

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングとはクライアントと個人のライターを仲介するサービスのことをいいます。

 

クラウドソーシングサービスでは、セールスレターをはじめとするコピーライティングのスキルを生かせる案件が数多く募集されています。

 

それらの仕事を効率よく探せるという点は、クラウドソーシングを利用する最大のメリットであるといえます。

 

クラウドソーシングの案件は単価が安くなりがちですが、実績を積み重ねてくことで高単価の案件を受注することもできます。

 

SNSを利用する

求人サイトやクラウドソーシングのほかには、SNSを利用してコピーライティングの案件を獲得する、という方法も考えられます。

 

SNSを通じてコピーライティングに関する情報を発信することで、同業者や企業の担当者と交流を深めることに繋がり、結果として案件の受注ができる場合があります。

 

また企業から仕事を直接受注すれば単価が高くなりやすく、継続的な案件獲得にもつながるというメリットもあります。

 

高い年収を期待できるセールスコピーライターになりたい人におすすめの本

禁断のセールスコピーライティング

本書の著者である神田昌典氏は、日本におけるセールスコピーライターの第一人者として知られています。

 

禁断のセールスコピーライティングは、コピーライティングの法則として有名な「PASONA法則」を始め、セールスコピーライティングの基礎をしっかりと身につけたいという人におすすめの1冊です。

 

さまざまな成功事例が掲載されている本書を読むことで、セールスコピーライターに必要なライティングのノウハウを効率的に学習できます。

 

ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則

本書は、アメリカのコピーライティングの第一人者であるジョン・ケープルズ氏によって書かれたコピーライティングの解説書です。

 

アメリカの広告業界で60年近く活躍したジョン・ケープルズ氏が80年以上前に書いた本書ですが、アメリカの広告業界で「コピーライティングのバイブル」として長く読み継がれきました。

 

日本でも累計8万部を突破するベストセラーとなっているこの本は、メンタリストDaiGo氏も「価格以上の価値がある」と絶賛しているほどです。

 

コピーライティングとアイデアの発想法~クリエイターの思考のスタート地点~(宣伝会議養成講座シリーズ)

「宣伝会議養成講座」シリーズの1冊として出版されたこの本には、コピーライティングに欠かせない「アイデアの起点の作り方」が凝縮されています。

 

糸井重里氏など有名コピーライターのOB・OGを世に出してきた宣伝会議の「コピーライター養成講座」のノウハウを書籍から学ぶことができるため、コピーライティングを学びたい方にはおすすめの一冊です。

 

ポチらせる文章術

現役のコピーライター・大橋一慶氏による本書は、ネット広告やメルマガ・ブログ・SNSなどウェブ媒体のセールスコピーライターに特化した文章術が学べる本です。

 

この本を読むことで、あらゆるウェブ媒体に共通したコピーライティングの技術を身につけることができます。ブログやSNSを活用しながらネットビジネスで利益を上げたいと考えている人におすすめの1冊です。

 

10倍売れるウェブコピーライティングーコンバージョン率平均4.92%を稼ぐランディングページの作り方

この本の著者である「バズ部」は、ウェブマーケティングやSEOに関する情報について詳しく発信していることで有名なサイトです。

 

本書には、ウェブサイトのアクセスを伸ばしたり、CVRを高めるためのコピーライティングに関するエッセンスが凝縮されています。

 

セールスコピーライティングに役立つワークシートが付属している点もおすすめのポイントとして挙げられます。

 


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年8月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です