セールスレターのテンプレートについて徹底解説!

セールスレターのテンプレートとは?

セールスレターのテンプレートとは、セールスレターを効率的かつ効果的に書くために用意された雛形
のことをいいます。

 

効果的なセールスレターのテンプレートには法則があり、世の中に既に出回っている多くのセールスレターはテンプレートをもとに作成されています。

 

セールスレターを作成する際には、「構成をはじめからから考える」というのは非常に非効率的でなだけでなく、テンプレートを使わないと効果的なセールスレターを作ることは極めて難しいでしょう。

 

セールスレターを作成する際には、先人が作ってくれた、高い反応率が期待できるテンプレートを活用することで、商品の売れるセールスレターを作ることができるようになります。

 

セールスレターのテンプレートを使うメリット

効率的にセールスレターを作成できる

セールスレターを作成する際には、テンプレートを使うことによって、効率的な作成ができるようになります。

 

テンプレートを使わず、セールスレターをはじめから考えて作るのは、非常に非効率的といえます。

 

セールスレターをはじめから作ろうとした場合、完成までに莫大な時間がかかってしまうことでしょう。

 

ただ、セールスレターを作る際には、はじめから考えて作る必要はありません。

 

実際、世の中に出回っている多くのセールスレターは基本的に構成が決まっています。

 

多くのセールスレターは「商品の売れるセールスレターのテンプレート」を元に作成されているものが多いです。

 

効果的なセールスレターを作成できる

セールスレターのテンプレートを使うことによって、効果的なセールスレターを作成できるようになります。

 

セールスレターを作成する際に、テンプレートを使わずに自分の感覚で0からセールスレターを作ろうとしてしまうと、読み手の高い反応を見込めるセールスレターを作成することは非常に難しくなります。

 

 

セールスレターを作成する上で最も大切なこととして、読み手の反応率の高いセールスレターを書き、読み手に、その商品に対して高い購買意欲を持たせることが挙げられます。

 

そのためには、読み手の高い反応率が期待できる「テンプレート」に従ってセールスレターを作成することが必要不可欠となります。

 

売れるセールスレターのテンプレートの特徴

商品の売れるセールスレターには、特徴があります。大きな特徴として、売れるセールスレターのテンプレートは「ヘッドパーツ」「ボディパーツ」「クロージングパーツ」の3つのパーツ(構成)に分かれていることが挙げられます。

 

このようにパーツが分かれている理由としては、「セールスレターにストーリー性を持たせる」ということが挙げられます。

 

ヘッドパーツでは読み手に、商品に対する好奇心を持たせ、ボディパーツでは商品の魅力を伝え、クロージングパーツでは商品を購入してもらう、という役割があります。

具体的にそれぞれのパーツではどのようなことについて記載をすれば良いのか、パーツごとに細かく解説をしていきます。

 

【売れるセールスレターのテンプレート】ヘッドパーツ

キャッチコピーを明示する

売れるセールスレターを書くためには、はじめにキャッチコピーを明示することが必要不可欠となります。

 

 

キャッチコピーとは、「その商品について一言でアピールできる文章」のことをいいます。

 

セールスレターの冒頭で強烈なキャッチコピーをアピールすることによって、読み手はその商品に対する興味を持ち始めることができるようになります。

 

キャッチコピーを書く際には、読み手の心に刺さる魅力的なものを書くことが必要不可欠です。

 

魅力的なキャッチコピーを書くためには、ターゲットのニーズに強く突き刺さるようなコピーを作成する必要があります。

 

そのために、時間をかけて読み手のニーズを分析し、洗い出す作業を行いましょう。

 

導入文(オープニング)を記載する

印象的なキャッチコピーを明示したら、その後に導入文を記載しましょう。

 

売れているセールスレターのテンプレートのヘッドパーツには魅力的な導入文が記載されています。

 

魅力的な導入文を作るためには、読み手が解決したい問題を箇条書きにして、その後の文章を読みたくなるように興味をもたせることがポイントとなります。

 

また、販売したい商品やサービスのメリット(ベネフィット)を導入文に入れることでも、多くの読み手の興味を引くことができるようになります。

 

【売れるセールスレターのテンプレート】ボディパーツ

問題提起を読み手に問いかける

ボディパーツではまず問題提起を読み手に問いかけることが大切です。売れるセールスレターのテンプレートの特徴として、ボディパーツの部分で、読み手に「問題提起」をしているものが多く見られます。

 

問題提起とは、読み手が抱えている問題をピックアップしてあげることをいいます。

 

例えば、ダイエット商品などの場合には「なかなか痩せることができない」といった具体的な問題などが挙げられます。

 

はじめに読み手に対し問題提起をすることで、読み手の興味を引くだけでなく、ボディパーツ全体に共感性を持たせ、その後の文章の説得力を高める効果もあります。

 

問題提起に対する答えを示す

問題提起についての問いかけができたら、次はそれに対する答えを示します。

 

ボディパーツでいくつかの問題提起を読み手に対して問いかけたのであれば、その問題提起に対する答えを示してあげる必要があります。

 

問題提起に対して答えを提示することで、読み手に対して「自分でも解決できるかも」と思わせことができます。

 

また、思ってもみなかった問題提起の解決案を提示してあげることで、セールスレターの信憑性や信頼性、また反応率を上げることもできます。

 

問題提起の答えの示し方はさまざまですが、読み手に分かりやすく、なるほどと関心させることのできる、説得力のある文章を記載しましょう。

 

具体的な事例や証拠を紹介する

答えを明確にしたら、次はその答えの具体的な事例や証拠について紹介しましょう。

 

読み手に対して商品やサービスを販売する上では、具体的な事例や証拠を提示することで信用をたかめ、より販売がしやすくなります。

 

ビジネス商材などの商品の場合、実際にどのくらい稼ぐことができたのか、どのくらいの期間で売り上げを伸ばすことができたのか、などの具体的な利益を数字として提示することで、説得力が増し、成約率を大きく高めることができます。

 

セールスしたい商品を紹介する

ここで初めて、このセールスレターでセールスをしたい商品について紹介をします。

 

売れているセールスレターのボディパーツの部分では、その商品やサービスについて、さまざまな観点から内容が紹介されています。

 

また、売れているセールスレターの場合、ボディパーツには商品やサービスの内容だけを記載していることが一般的です。

 

値段や料金に関しては、記載されていないことの方が多いです。

 

より効果的なボディパーツを作るために、商品やサービスの魅力だけに注力して記載することがポイントとなります。

 

ブレット(商品のベネフィット)を明示する

商品を紹介したら、次はブレットを箇条書きで明示しましょう。

 

商品やサービスをより魅力的に読み手に対して見せるためには、「ブレット」と呼ばれる、メリットやベネフィットを羅列して箇条書きで明示する方法を利用することが効果的です。

 

一般的にブレットを明示する場合には、7個~15個ほどのメリットやベネフィットを記載することが多いです。

 

長々とした文章の場合、内容が読み手に伝わりにくいですが、ブレットの形で明示することで、どのような効果があり、どのようなメリットがあるのかを瞬時に理解させることができます。

 

【売れるセールスレターのテンプレート】クロージングパーツ

商品の特典を明らかにする

クロージングパーツでは、はじめに今回セールスする商品の特典について明らかにしましょう。

 

クロージングパーツの段階においては、読み手に対し、「商品やサービスを購入してもらうためのアプローチを行う」という役割があります。

 

そのため、クロージングパーツでは商品やサービスに対して魅力的な特典を明示することで、商品販売の成約率をより高めることができます。

 

具体的な特典の例としては、「期間限定で20%OFF」「数量限定サービス」などがあります。

 

特典が何もない場合には記載できませんが、セールスレターを作成する上では、特典を用意することによって、より効果的に商品やサービスを販売することができるようになります。

 

商品の価格を明示する

この段階で、はじめて商品の価格について言及をしましょう。

 

セールスレターにおいて、商品の価格はクロージングパーツの部分に記載することが一般的です。売れているセールスレターのテンプレートでは、商品やサービスの価格をクロージングパーツに記載するよう設計されていることが多いです。

 

その理由としては、人間の心理的要素が大きく関わっています。最初から価格を提示してしまうと、読み手は商品の内容をよく知ろうとせず、価格だけを見て、購入する意思を失ってしまう場合が多いです。

 

そのため、セールスレターにおいては、価格を提示する前に商品の内容についてしっかりと解説をし、読み手に商品に対する魅力を十分に理解してもらってから価格を提示する必要があります。

 

保証について説明する

次に、今回セールスする商品の保証についての説明を記載しましょう。

 

保証内容の例としては、「返金保証期間」や「返金保証制度」といった文言が書かれていることがよく見受けられます。

 

このような保証についての紹介はクロージングパーツに記載するのが一般的です。

 

また、商品の価格と同時に保証について記載することで、より読み手に対して安心感を与えることができます。

 

セールスレターで多くの読み手に対して安心感を持たせるためにも、保証が付いている商品やサービスであれば必ず記載するようにしましょう。

 

CTA(購入喚起)を掲載する

ここで商品の購入を促すために、CTA(購入喚起)を掲載しましょう。

 

売れているセールスレターのテンプレートでは、「CTA」と呼ばれている販促手法がよく使われています。

 

「CTA」とは「Call To Action(コールトゥーアクション)」の略で、商品やサービスの申し込みを促すためのボタンリンクなどのことをいいます。

 

「商品購入はこちらをクリック!」「ご予約はこちら!」
などの目立ちやすい申込みボタンをクロージングパーツに設置することで、成約率向上に繋げることができます。

 

お客様の声・レビューを掲載する

セールスする商品に関するお客様の声やレビューを掲載しましょう。

 

売れているクロージングパーツのテンプレートには、「お客様の声やレビュー」など、すでに商品・サービスを購入した読み手の声が掲載されていることが多いです。

 

すでに購入した読み手の意見をあえて記載することで、より商品やサービスの魅力を伝えやすくなり、購入促進へとつなげることができます。

 

また、口コミやレビューを記載することで、「これだけの人が購入しているし、良いと言っているから良い商品なんだ」
と思わせることができ、購入促進へと繋げる効果があります。

 

よくある質問を掲載する

商品に関する疑問や質問に関する回答は「よくある質問」という項目を用意して掲載をしましょう。

 

セールスレターを使って多くの読み手に商品やサービスを販売するためには、読み手の不安材料を少しでも解消してあげることが大切です。

 

そのためセールスレターのクロージングパーツの部分には、読み手が想定すると思われる「よくある質問や疑問」などを掲載してあげると良いです。

 

よくある疑問、質問をあらかじめ掲載することで、読み手に対しての不安材料を解消することができます。

 

追伸を掲載する

最後に、商品販売者の立場から見込み客に向けたメッセージを「追伸」としてセールスレターの最後に掲載しましょう。

 

クロージングパーツはセールスレターのエンディングに当たる部分なので、追伸を掲載することでより読み手の購買意欲に刺激を与えることができます。

 

販売する側の思いや熱意などを追伸という形で掲載することで、より販売する商品やサービスに対する自信や説得力などを表現できます。

 

また、追伸を掲載することで読み手に対しての購入への強いひと押しとなる効果なども期待できます。

 

セールスレターのテンプレートを学ぶのにおすすめの書籍

究極のセールスレター シンプルだけど、一生役に立つ!お客様の心をわしづかみにするためのバイブル

セールスレターのテンプレートを学ぶためにおすすめの書籍はさまざまありますが、本書は非常に実用的な内容について分かりやすく説明しているため、これからセールスレターを書けるようになりたい、という方には特におすすめの本です。

 

なお、本書は「ダン・ケネディ氏」というマーケティングコンサルタントとして世界的に有名な人物が執筆しており、初心者が読んでも分かりやすく、効果的なセールスレターのノウハウについて惜しみなく書かれています。

 

禁断のセールスコピーライティング

「禁断のセールスコピーライティング」は、日本国内におけるコピーライティングの第一人者との呼び声も高い、神田昌典氏によって執筆されたコピーライティングの解説書です。

 

本書では、DMからセールスレターまで、様々な分野におけるセールスのテクニックを惜しみなく解説をしています。

 

反応率を高める方法や売れない商品を売るための方法、さらには顧客との信頼関係の構築方法
まで、セールスに活用できるあらゆる手法が解説されています。

 

売れる文章術

「売れる文章術」は、ライティングページのコンサルタントとも呼び声の高い中野巧氏が執筆した一冊です。売れるセールスレターを構築したいと考えている方には本書を読むことをおすすめします。

 

いくら売れているセールスレターのテンプレートを活用したとしても、文章力が乏しかったり、人の心を揺さぶる文章を書くことができなければ、大きな売上げをあげることができません。

 

こちらの書籍には、「売れる文章」を書くためにはどうすればよいのか?
その方法が分かりやすく執筆されてあります。

 

セールスレターのテンプレートと一緒に、本書を読み、実践で使える文章テクニックを学んでみてはいかがでしょうか。

 


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年4月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です