ファン化させるメリットとは?ファン化させるためにはどうすればいい?

ネットビジネスにおける「ファン化」とは?

「ファン化」とは、商品やサービスそのものの魅力だけでなく、それらを提供販売する人の個性を活かすことで、固定客となる顧客の獲得を目指す手法のことをいいます。

 

ビジネスを行う上で、顧客をファン化させること、 ファンを増やすことは非常に大切な要素となります。

 

顧客をファン化させることができれば、その後のビジネスに大きく拍車をかけることができます。

 

近年はネットビジネスでファン化によって成功している人が多く、代表的な例を挙げると、 YouTuber やインフルエンサーなどはファン化によって生計を立てています。

 

このように、ファン化させることを主とするビジネスは「ファンビジネス」などと呼ばれることがあります。

 

顧客をファン化させることのメリット

再訪率(リピート率)が高くなる

 

具体例を挙げると、 ブログのアクセスを増やしたり記事を読んでもらいたい場合には、一般的にSEOによる検索結果上位表示が必要となります。

 

通常、需要のある特定のキーワードにおいて検索上位を獲得できなければアクセスを集めることは難しいです。

 

しかし、 読者をファン化させることが出来れば、たとえブログが検索上位を獲得できていなくても、指名検索をし、ブログに訪れてもらうことができます。

 

ファン化させることは非常に効果的な集客方法であり、濃いファンに関しては、はあなたのブログを読むことが日常生活の一部となります。そのようなファンを増やすことで、検索結果に振り回されることなく、安定的にアクセスを伸ばすことができます。

 

ブログにかかわらず、ネットビジネスに関するすべての分野において、ファン化させることは、 集客やセールスに関して大きな効果を果たすことになります。

 

口コミによる拡散が見込める

 

ただの顧客とファンとの違いの一つとして、「周囲への影響力の違い」 が挙げられます。

 

ネットビジネスにおいて、 「口コミ」 は極めて重要な宣伝の手段となります。

 

一般的に利用者から発信される口コミ情報は、従来の広告宣伝手法よりも高い影響力を持つとされていますが、特に参加した利用者からは強力な口コミの発信が期待できます。

 

熱狂的なファンに関しては、ブログを読んだりサービスを利用してもらったりするだけでなく、Twitter などのSNSを利用して、あなたのブログやサービスの感想や魅力を自主的にアピールしてもらうことができます。

 

このように、 ファンは顧客であるだけでなく、「強力な宣伝スタッフ」にもなってくれるため、広告に費用をかけることがなくても、口コミによる自然な広告効果を期待することが出来ます。

 

口コミを通じて拡散される情報は、ターゲットに対する訴求力が極めて高いため、狭い範囲であっても高い訪問率を期待することが出来ます。

 

広くアピールすることを目的としている SEO とは真逆のアプローチでアクセスアップが期待できることは、顧客のファン化に成功したサイトならではの強みであるといえます。

 

共感を得やすく、文章の説得力が高まる

 

これからのネットビジネスで重要とされる要素の一つとして共感力があります。

 

利用者が商品やサービスを利用する理由としては、合理性やメリットだけには限りません。

 

むしろ現代の消費者によって合理性やメリットを感じられることは最低限の条件となります。

 

それらに加えて、現代では「共感力」というものが必要となります。

 

商品やサービスを選ぶ基準として、コストパフォーマンスや性能を追求することは大切ですが、 最終的には、商品のコンセプトや作者の想いに共感できるかどうかで判断する、というのが現代のネットビジネスにおける消費者の大きな特徴といえます。

 

ファン化した顧客は、その対象に強い共感を持ちます。 彼らにとって共感とは、仲間意識や身内意識を持つことに近いものであり、その強い共感力により、彼らの発信する文章や映像などのコンテンツには強い説得力が生まれます。

 

見ず知らずの人の言葉と自分が尊敬する人の言葉では同じ言葉でも感じ方や説得力が大きく変わってくるように、ファン化した顧客は強い共感力を持ち、私たちの活動を支えてくれます。

 

熱心にサイトを訪問してくれたり積極的に商品やサービスを利用してくれる理由としては紛れもなく「共感力」があるからです。

 

安定的な顧客を獲得できる

 

ネットビジネスを切るファン化のメリットとして、 安定的に顧客を獲得できることがあります。

 

ビジネスを成功させる基本は、「固定客を獲得すること」だとよくいわれます。

 

固定客を獲得することができれば、 安定的な売り上げを見込めるようになり、長期的な視点に立った計画的な経営を実現することができます。

 

どんなときでも 安定して売上をもたらしてくれる固定客の存在は、 文字通り私たちのビジネスの基盤を強く支えてくれる存在であると言っても過言ではありません。

 

従来のビジネスでは、 企業と顧客の関係は商取引で結ばれた対等なものであるとされてきました。

 

固定客の獲得も価格優位性や品揃えの豊富さ対応スピードなど、 利用者にとっての明確なメリットを提供することで成立するものであり、ライバルにさらに有利な条件を提示されてしまうと、顧客を奪われてしまう、というリスクが付きまとうのが一般的でした。

 

しかし顧客をファン化させることが出来れば、その 顧客は損得を超えて支えてくれる固定客となります。

 

彼らは単に価格やサービスの良さなど経済的合理性に基づく判断だけで商品やサービスを選んでいるわけではありません。

 

彼らが商品を購入したりサービスを利用することは「好き」または「支えたい」という情動によるものとなります。

 

合理性以外の基準で利用する商品やサービスを選んでいるファンの存在は、景気の波にも左右されることなく安定的な売上を支えてくれる大変重要な要素となります。

 

どんな時でも変わらずに利用してくれるファンの存在ほど、経営者にとってありがたいものはありません。

 

読者を「ファン化」させるための方法

キャラクター設定を明確にする

 

顧客をファン化させるための1つ目の方法として、情報を発信するキャラクター設定を明確にすることが挙げられます。

 

ここでいうキャラクターとは、「その人の個性や人格そのもの」を意味します。情報を受け取る側からしたら、同じ内容の発信であっても「どんな人が発信しているのか」によって異なる価値判断をすることがあります。

 

つまり、魅力を感じられるキャラクターの設定に成功することで、多くのファンを獲得することもできます。

 

具体例を挙げると、近年流行している「VTuber」は、キャラクター設定によるファン化を目指す典型的な例となります。

 

VTuberにはそれぞれ個性的なキャラクターが設定され、「中の人」と呼ばれる演者は設定に沿ったキャラクターを演じることでファンの獲得を目指しています。

 

一部のVTuberに関しては、演者が変わることによる急激なキャラクターのブレなどにより大きなファン離れが発生しましたが、そのようなファンを困惑させる原因となることをすれば、ファンに距離を置かれてしまうのは当然のことといえます。

 

ファン離れを引き起こしたくないのであれば、ブレることなく設定に沿ったキャラクターを貫くことが重要となります。

 

ブログ更新やSNS更新をこまめに行う

 

読書を変化させる二つ目の方法としてこまめに情報発信を行うことが挙げられます。

 

ブログや SNS をこまめに更新することで読者との接触機会が増えファンの獲得へと繋がります。

 

現代のファン獲得の為には、親近感を持たせることが大きなポイントとなります。

 

「会いに行けるアイドル」というキャッチフレーズが流行したのは、 今からおよそ10年ほど前になりますが、それから時が経ち、 現在ではインターネットを通じたコミュニケーションが当たり前の時代となりました。

 

かつては距離感の遠かった発信者と読者ですが現代は SNS を経由してかつてないほどに距離感が近くなっています。

 

参加するきっかけは人それぞれですが接触回数が多いほど参加しやすいのは今も昔も変わりませんこれには心理学の「単純接触効果」によるものであると言えます。

 

単純接触効果による影響は驚くほど大きなものであり、親近感を持たれるほどファンになってくれる確率も高まるため、こまめに情報発信を行うことはファンを増やすことに大きな効果を果たします。

 

また来たくなる心地よさを与える

 

読者をファン化させるための3つ目の方法として、「また来たくなる心地よさ」を与えることがあります。

 

読者や利用者の目は非常に厳しく、 どんなに優れた商品やどんなに充実したサービスであっても、 何か一つ不快感を与えてしまうことで、「もう二度と訪れたくない」「もう二度と利用したくない」という気持ちを持たれてしまいます。

 

そうなってしまった場合、 顧客を引き止めることは難しく、結果として大きな客離れを引き起こしてしまう可能性があります。

 

逆に考えると、 「また来たい」と思わせられるような心地よさや魅力を提供することができれば、リピーターとして、あなたを支えてくれるファンになってくれる可能性も高まります。

 

「たったひとつの不快感」で台無しになってしまうことと同じように、「たったひとつの心地よさ」もまた根強いファンを獲得するきっかけとなり得ます。

 

「日常的な心地よさ」こそが商品やサービスに求められています。特別なおもてなしサービスも重要ですが、日常的な心地よさほど大切なものはないでしょう。

 

読み進められる文章、興味を引く画像、耳を傾けたくなる音楽など、当たり前のように提供されるちょっとした心地よさがファン化を強く支える要素となります。

 

コミュニケーションをとる

 

こちらから一方的にサービスを提供するだけでは、 ファンを作ることはできません。

 

ネットビジネスにおいては従来のビジネス以上に顧客とのコミュニケーションが重要視されます。

 

具体例を挙げるとアパレルショップや化粧品屋さんのの「ライブコマース」が挙げられます。

 

従来では、ファッション通販サイトが一方的に商品の写真やモデルの写真をウェブサイトに掲載して商品を販売していました。

 

その結果、ネットショップの宣材写真と実際に届く商品の差にがっかりする人も少なくありませんでした。

 

しかし現代ではライブコマースを行い、顧客となる視聴者から直接意見や要望をその場で聞き入れ、ショップ店員やモデルがそれに対して答えたり服を着てみたり化粧品を実際に利用してみたりすることで、 商品に対する顧客の理解度だけでなく、顧客との距離感が大きく縮まり、結果として顧客のファン化やその先の商品購入へと大きく貢献をしています。

 

魅力的なサービスを提供するだけでなく利用者や読者とコミュニケーションを取ることで身内や仲間のような意識が生まれサービス提供者と利用者の垣根を越えた同士として支えてくれるファンが生まれます。

 


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年4月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です