ラインとメルマガの違いは?ラインとメルマガ、どう使い分ける?

ちなみに、この記事を書いている人って、誰?

きっとあなたはそう思われたことでしょう。

初めまして。管理人のふっさんと申します。

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)というビジネスモデルにて、
1人の会社で年商1億円を突破。

〝普通に働く以外の方法〟で稼ぎたいあなたへ。
ぜひ当サイトの色々な記事を読んでみてください。


DRMについて学べ、
個人で稼げる自由な人生への第一歩を踏み出せます。

ライン(LINE公式アカウント)とメルマガの違い

開封率の違い

 

ライン(LINE公式アカウント)とメルマガでは開封率に大きな差があります。

 

メルマガの場合そのメールに件名がなかったり、自分にとって興味のない件名になっている場合、開かずにスルーしてしまう人が多いです。

 

メルマガは単なる情報のメールのため、様々届くメールの中で重要度が低くスルーされてしまいやすい傾向にあり、開封率が30%以下と言われています。

 

それに比べてラインは、スマホで気軽に使えるコミュニケーションツールで、メールに比べて距離感が近いという特徴を持っています。

 

不特定多数に情報発信をしているというよりも、その人に対しておすすめ情報が発信されていると認識されやすく、少しでも興味があれば見てもらえるため、70%以上の開封率があると言われています。

 

開封率が高くビジネスにも使えるラインですが、メールに比べて簡単にブロックすることが可能としているため、内容によって多くの人にブロックされてしまうというデメリットがあることを覚えておきましょう。

 

登録の手軽さ

 

ライン(LINE公式アカウント)とメルマガの大きな違いとして、登録の手軽さの違いがあります。

 

メルマガは簡単に登録ができると思われがちですが、実は意外と面倒でなかなか登録してもらえない場合が多いです。具体的にはメルマガには名前やメールアドレスの入力が必要となります。

 

それに対し、ラインはリンクもしくはQRコードを読み込むだけで登録ができてしまいます。メルマガよりも気軽に登録をすることができるという点で魅力的です。

 

現在ではほとんどの人がスマートフォンを利用し、それに伴いほとんどの人がLINEをインストールしているため、メルマガよりも有効な手段として多くの人にLINE での配信が採用されています。

 

読者との距離

 

LINEとメルマガでは、読者との距離が大きく変わってきます。メルマガは単なる情報源のひとつとして認識をしている人が多く、実際にその情報に対して疑問があったとしても直接問い合わせをする人は少ないです。

 

それに対し、ラインは会話を楽しむためのアプリでメールよりも気軽に相手と会話することができ、単なる情報源というよりも「1つの会話」として認識されやすいです。

 

そのため、ラインで来た情報で何かしら疑問に感じたら直接質問することができますし、実際に問い合わせをする人も多いです。

 

またメールに比べLINEの方が返信が早くなりやすい傾向にあり、早い返信をすることによって読者との距離をさらに縮めることができるようになります。

 

単に情報を教えたいだけである場合メルマガでも良いですが、補足説明をしたいことがあったり、読者との距離感をより近づけたいと考えている場合、LINEを使うことをおすすめします。

 

長文の向き不向き

 

どんなことを情報として伝えたいのかによってラインが良いのか、それともメルマガが良いのかが違ってきます。

 

例えば伝えたい情報によってどうしても長文になってしまうことがありますが、この場合、LINEよりもメルマガの方が向いているといえます。

 

LINEは本来会話を楽しむアプリであるため、アプリの性質として、比較的短文を送る傾向が強く、長文を送ることに対してはあまり向いていないという特徴があります。

 

それに対しメルマガは雑誌感覚で読む人が多く、かなり長い長文だったとしてもそれを気にせず最後まで読んでくれる人が多いです。

 

その違いを生み出す要素の一つとして「どのデバイスでその文章が読まれているのか」ということが挙げられます。

 

LINE はスマホ用に開発されたアプリであるためほとんどの人がスマホによって閲覧をします。

 

一方メルマガに関してはスマホだけで見る人もいますが、PCで見ている人が多く、 PCの場合スマホに比べて一度に表示できる文字数が多いため、長文でも比較的読まれやすい傾向にあります。

 

どんな情報を発信するのかでメルマガにするかラインにするかを選ぶことが重要なポイントです。

 

長文が向いている発信をする時はメルマガを、短文が向いている発信をする時は LINE を選ぶようにしましょう。

 

ライン(LINE公式アカウント)とメルマガの使い分け方法

若者をターゲットにするならLINE

 

もし若者をターゲットとして情報発信をしたいと考えているのであればメルマガよりも LINEを使用することがおすすめです。

 

現在は若い人ほどPCを所有していないことが多く、 PCの親和性が高いメルマガよりも、若者に身近なLINEを使うほうが効果的であるといえます。

 

また若者が興味ありそうな情報の多くは深く説明することなく簡潔に終わらせることのできる情報がほとんどです。

 

具体的には飲食店やショップのお得な情報や、ブログの新着情報やYouTubeの新着情報など、長文で伝える必要性のない物が多いです。

 

そのため LINE の発信は長文が向いていないとしても、シンプルで分かりやすい情報発信をすることで若者の心をつかむことができます。

 

若者をターゲットにするのであれば、メルマガの発信よりも LINE の発信がおすすめです。

 

ただしあまりにも伝える情報が少なすぎると、「伝えたいことが伝わらない」ということにもなってしまいますので、分かりやすい画像を使ったり、印象的なキャッチコピーを使うことが重要となります。

 

ビジネスマンをターゲットにするならメルマガ

 

若者向けではなくビジネスマンをターゲットにしたいと考えているのなら、断然メルマガがおすすめです。

 

多くのビジネスマンは仕事とプライベートの境界線をしっかりと分けている人が多くそれに伴い使用しているツールも分けられていることが多いです。

 

多くのビジネスマンにとって、 LINE はビジネスではあまり使われずプライベートで使うことの方が多いです。

 

一方、メールに関しては仕事用として多く使われています。

 

そのため、ビジネスマンが好みそうな株や不動産などの投資情報やビジネスマンに役立つネットビジネスやマーケティングの情報などに関しては、LINEで発信するよりもメルマガから発信する方が読んでもらえる可能性が高くなります。

 

またビジネスマン向けの情報は、論理立てて説明することも重要であるため、どうしても長文になってしまう傾向にあります。

 

LINEで長文を送る場合、メールで送るよりも読みにくくなってしまうため、長文を送る場合はメルマガを活用しましょう。


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年8月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です