メルマガの開封率を高めるための方法を徹底解説!

メルマガの開封率とは?

情報の発信や集客を行うのに有効なメルマガですが、メルマガを配信してもなかなか成果が上がらない場合があります。

 

その場合の大きな要因の一つとして、メルマガの開封率が低いということが挙げられます。

 

メルマガの開封率とは、配信したメルマガを読者がどれだけ開封して読んだか、その割合のことをいいます。

 

開封数を有効な配信数で割って100をかけることによって算出されます。

 

メルマガ開封率が低い場合、配信しているメルマガが読者に読まれていないということになり、メルマガの効果をなかなか上げることはできません。

 

メルマガの効果が出なくて困っている人はまず、メルマガの開封率がどれくらいか調べてみましょう。

 

メルマガの開封率の算出に必要な開封数は、Googleアナリティクスで測定できます。

 

Googleアナリティクスで開封数を正確に測定したい場合、メルマガ内に開封の目印となる画像を埋め込み、HTML形式で送る必要があります。

 

メルマガの開封率の目安

メルマガが実際に「どのくらい読まれているのか」を知る目安となるメルマガの開封率ですが、実際にはどのくらいの開封率を目安にするとよいのでしょうか。

 

まず、メルマガの開封率はメルマガで配信している情報の内容や配信しているターゲットによって大きく異なるため、目安とするべき開封率は一概にいうことはできません。

 

一般的にはターゲットとしているユーザーが配信している情報に興味を持っている場合は15%から20%の開封率で、逆にターゲットとしているユーザーが興味を持っていない場合は10%から5%まで開封率は下がるといわれています。

 

しかし、これらはあくまでも平均的な数値で、メルマガのタイトルのつけ方だったり配信するタイミングだったりで開封率は大きく改善する場合もあれば、逆に開封率が下がってしまうこともあります。

 

メルマガの開封率の改善を行う場合、まずは10%から15%程度の開封率を目指すことをおすすめします。

 

メルマガの開封率を高めるための方法

メルマガのタイトルの付け方を工夫する

メルマガの開封率を上げる工夫で簡単に行えるのが「タイトルのつけ方を工夫すること」です。

 

読者がメルマガの第一印象を決めるのは多くの場合、「タイトル」です。

 

いくら良い内容のメルマガでも、タイトルを見て興味を持ってもらえなければメルマガは開封してもらえません。なかなかメルマガを配信しても効果が出ないと思ったら、まずはメルマガのタイトルを改善してみましょう。

 

メルマガに興味を持ってもらうためにタイトルを考える場合、4U原則を意識するのがおすすめです。4U原則とは、Useful(有用性)、Unique(魅力的)、Urgent(緊急性)、Ultra-specific(具体的)のことをいいます。

 

記号を使って視覚的に目立たせたりタイトルを具体的な内容にしてみたり、読者の心理を操るような言葉を上手く組み合わせたメルマガのタイトルをつけるように工夫してみましょう。

 

差出人名を設定する

メルマガの開封率を高めるために、タイトルを工夫する以外にも差出人名を設定することも有効です。

 

最近多くの人が利用しているメールソフトの多くは、件名よりも差出人を太字にして目立つようにしている場合が多いです。

 

つまり、「そのメールが誰から送られてきたのか分かるようになっている」ということであり、読者はどこの誰から送られてきたメールかということも、メールを開くか開かないかの判断材料になるということです。

 

そのため、「どこの誰が送ったメルマガなのかわかるようにする」ことも開封率を高めるためには大切なポイントの一つになってくるのです。

 

また、メールソフトによっては差出人名で表示される文字数は異なり、あまりにも長い場合、最後のほうが省略されて表示されてしまいます。

 

そのため、差出人名は少ない文字数でわかりやすくすることが重要です。

 

曜日・時間帯を狙った配信をする

メルマガの開封率は、配信する曜日や時間帯によっても変わってきます。

 

配信する時間や曜日によっては多くの読者に開封される日もあれば、逆に開封されない時間や曜日もあります。

 

一般的に火曜日はメルマガの開封率が高く、週末になると開封率が下がると言われています。

 

そのため、基本的にメルマガの開封率を高めたいのであれば火曜日から木曜日あたりの平日に配信することをおすすめします。

 

しかし、より効果的に開封率を上げようとするのであれば、どのようなターゲットに対してメルマガを配信しているかも考慮するようにしましょう。

 

ビジネスマンをターゲットにしているのであれば、通勤時間帯やお昼休憩時に配信することによって開封率が高まります。

 

それに対し、主婦をターゲットにしてメルマガを配信している場合、家族が仕事や学校でいない平日の昼間にメールを確認することが多いため、そのような時間帯にメルマガを配信することで開封率を高められます。

 

ABテストを繰り返す

メルマガの開封率を上げるためにもABテストを積極的に繰り返していきましょう。

 

ABテストとはWEBマーケティングの一種で、WEB広告やWEBサイトなどをいくつかのパターンを用意し、どれが一番良い結果が生まれるのかを検証していくことです。

 

これをメルマガで行うことによって、どのようなメルマガがターゲットとしている層の人に開封されやすいのかがわかるようになります。

 

メルマガにてABテストを行う場合、まずは改善すべき点の仮説を立て、その仮説に従って複数のパターンを用意しして実際に配信を行い、どのようなメルマガが読者の反応がいいかを探っていきます。

 

大切なのは何度も繰り返し行っていくことで、何度も改善点の仮説を立てて検証を行うことによって効率よく改善を行うことができます。

 


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年4月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です