マズローの欲求五段階説とは?自己分析のやり方を紹介

マズローの欲求五段階説とは、アメリカの心理学者である「アブラハム・マズロー」が提唱した、人間の基本的な欲求を五段階に分類したもののことを言います。

 

また、マズローの欲求五段階説は「自己実現理論」とも呼ばれ、自分が持っている欲求をこれに当てはめて整理することで、目標とする自分を実現するための自己分析に役立てる事もできます。

 

マズローの提唱する五段階の欲求

第一段階: 生理的欲求

 

マズローが提唱する5段階の欲求のピラミッドの最下層にあるのが「生理的欲求」です。

 

生理的欲求には、私達が生きていく上で避けることのできない人間の三大欲求「食欲・性欲(排泄欲)・睡眠欲」が当てはまります。

 

例えば、手持ちのお金が1万円しか無い状態で1ヶ月生活しなければいけないことになってしまった場合、最も優先的に確保するものは「食べ物」や「寝る場所」であり、「好きな服が買えない」「ゲームがしたい」などの物欲や娯楽に対する欲求は後回しになります。

 

第二段階: 安全欲求

 

五段階欲求のピラミッドの下から2番目、生理的欲求の上層に位置する欲求が「安全欲求」です。安全欲求とは、「平穏で安全な生活を求める欲求」のことを言います。

 

食事や排泄・睡眠といった生理的欲求が満たされると、次に求めるものは「安全な場所で暮らしたい」「安定したお金が欲しい」といった安全欲求になります。

 

現代の日本人の場合、生理的欲求が満たされている人は大半だと思いますが、安全欲求を十分に満たしていない人は多いのではないかと思います。

 

第三段階: 社会的欲求

 

生理的欲求と安全欲求に関しては、個人が生きていく上で欠かすことのできない欲求になります。

 

そして、この2つの欲求が満たされると生きるために必要な欲求に加えて、社会の中で充実して生きるための欲求が生まれます。

 

そこで発生するのが、会社や学校などの組織に認めてもらうための「社会的欲求」です。

 

一例として「あの大手企業で働きたい」「あの友達グループの中に入りたい」そういった欲求が社会的欲求に当てはまります。

 

第四段階: 承認欲求(尊重欲求)

 

社会的欲求を満たしたうえで発生するのが第四段階の「承認欲求」です。

 

承認欲求は「人から尊敬されたい、認められたい」という欲求であり、たとえば「部下から尊敬される上司になりたい、賞を取って人からすごいと言われたい」などとと考えることが挙げられます。

 

近年では動画投稿サイトやSNSが定着したことから、芸能人でない一般の人でも手軽に動画を投稿できるようになりました。これらは、承認欲求を満たすために強い効果を持ちます。

 

しかし、承認欲求を満たすために誤った手段を取ってしまう人が増えていることが近年、問題となっています。

 

再生数を稼ぎたいと思って「自分の下着姿」や「違法行為」をアップロードする若者が増えていることなどはその最たる例です。

 

このように承認欲求が間違った方向を向いてしまうと自分や他者を傷つけることになってしまいます。

 

そのため、承認欲求を満たすことに関しては第三段階まで(生理的欲求〜社会的欲求)の欲求を満たしたうえで、やってよいことなのか悪いことなのか冷静に判断できる状態になってから満たす必要があるといえます。

 

第五段階: 自己実現欲求

 

五段階欲求のピラミッドの最上位に当たるのが「自己実現欲求」です。

 

誰もが、「こんな人になりたい」「こんなキャリアを実現したい」という欲求を持っています。

 

このように、自分がもつ能力や可能性を最大限に発揮したいという欲求のことを自己実現欲求と言います。

 

たとえば、普段会社員として働いているものの、その中で大学に通って人の役に立つために医師を目指したいと思い、実行に移した人がいたとします。

 

現在の「会社員」というステータスよりも「人の役に立てる人になりたい」と考えて行動を起こしている彼は「自己実現欲求を求めて行動している」といえます。

 

マズローの欲求の分類

マズローは欲求を五段階に分類するだけでなく、以下の3種類にも分類をしています。

  • 物質的欲求と精神的欲求
  • 外的欲求と内的欲求
  • 欠乏欲求と成長欲求

 

1つづつ解説をしていきます。

 

物質的欲求と精神的欲求

 

物質的欲求

 

「物質的欲求」とは第一段階である生理的欲求と第二段階である安全欲求のことを言い、これはモノを所有することや使用することで満たされる欲求のことを言います。

 

食料や家など、「生きていくうえで必要最低限のもの」を確保できていないと安心した生活を送ることはできません。

 

この「物質的欲求」を満たしていないと第三段階以降の精神的欲求を満たすことが難しくなります。

 

精神的欲求

 

「精神的欲求」とは、第三段階「社会的欲求」以降の欲求のことを言います。

 

物質的欲求が満たされて安心して生活できる環境が整ったら、今度は「社会に所属して存在を認められることで精神的に満たされたい」と思うようになります。

 

また、社会から認められないと、「人から必要とされている」という承認欲求が満たされず、それが原因でうつ病になってしまう人も非常に増えています。

 

そのため、満足した毎日を送るために精神的欲求を満たすことは重要です。

 

たとえば「仕事で褒められるとやる気が出る」、このように精神的に満たされるのが精神的欲求です。

 

外的欲求と内的欲求

 

外的欲求

 

「外的欲求」とは五段階の欲求のうち、第一段階から第三段階の欲求のことを指します。

 

パートナーや家など、自分の見た目の要素を満たそうとする欲求のことを示しており、ものを手に入れて満たされるものは外的欲求に当てはまります。

 

外的欲求の例にはマンションを買って安全な住居を手に入れることや、好きな人に告白して恋人関係になることが挙げられます。

 

内的欲求

 

「内的欲求」とは五段階の欲求のうち、第四段階・第五段階の欲求のことを示します。

 

外的欲求は、「恋人を作る」や「物を買う」など、自分の内面にあまり関係ない外的要因に関連した欲求なのに対して、内的欲求は人から認められて自分の心を満たすための欲求と言えます。

 

ただし、内的欲求を満たすには外的欲求を満たした前提でないと、実現するのは難しいと言われています。

 

例:
仕事で上司に褒めてもらって満足をすることで仕事をさらに頑張ろうと思う欲求

 

欠乏欲求と成長欲求

 

欠乏欲求

 

「欠乏欲求」とは五段階欲求説の第四段階までの欲求のことを指します。

 

これらの欲求は人と比べて自分に足りていないからこそ、外部から得て満たされたいと思う欲求と言えます。

 

このように、欠乏欲求は発生する要因が外部にあります。

 

例えば、小さい頃に他の人が持っているゲームを「自分も欲しい」と思って買ってもらった経験のある人は多いです。

 

これが欠乏欲求であり、欠乏欲求を満たすことで生きていくうえでの困難に耐えられるようになると言われています。

 

ただし、欠乏欲求を間違った方向に働かせてしまうと、他者に依存してしまうことがあるので注意が必要です。

 

成長欲求

 

「成長欲求」には欲求五段階説の最上位に当たる自己実現欲求が当てはまります。

 

欠乏欲求が満たされると、他者へ施しをしたり、自分を高めたりしたいと考えるでしょう。

 

欠乏欲求は欲しいものが手に入ればそれで完結しますが、成長欲求は限界点が無いため永遠に追い求めることになります。

 

たとえば、生活環境的にも精神的にも満たされている状況だと、さらに自分を高めるために新しいことに挑戦したり、「困っている人を助けたい」と思ったりすることがあるでしょう。

 

これが成長欲求であり、具体例として、「生活が充実している状態で世界平和を願って困っている人を助けに海外にボランティアへ行くこと」などが挙げられます。

 

マズローの「自己超越欲求」とは

マズローの五段階欲求は自分を中心に考えたうえでの欲求です。

 

しかし、自己実現欲求が満たされている状況の場合、さらにその上にある目的の遂行や達成だけを純粋に求める第六段階に当たる「自己超越欲求」の領域に辿りつけます。

 

例えば会社を経営していて、新しい事業に積極的に取り組み、自分が経営している会社をさらに大きくしたいという欲求を持っているとしましょう。

 

このような欲求は自分が成長したいという欲求ではなく、会社を大きくさせたいという「会社」を中心に考えた目標と言えます。

 

このように、自分主体ではなく、自分以外のものを主体に捉えて、それを発展させようとする欲求が「自己超越欲求」に当たります。

 

マズローの欲求五段階説を自己分析に活かす方法

自分がどの段階にいるか、書き出してみる

 

まず、マズローの欲求五段階の中で、「自分の生活状況はどの段階にいるのか」について考えてみましょう。

 

実際に考えるには、第一段階から順番に自分の状況を書き出してみて、手が止まった段階もしくは、満たされていないと思った段階が、自分が今いる段階と言えます。

 

自分がどの欲求を満たしたいのか考える

 

欲求には5つの段階があると今まで解説してきましたが、特に自己分析では自分が今どの段階にいて、どの段階の欲求を満たしたい状況にあるのかを把握できることで、仕事選びなどにも役立てられます。

 

たとえば、毎月の家賃の支払いに困っていて退去直前の状態にあるとします。

 

すると、第二段階の「安全欲求」が満たされていない状況にあることから、これを早急に満たす必要があることがわかります。

 

満たしたい欲求に対して何をすれば良いか考える

 

五段階の欲求のうち、自分が今どの段階におり、どの欲求を満たしたい状況にあるのかを把握することができたら、今度はその欲求を満たすために何をする必要があるのかを考えます。

 

先ほど例に挙げた家賃の支払いに困っており、すぐに家賃を払わないと退去しなければいけない状況にあるならば、今すぐにお金を稼いで家賃を払う必要があります。

 

そのため、すぐに働ける仕事を探さなければいけません。

 

このようにどんな欲求を満たしたいのか考えて、その情報を整理することで、今自分が何をすべきか、どんなことが自分に向いているのかなどがわかります。

 


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年4月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です