プロダクトローンチとは?メリット・デメリットを徹底解説!

ちなみに、この記事を書いている人って、誰?

きっとあなたはそう思われたことでしょう。

初めまして。管理人のふっさんと申します。

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)というビジネスモデルにて、
1人の会社で年商1億円を突破。

〝普通に働く以外の方法〟で稼ぎたいあなたへ。
ぜひ当サイトの色々な記事を読んでみてください。


DRMについて学べ、
個人で稼げる自由な人生への第一歩を踏み出せます。

プロダクトローンチとは何を意味している?

「プロダクトローンチ」という言葉をご存じでしょうか?プロダクトローンチとは、日本語に直訳すると「商品展開」や「商品の売出し」などの意味がありますが、一言でいうと「爆発的な効果を出せるセールスメソッド」のことを言います。

 

プロダクトローンチは、その効果の強さから、現在、あらゆる商品やサービスで使われています。もともとは北米で生み出されたメソッドですが、現在では日本に広まっていることはもちろん、世界中で使われている、強力なセールスメソッドです。

 

そんなプロダクトローンチを活用することで、爆発的な売上を立て、莫大な資産を生み出すこともできるようになります。

 

プロダクトローンチのセールスと従来のセールスの違い

従来のセールスレターは縦長

プロダクトローンチと従来のセールスの大きな違いの一つとして、「セールスレターの違い」が挙げられます。

 

従来のセールスレターは、「縦長のセールスレター」と呼ばれています。

 

情報商材や某日系大手ネット通販サイトのランディングページをよく見る人には馴染みがあるかと思いますが、言葉通り、「縦に長い」ため、このように呼ばれることが多いです。

 

そんな縦長のセールスレターは情報量の多さなどがメリットとしてありますが、その一方、デメリットとして、一人の読者に対して一度限りのアプローチしかできない点、離脱率が非常に高い点などが挙げられます。

 

プロダクトローンチのセールスレターは横長

従来のセールスレターが「縦長」であることに対し、プロダクトローンチのセールスレターは「横長」であると言われています。

 

縦長のセールスレターと比較して、横長のセールスレターの場合、メールマガジンなどを活用することによって、少しずつ時間をかけて情報を小出しに発信をすることができます。

 

縦長のセールスレターでは一枚のランディングページて一回の訴求しかできませんでしたが、横長のセールスレターでは、期間を掛けて徐々に読者の反応率を高め、顧客として囲い込むことができます。

 

プロダクトローンチのメリット

爆発的な売上を上げることができる

プロダクトローンチのメリットとして、爆発的な売上を立てることができる、ということが挙げられます。

 

プロダクトローンチで販売されている商品は高額なものが多く、数万円~数十万円の商品を扱っていることは少なくありません。

 

逆に言えば、プロダクトローンチのメソッドを活用することで、そのような高額な商品も販売できるようになるということができます。

 

その理由として、プロダクトローンチでは実際に商品を販売するまでに見込み客をしっかりと教育することで、通常のセールスよりも何倍も成約率を高めることができることが挙げられます。

 

他人の商品をプロデュースして稼げる

プロダクトローンチのメリットとして、自分の商品を持っていなくても、他人の商品をプロデュースすることによって稼ぐことができることが挙げられます。

 

他人の商品を販売することで、もちろん商品の製作者にマージンは抜かれてしまうという懸念点はありますが、それ以上に自分の商品を制作・準備する必要がないため、より手軽にプロダクトローンチのセールスを実践することができます。

 

実際、他人の商品を利用したプロダクトローンチで莫大な利益を生み出している人は少なくありません。

 

また、まずは他人の商品のセールスから始めることで、その売上をもとに自分の商品を作ることができるようにもなります。

 

プロダクトローンチのデメリット

大きな費用がかかる手法である

プロダクトローンチのデメリットとして、高額な費用が掛かってしまうということが挙げられます。

 

プロダクトローンチを行う上で、集客の段階で広告費用が大きく掛かってしまう事を避けることは難しいと言えます。

 

なぜなら、プロダクトローンチのセールスを行うためには短期間に一気にリストを集めることは必要で、そのためには広告を出すことが必要不可欠であるからです。

 

広告やオプトインアフィリエイトなどによって集客を行うと、非常に大きなお金が掛かってしまいます。

 

集客の規模にもよりますが、リスト集めをする段階で百万円以上の費用が掛かってしまう場合もあります。

 

そのため、プロダクトローンチをこれから行おうと考えている方は、初期費用がある程度掛かってしまうことを覚悟する必要があります。

 

施策実施時は非常に忙しくなる

プロダクトローンチを実際に行う際には、非常に忙しくなることも覚悟する必要があります。

 

その理由として、プロダクトローンチを行う上では多大なステップを用意する必要があり、一つ一つの準備を行うのに膨大な時間がかかるからです。

 

また、プロダクトローンチを実践していくうちに、顧客からを反応を分析し、セールスの方法やランディングページのマイクロコピーの文言を調整、改善する必要なども出てきます。

 

少しでも売上を高めるためには、このような、細かな改善を欠かすことはできません。このように実践期間には多大な手間がかかり、寝る間を惜しんで作業をしなければいけない期間が出てくる場合も少なくありません。

 

ただし、そうした地道な努力を行うことによって、結果として莫大な利益を生み出すことができるようになります。

 

売上は継続的でなく一過性になることが多い

プロダクトローンチの特徴として、短期的に爆発的な売上を立てることができることが挙げられますが、一方で継続性に関しては乏しく、一過性のセールスになってしまう場合が少なくありません。

 

なぜなら、プロダクトローンチは、短期的にリストに対し、一気にセールスを行う手法であるからです。

 

プロダクトローンチは短期的な売上を立てるためには優れた手法ですが、長期的に売上を出し続けることに関しては向いていない手法といえます。

 

このデメリットを改善したセールスメソッドとして、「エバーグリーンローンチ」があります。

 

エバーグリーンローンチでは、プロダクトローンチ同様のセールスを長期間にわたり、自動的かつ継続的に行うことができます。

 

エバーグリーンローンチの詳細に関しては、

「エバーグリーンローンチとは?プロダクトローンチとの違いを解説」

をお読みください。

 

プロダクトローンチの流れ

見込み客のリストを一気に集める

プロダクトローンチの最初のステップとしては、見込み客のリストを一気に集めることからはじまります。

 

プロダクトローンチのセールスを行う上で、見込み客がいないことには、売上を立てることができません。

 

少しでも大きな結果を出すためには、できるだけたくさんの見込み客を集める必要があります。

 

見込み客を集めるためには様々な方法がありますが、効果的な手段の一つとして、ウェブサイトを立ち上げることが挙げられます。

 

ウェブサイトを立ち上げ、見込み客の興味関心を引く内容の発信を行い、SEOや広告などで集客をするとよいでしょう。そこからメールマガジンの登録を促すことで、効果的に見込み客を集めることができます。

 

価値を小出しに提供することで信頼を集める

見込み客を集め、メールマガジンに登録してもらうことができたら、メールマガジンにて情報を小出しにして提供しましょう。

 

時間を掛けて有益な情報を発信することで、しっかりと信頼を集めることができます。

 

また、売りたい商品に関する、質の高い情報や役に立つ情報を少しずつ配信することで、読者はその商品に対して興味を持ったり、高い反応率を狙うことができます。

 

小出しの発信を頻繁に行うことによって、読者にとってメルマガや商品に単純接触効果が生まれ、より信頼感を高めることができます。

 

商品の販売を行い爆発的な売り上げを立てる

ここまでの段階で、見込み客に対して商品に対する信頼を集めることができたら、いよいよ実際に商品の販売を行いましょう。

 

前段階の情報提供のステップで多くの見込み客に対し効果的な教育をすることができれば、商品販売の際に莫大な売上を立てることができるようになります。

 

プロダクトローンチでは、従来のセールスよりも商品に対する理解のある見込み客のリストに対して商品を販売できること、またリストをしっかりと囲っていることを理由として、検索結果などに左右されることもなく、大きな売上を立てることができるようになります。

 

商品販売後も継続して充実したフォローを行う

実際に商品を販売し、大きな売り上げを出すことができたら、その後も継続して充実したフォローをしましょう。そうすることで、信頼感の継続やさらなる売上に繋げることができるようになります。

 

購入者に対してのフォローを行うことは非常に重要であるといえます。

 

しっかりとアフターフォローを行うことで、商品に対する満足度をより高め、返金を求めてくる購入者の減少や、次回のセールスの際にも購入をしてくれる見込み客を作ることなどができます。

 

プロダクトローンチの有名な事例

iPhoneの販売

プロダクトローンチの有名な事例として、アップル社が販売するスマートフォンの「iPhone」が挙げられます。新しいモデルのiPhoneが販売されるまでには、販売前の数カ月前から、リーク情報が広まることが多く、それによって、ユーザーや各メディアなどは徐々にそれらの情報を知ることになります。

 

このリーク情報は、実はAppleの意図するものである場合が多いです。

 

結果としてiPhoneユーザーばかりでなく多くの人に対して話題や噂などが広まっていき、最終的にiPhoneを世界中の人々に対して一気に販売することができます。

 

映画業界の宣伝

映画の宣伝などにもプロダクトローンチの手法がよく使われています。

 

特に大作映画や大きな収益が見込まれそうな映画作品の場合、プロダクトローンチの手法が取り入れられることが多いです。

 

映画の情報を少しずつ小出しにすることで、オープン初日から多くの集客をすることができるようになります。

 

番宣などを活用しつつ、徐々に俳優やストーリーの内容などをオープンすることで、少しずつ映画についての情報を刷り込んでいきます。

 

ゲームの販売

ゲーム業界でもプロダクトローンチの手法がよく使われています。

 

有名な事例としては、ドラゴンクエストの発表でプロダクトローンチがよく使われていることが挙げられます。

 

ドラゴンクエストは昔から続編がどんどん発表されており、そのたびに、CMやテレビ、雑誌などを活用して小出しに情報が展開されることが多いです。

 

また、徐々にゲームのデモ画面やオープニングムービーなどがオープンされて行き、発売日までユーザーの心理トリガーを大きく揺さぶり、結果として大きな売上に貢献することができます。

 

プロダクトローンチのメリットを克服した「エバーグリーンローンチ」とは

今回はプロダクトローンチについてさまざま紹介していきましたが、プロダクトローンチのデメリットを克服したネット商法の集客メソッドとして「エバーグリーンローンチ」というものがあります。

 

エバーグリーンローンチとは、プロダクトローンチのデメリットを克服し、自動化ができるメソッドとなります。

 

エバーグリーンローンチの詳細を知りたい方は、

「エバーグリーンローンチとは?プロダクトローンチとの違いを解説」

をお読みください。

 


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年8月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です