ステップメールとは?なぜ売上を何十倍にも伸ばせるのかわかる!

「ステップメールって一体どういうものなんだろう?」
「ステップメールを使うとセールスからアフターフォローまで自動化できるってどういうこと?」
「ステップメールを使うことのメリットってなに?」

あなたは今、そんなことを考えていませんか?

ステップメールは売上を10倍にも100倍にもさせる力を秘めている、非常に強力なツールではありますが、正しく理解しておかないと、本来の力の1%も引き出せないかもしれません。

そこで、この記事ではステップメールがそもそもどういったものなのか、ということやステップメールがなぜ売上を伸ばすにあたって強力なのか、といったことを解説します。

この記事があなたのお役に立ちましたら幸いです。

ちなみに、この記事を書いている人って、誰?

きっとあなたはそう思われたことでしょう。

初めまして。管理人のふっさんと申します。

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)というビジネスモデルにて、
1人の会社で年商1億円を突破。

〝普通に働く以外の方法〟で稼ぎたいあなたへ。
ぜひ当サイトの色々な記事を読んでみてください。


DRMについて学べ、
個人で稼げる自由な人生への第一歩を踏み出せます。

ステップメールとは?

ステップメールはメールマーケティング手法の1つで、予め設定しておくと決まったメッセージを決まったタイミングで自動的に配信することができます。

無料会員登録や商品の購入など、アクションを起こした顧客に対して事前に用意したメールを送信します。

登録した顧客に登録後2週間毎日メールを19時に送信してくれるなど、事前に準備したスケジュールに従って、まるでそれぞれのユーザーに個別に対応をしているかのようなのように、自動的に特別感のある対応を行うことができます。

ステップメールを使うと一体どんなメリットがあるの?

ステップメールを使うことで得られるメリットを理解しておくと、より効果的にステップメールを活用できます。
ステップメールを使うことで得られる4つのメリットについて見ていきましょう。

一度作ってしまえばあとは自動で動き続ける

ステップメールは一度作り込んでしまえば後は自動で動き続けます。

最初にメールの内容を作成する時には時間がかかってしまいますが、一度作ってしまえばあとは数多くの人たちに自動的にメールでアプローチできます。
パソコンの前で毎日毎日作業する必要がありません。

例えば通販サイトなどで商品を購入すると、注文完了と同時にお礼メールが届きますよね。
このお礼メールも顧客へのアプローチを自動化したステップメールなのです。

ステップメールを導入すると、注文完了後のお礼メールや商品発送完了の連絡メール、商品到着の確認メール、その後のフォローメールなど全てのメールの送信を全て自動化できます。

手作業でメールを送信する場合、顧客ごとに送信できていないメールがあったり、同じメールを送信してしまったりという失敗が起きてしまう可能性があります。
しかしステップメールを導入した場合、顧客1人ひとりに対してのメールの送信状況を確認する手間を省くこともできます。

手間が減る分、時間を確保でき、顧客によりよいサービスを提供できるようになるのです。

読者ごとの登録のタイミングによらずこちらの想定した流れでメッセージを送れる

ステップメールを利用すると、読者がいつ登録しても、あらかじめこちらの想定した決まった順番でメッセージを送信できます。

一般的なメルマガの場合、途中から登録した人は最初からメッセージを受信することができません。
流れの途中からいきなり話が始まってしまうので、効果的なアプローチができないのです。

しかしステップメールは一般的なメルマガと異なり、顧客が求める情報を適切なタイミングで送信できます。
自分が想定した順番で1から10までメッセージを送ることができるのです。

読者ごとに送るメッセージと売る商品を変えられる

読者ごとに送るメッセージと売る商品を変えられるのもステップメールの魅力の1つです。
顧客の条件に合わせて最適なメッセージを自動で送信できるので、効率よく売上を最大化できます。

例えば商品を買ってくれた人の場合は追加サービスの紹介のメッセージを送信し、商品を買わなかった人の場合は、より安い価格の商品を紹介するなど、顧客のアクションに合わせて送信するステップメールの内容を自動で切り替えることができます。

商品を購入したばかりの人に対して同じ商品を勧めても購入してもらえる可能性は低いですよね。
ステップメールであれば顧客の起こすアクションに合わせて最適なメッセージを送信できるので、より効率よく目的を達成できます。

また商品を購入してもらった後にも顧客に最適なメッセージを送信できるので、購入後も顧客から好感を持ってもらうことができ、顧客がリピーターとなってくれる可能性を高められます。

高額商品の成約に繋げられる

商品を販売するときは、iPhoneのように誰でも知っている商品でもない限り、初めて商品を目にした人に対して商品のいい部分をアピールする必要があります。

そこでステップメールを上手く活用すると、見込み客に対して日数を置いてステップメールで有益な情報を提供することで、高額商品の成約に繋げることができるのです。

即決するには迷うくらい高額な商品であっても、読者は毎日メールが送られてくることで、信頼できると感じます。
(このように何度も繰り返し接触することで好感度や評価が高まる現象を、ザイオンス効果と言います。)

またステップメールを使うと、サイトで商品の購入を促すよりも時間をかけて読者の価値観を変える教育が行えます。
毎日、こちらの出す情報に触れることで、読者の商品に対する購買意欲も高まっていくのです。

高い金額の商品でも売れるのは、ステップメールが持つメリットの1つです。

この、ステップメールを使った『教育』については以下の記事で詳しく解説していますので、読んでみてください。

DRM×ステップメールの「教育」で成約率は軽く10倍になる話

ステップメールは何を使えばできるの?

ステップメールについて理解が深まったところで、では実際にステップメールはどうすれば始めることができるのでしょうか?

ステップメールを構築するには『メルマガ配信スタンド』というものを使います。

メルマガ配信スタンドとしては、エキスパやマイスピーが有名です。

ちなみに、最近ではメールだけでなく、LINE公式アカウントを使ってステップメールを配信する手法を使っている人も増えてきました。
LINE公式アカウントを使う場合はエキスパかLステップというツールが有名です。

それぞれのサービスについて順番に見ていきましょう。

エキスパ


エキスパの公式サイトへ行く>>

エキスパは使いやすい操作性とわかりやすい管理画面が魅力的なステップメールサービスです。
ダウンロード販売や郵送販売にも対応しています。

LINE@やSMSと連携できるのも便利です。

マイスピー


マイスピーの公式サイトへ行く>>

マイスピーを利用すると、配信シナリオやメール作成数が無制限でステップメールを導入できます。
プランごとに月額利用料金が異なり、最も安いビギナープランでは3,300円で利用可能です。

最も高額なマッハプラン以外のプランは、初期費用は0円で利用できます。

クレジットカード決済連動機能も付いているので、商品の販売から顧客の管理までの一連の流れをマイスピー1つで行えます。

Lステップ


Lステップの公式サイトへ行く>>

LステップはLINE公式アカウントに特化した配信スタンドです。
LINE@にはプッシュ通知が付いているので、メールよりも高い開封率を誇っています。

今の時代はメールよりかもLINEを見る人のほうが圧倒的に多いので、ステップメールをLINE公式アカウントで構築するという選択肢も考えておくと良いでしょう。

上記の有料のメルマガ配信スタンドのほかに、無料で使える配信スタンドも存在します。
無料で使えるものだとどうしても機能は劣ってしまいますが、ステップメールがどういうものか理解するためにお試しで使ってみるのはよいでしょう。

こちらの記事では無料で使える配信スタンドを紹介していますので、読んでみてください。

無料で利用できるステップメール配信サービス3種類を紹介!無料版と有料版の違いは?

ステップメールまとめ


ステップメールを使うと効率よく顧客に商品をアピールできます。
そして、一度メールの内容を作成してしまえば、新しいメールを作成するまでは時間や手間がかからず、放置で大丈夫です。

余った時間を新規顧客への営業や新たな商品開発に活用することで、より効率よく仕事ができるようにもなるでしょう。

ステップメールを上手く活用して、あなたも商品の売上を上げてみてください。


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年8月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です