貧乏人は物が多いって本当?貧乏人は物が多い3つの理由を徹底解説!

貧乏人はものが多いって本当?

なかなかお金のたまらない、いわゆる「貧乏人」は、「家に物が多い」という特徴があります。

 

どうして貧乏人は家に物が多くなってしまうかというと、不要なものを購入してしまったり物を燃やしてもなかなか「捨てる」という決断をすることができないからです。

 

その結果、部屋が物で溢れてしまいます。

 

一方、裕福な人は、必要な物と必要でない物をしっかり整理し、部屋がきれいに片付いている傾向があります。

 

物に対する考え方が明確であり整理に関して積極的な姿勢があるためです。

 

物の整理ができる人は、結果的に収入と支出のコントロールができることにもつながっています。

 

お金がなくて悩んでいる人は、お金回りのコントロールができないというよりも、コントロールをしようとする意欲自体が欠けている可能性があります。

 

これを改善するためには、貧しさから抜け出す意欲とともに、裕福な人の生活習慣を真似することも大切です。

 

部屋がきれいという裕福な人の体質を理解し、物を処分して減らすことにより、お金がたまる体質を身につけていくことが必要です。

 

物が多いと貧乏人になってしまう理由

意識しないで不要なものを買ってしまう

ものが多い人がお金が貯まらない理由として、「必要のないものまで購入してしまうこと」が挙げられます。本当に必要なものにだけ焦点を当てることで、不要なものを購入する機会はぐんと減ることでしょう。

 

気に入ればためらわずに購入してしまうことが、結果的にお金が不足する状況を生んでいます。収入が増えない状態であれば、支出だけがどんどんとかさみ、結果的に貧乏な生活が訪れます。

 

この悪い状況を改善するためには、必要でない物はできるだけ買わないように心がけることが大切です。

 

また、物を購入する場合は、「これが本当に必要なのかどうか」を自問自答することも効果的です。

 

浪費は癖になる傾向があります。

 

最初はささいな浪費であっても、繰り返し行うことで癖になり、浪費体質になってしまう危険性があります。

 

余計なことに時間が取られてしまう

物が多い人は、少ない人に比べ余計なことに時間が取られてしまう傾向にあります。

 

例えば、自分の部屋に物が多く散らかっていると、掃除をしたい時にその散らかった物の片付けに時間を費やしてしまいます。

 

物が少なければ短時間で片付けが終わるものの、ものが多いことで必要以上の時間がかかってしまいます。

 

時間の無駄がそれぞれ小さなものであっても、その無駄の積み重ねによって、物が整理されている人とそうでない人には大きな仕事効率の差や生活の質の差が生まれてきます。

 

また、余計な物でスペースを取られることにより、せっかくの安心できる自宅での時間が落ち着かないものになってしまう場合があります。

 

自宅でリラックスできなければ、休息という貴重な時間が損なわれてしまいます。

 

物が多いことは、無駄な時間が多くなることにつながります。

 

1日の時間は全ての人にとって平等であり、時間の使い方が悪い人は活動時間にも影響を与え、貧しさを引き寄せている原因になっています。

 

運気が下がる

 

部屋が汚いことは運気が下がることにもつながります。

 

人間には気分の浮き沈みがあり、気分のいい時は物事が順調に進むことが多いです。

 

気持ちが前向きであれば、心身が元気になり、タイミングよく効率的に物事をこなしていく気力が生まれます。

 

物が多いということは、部屋が散らかっている可能性が高いということです。散らかっている部屋では気分が重くなるように、運気も下がります。

 

マイナスの運気は金運にも影響を与え、必要なお金が自分に回ってこない状況を作り出す可能性があります。

 

運気の低下はお金が逃げていく状況を作るため、改善には運気を上げる必要があります。

 

ストレス発散のために物を購入してしまう

現代社会では、誰もが少なからずストレスを抱えています。

ものを溜め込む癖のある人は、ストレスを発散するために、ついいらないものまで購入してしまう傾向にあります。

 

購入した時はストレスが解消している気分になるため、これが癖になるとストレス解消の方法が物の購入になってしまいます。

 

その結果不要なものが部屋に溜まっていき、不要なものにお金を使ってしまうため、貧しい生活から抜け出すことができなくなってしまいます。

 

持ち物を減らして貧乏人から抜け出すための方法

お金がたまる体質にするためには、身の回りの不必要なものを整理する習慣が大切です。

 

部屋が片付かない人は「いつか使うかもしれない」と思ってしまい、なかなか物を捨てることができません。しかしそのようなものはこの先使う機会が訪れないことが大半です。

 

物を捨てられない貧乏人は物を捨てることで後悔することを恐れる傾向にありますが、貧乏人から抜け出したいのであればこの考え方は変える必要があります。

 

これからは物を捨てるのに迷った場合は「捨てる」選択を取るようにしましょう。

 

その結果、部屋の中に不要なものを溜め込まなくなります。それだけでなく、物を新しく購入する時にも「本当に必要であるか」をよく考えることで、部屋が物で溢れかえることがなくなります。

 

もので溢れかえっていない、整頓された部屋で生活をすることで、結果的に金運も上昇し、思考も整理され、貧乏人から抜け出す第一歩へとつながります。

 

[内部リンク:持ち物を減らす]

【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年4月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です