自由になりたい人は何をすればいい?

ちなみに、この記事を書いている人って、誰?

きっとあなたはそう思われたことでしょう。

初めまして。管理人のふっさんと申します。

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)というビジネスモデルにて、
1人の会社で年商1億円を突破。

〝普通に働く以外の方法〟で稼ぎたいあなたへ。
ぜひ当サイトの色々な記事を読んでみてください。


DRMについて学べ、
個人で稼げる自由な人生への第一歩を踏み出せます。

自由になりたい人のよくある理由

毎日の通勤が辛い

自由になりたいと考えている人が抱える理由としてよくあるものとして、毎日の通勤が辛いというものが挙げられます。

近年こそテレワークやリモートワークという働き方が出てきましたが、いまだに大半の会社員にとっては毎日会社へ通勤することが必要不可欠であり、通勤から開放されたいと考えている人は少なくありません。

特に都心部では、毎日満員電車に乗って移動しなければならない人も多く、通勤をすることに苦痛を感じている人は非常に多いと言っても過言ではないでしょう。

苦しい思いをして通勤した先には、会社での長時間労働が待っているため、通勤中に憂鬱な気分を抱えてしまう人が多いことは理解に困ることではありません。そのため、多くの人は、通勤から解放されればより自由になれて良いのではないかと考えています。

会社の拘束時間が長い

残業が長いことをはじめ会社での拘束時間が長い人は、自由に使える時間がなかなか確保できないために自由になって好きなことをしたいと考えることが多いです。

自分の好きなことをする時間が取れないと働くことが苦痛になってしまい、「早く会社を辞めて自由な時間を手に入れたい」と考えるようになります。

ただ働くだけの毎日の生活を送っていると、生活にメリハリがなくなってしまうため、精神的な負担も大きくなり、自由になりたいと強く思うようになります。

お金の余裕がない

自由になりたいと考える理由のとして、自分で自由に使うことのできるお金の余裕がないためになかなか自分の思ったような生活を送ることができない、ということもよく挙げられます。

特にお金のやりくりで困っている人ほど、「自分の好きなものを買えるくらいお金が欲しい」「お金のやりくりに頭を悩ませなくて良いようになりたい」と考えている傾向にあります。常にお金のことで悩んでいると強いストレスを感じてしまうこともあり、お金の悩みから解放されたいと考えている人は少なくありません。

特に毎月の支払いに追われているようなお金に切羽詰まっている人は、より強く自由になりたいと望んでいる傾向があります。

自由になりたい人が思い描いている「自由」とは


一言に「自由」と言っても、人が求めている自由には、実際にはさまざまな種類のものがあります。ここではその中でも代表的な3種類の自由について考えていきます。自由になりたい人は具体的にどのようなことを求めているのかについて、事例を見ていきましょう。

経済的な自由: 自分の好きなものにお金を使えること

経済的な自由とは、必要最低限の日常生活を送る上で必要なお金を満たしていて、なおかつ自分で自由に大きく使えるお金が多くある状態のことを言います。

経済的な自由があれば自分が欲しいと思ったもの、やりたいと思ったことに対して好きなようにお金を使うことができるため、結果的に生活を豊かにすることができます。

また経済的な自由を手に入れることで、お金のやりくりについての悩みからも解放されることができます。お金を自由に使えるということは、その分だけ「どのような生き方をするか」というような人生の選択肢が広がることにつながります。

時間的な自由: 好きなときに好きなことができること

時間的な自由とは、自分の好きなタイミングで自分がやりたいと思ったことを実行することができる状態にあることを言います。時間的な自由があれば、長期的な旅行などを思うがままに楽しむことができます。

仕事量が多く会社に拘束される時間が長いほど、時間的な自由は失われることになります。時間的な自由があれば、何かやりたいことが思い立ったらすぐに行動することができるため「時間がなくてやりたいことができずにストレスがたまる」といったことがなくなります。

また時間的な自由があれば休息を自由に取ることができるため、より余裕を持った日常生活を送ることができるようになります。

空間的な自由: 周りの人や環境に生活を縛られていないこと

空間的な自由とは、自分が居たくない場所にいなければいけない状況や、自分の関わりたくない人と一緒にいなければいけないような状況から開放されていることを指します。

空間的な自由があることで、ストレスを感じることなく、精神的に安定した生活を送ることができます。ストレスになるものをなくした「自分にとって最適な環境」を作ることで、いつでもリラックスした状態を保つことができ、結果的に仕事やプライベートがうまくいくようになることが多いです。

自由になりたい人が行うべきこと

自分の求める自由とは何か、よく考えること

自由になりたいと考える人は少なくありませんが、そもそも自分の求める「自由」とは一体何なのか、それをしっかりと理解できていない人がいます。

自分にとっての理想である自由の姿についてを具体的に描けていないと、それを成し遂げるのは必然的に難しくなってしまいます。まずは自分がどのような自由を手に入れたいのかをよく考えることが必要です。

自由になりたいと感じたときは、より具体的に「自分がどんな生き方をしたいのか?」「そのためには何が必要か?」についてを一度よく考えてみましょう。

学習に取り組むこと

自由になりたいと感じても、実際に自由を手に入れることは簡単ではありません。自由になるためには、そのための努力をすることが必要となります。

自分が望む自由を手に入れるためには何が必要で、そのためには何の技術や知識が必要であるか、などを逆算しながら目標へ向かって努力することが求められます。

ただ単に「自由になりたい」と思っているだけではいつまでもその自由を手に入れることはできません。自由になりたいという気持ちができたらすぐにでも努力を始めましょう。

環境を変えること

自由になるためには、自分の努力だけではなく、環境そのものを変える必要がある場合があります。今の環境のままで自由が手に入れることが難しそうであれば、環境を変えることを検討するべきです。

たとえば現在勤めている会社では拘束時間が長く、時間的な自由が手に入りそうもないという場合であれば、思い切って転職して労働環境を変える必要があると言えるでしょう。環境要因で自由を手に入れることができないと感じている場合、自分に合った環境を自分自身で見つける必要があります。

自由になりたいと考える人の多くは、遊んで暮らすことに憧れを持っていることでしょう。遊んで暮らしたい方は、こちらの記事「遊んで暮らすためにはどうすればいい?その方法を紹介!」もぜひお読みください。


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年8月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です