個人で稼ぐ時代に適応した稼ぎ方や思考法を徹底解説!

ちなみに、この記事を書いている人って、誰?

きっとあなたはそう思われたことでしょう。

初めまして。管理人のふっさんと申します。

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)というビジネスモデルにて、
1人の会社で年商1億円を突破。

〝普通に働く以外の方法〟で稼ぎたいあなたへ。
ぜひ当サイトの色々な記事を読んでみてください。


DRMについて学べ、
個人で稼げる自由な人生への第一歩を踏み出せます。

個人で稼ぐ時代はもう始まっている

これまではお金を稼ぐ手段として、特定の会社に所属をしながら給料もらうサラリーマンとしての働き方が一般的でした。

 

しかし収入を得る手段が多様化した現在ではそうした状況も徐々に変わってきています。特に最近になって、個人でお金を稼いでいる人が増えてきています。

 

また近年はYouTubeやブログを通じた情報発信など、インターネットの普及を背景として個人がお金を稼ぐためのプラットフォームが整備されてきています。

 

具体的に言うとはプログラミングの仕事や転売やアフィリエイトなどの様々な手段を駆使しながら、月に100万円や200万円を稼ぐ人も増えており、中には個人で月収1,000万円以上を稼いでる人もいます。

 

会社員の終身雇用が当たり前だった時代は過去のものとなった今、個人で稼ぐ力はこれからの時代を生き抜くためにも必要なスキルとなります。

 

個人で稼ぐ時代に適応した稼ぎ方

YouTube発信

個人が会社に頼らず自分の力でお金を稼ぐ時代を最もよく象徴している例として、YouTuberが挙げられます。

 

YouTuberは動画の再生回数に応じた広告収入を稼ぐことのできる職業です。

 

YouTubeで稼ぐという手段は、ここ10年ほどの間で急速に市民権を獲得するようになった新しい稼ぎ方の一つです。

 

今や子供の「将来なりたい職業ランキング」の第1位にもランクインするほどメジャーな存在となっているYouTuberですが、そんなYouTuberの中には、億単位の年収を稼ぎ出している人も珍しくありません。

 

全世界の人々が視聴者となるYouTubeの市場規模は極めて大きいだけに、しっかりとしたマーケティング戦略に基づいてこの巨大な市場に参入することで、青天井の収入を実現することも不可能ではありません。

 

既存の有名YouTuberが覇権を握る中、彼らを差し置いて上位に食い込む事はそう簡単なことではありませんが、これから新しく参入をする人でも、一定のポジションを取ることができれば十分に稼げる可能性があります。

 

ブログ発信

個人で稼ぐ方法として、YouTube発信と並んで市民権を得ている手段として、ブログ発信があげられます。

 

いわゆるブロガーと呼ばれる人たちはかつては有名人に多かったですが、現在では、全くの一般人がブロガーとして有名になった例も多く見られます。

 

趣味としてブログを運営するだけではなく、収益を上げ生計を立てることを目的とした情報発信を行っている人は少なくありません。

 

ブログ発信の主な収益源は、ユーチューバーと同じく広告収入となります。代表的な広告の例として、ブログ訪問者の属性に合わせた広告が自動的に掲載されるグーグルの「アドセンス広告」があります。

 

またそれ以外にも、レビュー記事などと合わせて特定の商品の広告を掲載し、読者がその商品やサービスの購入や申し込みをすると成果が発生する、「成果報酬型広告」というものもあります。

 

ブログ発信で成果を出し稼ぐためには、読者のニーズを正確に把握し、それに応えられる記事を書く必要があります。

 

プログラミング

会社員時代にエンジニアやプログラマーとして働いていた人であれば、個人でアプリ開発やシステム開発、Web開発などの仕事を受注して稼ぐという選択肢もあります。

 

エンジニアの経験がない人でも、プログラミングスクールを受講したり、書籍や教材で独学してスキルを習得することで、同じように開発の仕事を受けることができます。

 

近年はエンジニア不足が問題視されています。その結果、フリーランスにも仕事を外注する企業が増えている、ということもあり、プログラミングのスキルがあれば、そのような企業のニーズに応えることができます。

 

またクラウドソーシングの募集に関しても、プログラミングの案件は全般的に高単価のものが多く、高収入を稼ぎたいのであれば、プログラミングは有効な手段の一つであると言えるでしょう。

 

とはいえ、ただ単にプログラミングのスキルを持っているだけでは個人で稼いでいくためには難しく、企業と交渉し、案件を獲得するための営業力も必要となります。

 

ライティング

ライティングに関しては、プログラミングのように特別なスキルは必要ではありませんが、個人で稼いでいく手段として実は有効なものの一つとなります。

 

特にライティング案件に関してはクラウドソーシングの案件も非常に多く、子育てをしている主婦の方でも在宅で大きく稼いでいる事例も少なくありません。

 

またライティングは低単価な仕事だと思われがちですが、実績を重ねていくことで文字単価をどんどんあげることができます。

 

人によっては文字単価が3円や4円、また10円を超える人もいます。このように文字単価を上げることで、大きく稼ぐことも不可能ではありません。

 

個人で稼いだ経験がなく、またプログラミングも分からないという方はまずはライティング案件から試してみるのは良い手段であるといえるでしょう。

 

せどり

商品の購入代金と販売代金の差額で稼ぐせどりに関しても、個人が稼ぐ方法の一つとして挙げられます。

 

せどりの「仕入れと販売がセットになったビジネスモデルである」という点に関しては、企業が手掛ける小売や卸売などの事業と共通する部分があるといえます。

 

個人の力では大々的な仕入れと販売網を駆使したビジネスを展開することには限界がありますが、商品一点から始めることのできるせどりであれば、個人でも気軽に始めることができます。

 

せどりを行う商品の仕入先としては、実店舗だけでなく、ネットオークションやフリマサイト通販サイトなどが利用されます。また海外から安く輸入した商品を国内で販売することで、高い収益性を見込むこともできます。

 

個人が稼ぐ手段の中でも転売は特に小売業にも通じるビジネスであるだけに、効率的に稼ぐためのノウハウも多く存在します。稼ぐための知識を学んでしっかりと身につけた上でせどりに取り組むことで、短期間の間に高収益を稼ぐことも夢ではないでしょう。

 

情報商材

様々なノウハウを教材として販売をすることで対価を得る情報商材は、個人が稼ぐ手段の中でも上級者向けの方法として知られています。

 

この分野でも資格講座や書籍などの形でノウハウ販売するビジネスモデルは古くから存在しましたが、従来の販売方法では企業の力を借りる必要がありました。

 

しかしインターネットを使って容易に情報発信ができるようになった現代では、個人でも情報商材を自分で作り販売することができます。

 

また最近では情報商材を作り、有料販売のできるプラットフォームもあるため、それらを活用すればより気軽に情報商材の販売ができます。

 

人気のある情報商材の中で特に多いジャンルとして、お金の稼ぎ方やビジネスのノウハウ、恋愛ノウハウなどのジャンルがあります。

 

電子媒体として配布される情報商材は、「一度作れば多くの人に販売できること」や転売などと違い「仕入れのコストがかからないこと」がメリットとして挙げられます。

 

個人で稼ぐ時代に適応した思考法

どのような仕組みで個人がお金を稼げるかを考える

個人で稼ぐためには、どの手段を選ぶにしても収入がどのように得られるのか、その「仕組み」を理解する必要があります。

 

企業が安定して収益を上げ、社員に給料を払い続けられるのも、事業を通じてお金を稼ぐ仕組みを経営者が熟知しているからに他なりません。

 

取り組もうとするビジネスモデルにおいて、収益を得る仕組みを知っていなければお金を稼ぐことはできません。

 

あらゆるビジネスモデルにおいて、昇龍には上流から下流まであり、一般的に、上流に位置すればするほど効率的に大きなお金を稼ぎやすくなります。

 

また個人で稼ぐ場合には、自分を安売りせず、報酬の相場をしっかりと把握しておくことが大切になります。

 

個人で稼ぐためには社会のニーズを満たす必要がある

どのようなビジネスモデルを選択するにしても、世の中に存在する需要に応えられるような仕事でなければ、個人で稼ぎ続けることは難しくなります。

 

どれほど高いスキルを持っていても、市場のニーズに応えることができなければ、1円も稼ぐ事はできないこともあります。

 

個人が自分自身で稼いでいくためには、社会的なニーズがあり、稼ぐ仕組みが整っている市場をうまく活用することが大切です。

 

社会的なニーズのある市場には企業も着目をしているだけに、個人でも活躍できるほどの多くのお金が動いています。

 

特に、YouTubeやブログと親和性の高い広告代理店やASPに関しては、あらゆる企業の広告費が集中しているため、個人にとっても稼ぎやすい市場といえるでしょう。

 

稼ぐために、「嫌じゃないこと」はなにか考える

個人で稼ぐためには嫌じゃないことを稼ぐ手段として選ぶことも大切な要素となります。

 

どれだけお金の稼ぐことができて社会のニーズも満たせるビジネスモデルであったとしても、自分の嫌な仕事であれば、なかなか長続きすることはできません。

 

自分の好きな分野や得意な分野に関わりお金を稼げることが理想的ではありますが、現実としてその限りではありません。

 

そこで、たとえ自分の好きな分野や得意分野ではなくても、自分にとって嫌ではない仕事を選ぶことで、その仕事を長続きさせることができるでしょう。

 

また、当初は好きだったり得意ではないことかもしれませんが、その仕事を続けているうちに好きになったり得意になったりすることもよくあります。

 

まずは数多くあるビジネスの中から、自分が嫌でなく続けることができると思えるような仕事を見つけ、そこでお金を稼ぐことをモチベーションとするのがよいでしょう。

 

失敗を成功の糧とする

会社の事業でも最初から成功を収めて高い収益を上げるパターンは決して多くはなく、事業に失敗はつきものであるといえます。

 

個人で稼ぐためには、会社を立ち上げるより初期費用が少なく済む例が多く、低リスクであるとはいえども、なかなか稼ぐことができなかったり、事業が失敗してしまうリスクがあるということは変わりありません。

 

YouTube発信やブログ発信のように成功した時のリターンが大きい稼ぎ方であっても、芽が出なければ多くの時間を失ってしまうというリスクがつきものとなります。

 

失敗に直面してしまうと心が折れてしまいそうになりますが、かつて成功してきた人は決していきなり成功したわけではありません。失敗を成功の糧とし、挑戦を続けることが、結果として成功へと繋がる一番の近道となります。

 


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年8月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です