【ミニマリスト】持ち物を減らすメリット・持ち物を減らすための方法を解説

「持ち物を減らすこと」が最近の流行になっている

これまでは、持ち物が多いことは「豊かさの象徴」として、多くの人が物の購入や所有を当然のように目指してきましたが、最近ではこれとは逆の動きが流行しています。

 

近年は、持ち物をなるべく減らすことを目指し、物を無駄に購入せず、いらないものを処分する、という動きが出てきています。

 

そのような考えのことを「ミニマリズム」と呼び、そのような考えを持つ人を「ミニマリスト」といいます。この考えには、現代の人々に多くの共感を呼び、流行りの言葉の一つにもなっています。

 

ミニマリズムをどの程度実践するかについてはもちろん人それぞれですが、ミニマリストの実践者の中には、家具家電はもちろん、布団すら持たず、生きていくために必要最低限の持ち物だけで生活している人も見られます。

 

従来までの考えだと、持ち物が少ないことは「貧しさ」を象徴し、「不便な生活ではないのか」と心配になることが一般的でした。しかしミニマリストの実践者たちからは「むしろ良い生活が送れるようになった」「豊かな生活を送れるようになった」という声もよく聞かれます。

 

その理由として、持ち物を必要最低限に絞ることで、余計な考えに煩わされなくなる事が挙げられます。現代では、このようにシンプルな暮らしを求めている人が非常に増えています。

 

持ち物を減らすことのメリット

節約につながる

 

ものをたくさん持っていると、それに満足して物を買わなくなるかと思いきや、むしろ余計に物をたくさん買いやすくなります。

 

例えば鍋を購入すると、サイズの違う別の鍋やフライパンなど料理に使う道具を揃えたくなったり、古くなった別の調理器具を新しいものに変えたくなったりします。

 

このように「物が物を呼ぶ」ことがあり、物が多いことでそれだけお金が追加でかかってしまいますが、物が少なければそのような出費が続くこともありません。この時点で「物が少ない方が節約ができる」ということができます。

 

さらに持ち物を少なくすると決めたら、以前よりも自然に買い物をしなくなります。よく考えて買い物をするおかげで、自然と余計な買い物も減ることにつながります。

 

このような自然な変化が起こる結果、持ち物を減らすことでお金をかなり節約することができるようになります。

 

雑念から解放される

 

毎日の暮らしの中には、さまざまな雑念があります。一つ一つの雑念はたいしたことではないかもしれませんが、それらが積もることで、結果として大きなストレスとなります。物を減らすことで、この「雑念」が減るというメリットがあります。

 

その理由として、「物が多いと考え事が増える」ということが挙げられます。例えば部屋の中に小物が散らかっていれば、「整理整頓をしなければいけない」ということが頭をよぎるでしょう。

 

また、その合間に埃やチリが溜まっていれば、「掃除をしなければ」と気が重くなることもあるでしょう。

 

このような雑念はものによって自動的に生まれるものであり、思い通りにシャットアウトできるものではありません。ものが多ければ多いほど、多くの雑念に振り回されがちになってしまいます。

 

持ち物を少なくすることで、このような雑念を減らしていくことができます。持ち物が少ないと余計なものがないため雑念が生まれる余地もなく、本当に自分の必要なことに集中することができるので、余計な心配がなくなりすっきりとした気分で毎日を過ごすことができるようになります。

 

時間が生まれる

 

持ち物を減らすことで時間を生み出すこともできます。その理由として、持ち物が多いほど余計なことに時間を使ってしまいがちですが、持ち物を減らすことでそれらの余計な時間を削ることができるからです。

 

例えば部屋の中にテレビがあると、特に見たいわけではなくても習慣でテレビはつけてしまう、そしてつけてしまうと放送している番組をなんとなく見てしまう、 気が付くと30分も1時間も過ぎていたと、いう経験はないでしょうか。

 

テレビに限らず、ゲーム機などに関しても同じことがいえます。本当にそれがしたい、見たい、というよりは、部屋にあるからなんとなくつけてしまう、その結果、気がつくと時間を使ってしまう、ということが多いでしょう。

 

このような時間の無駄遣いを減らすために、持ち物は必要最低限にしておくことがおすすめです。持ち物を極限まで減らすことで、このような時間の無駄がなくなります。

 

結果として、持ち物を減らすことで多くの時間の余裕が生まれることになります。

 

自分が本当にやりたいことがわかる

 

「自分が何をしたいのかよく分からない」という悩みを持つ人は珍しくありませんが、持ち物を減らすことで、自分が本当は何をやりたいのかを見つけやすくなります。

 

なぜなら、物を減らすことで雑念が減り、さらに時間もお金も生まれるおかげで心に余裕が生まれるからです。

 

その時にやりたいと思ったことや興味を持ったことこそが、本当に自分のやりたいことをと言えるでしょう。

 

物を減らすことで、雑念や雑務に振り回されているうちには見えなかった本当の自分の希望がわかるようになることも大きなメリットといえるでしょう。

 

持ち物を減らすための方法

身の回りのものを見渡してみる

 

持ち物を減らすためには、まず自分の身の回りのものを見渡してみましょう。

 

「いらないものはないか」と考えながら周りを見渡してみることで、必要のないものがたくさん出てくることでしょう。

 

少しでも必要ないと判断したら、 思い切って捨ててしまうことをおすすめします。

 

思い切って捨てることは大胆な行為で難しいように最初は思うかもしれません。

 

しかし、本当に必要なものに対しては迷いは生まれることはなく、反対に、必要かどうか迷うものに関しては大抵の場合、なくても問題ないことが多いため、捨てても問題はないでしょう。

 

1カ月使っていないものは捨てる

 

持ち物捨てるためには、「1ヶ月間使っていないものは捨てる」ぐらいの気概を持っていた方が良い場合が多いです。

 

実際一ヶ月間使っていないものに関しては、 必要でない場合が多いです。

 

本当に必要なものであれば自然と使っているはずですが、 1ヶ月間全く触りもしていないものに関しては、大抵の場合、いらないものばかりとなるでしょう。

 

この「1ヶ月使っていないものは捨てる」という基準に基づいて判断することで、 自分にとって、捨てることが全く考えられなかった思いがけないものが出てくることでしょう。

 

しかしそれらのものは、今後の生活でも必要になる可能性は限りなく低いため、思い切って処分をしてしまうことをおすすめします。

 

「持ち物を減らす」ということを決意したのであれば、本当に自分がよく使うものだけを残し、他のものは全て捨てるという気持ちが大切になります。

 

その一つの基準としてこの「一ヶ月で使ったかどうか」に注目してみるのが良いでしょう。

 

客観的で分かりやすいこのルールに従って物を処分することで、自分の身の回りがかなりスッキリすることでしょう。

 

ものを買うときは本当に必要かよく考えて買う

 

せっかく持ち物を捨てたのにも関わらず、いらないものを追加でどんどん買ってしまうと物を捨てている意味が全くありません。

 

物を減らすためには新しい買い物をする際にも十分に気をつけてください。

 

まず、無意識に物を買うことはやめましょう。なんとなく買い物をしているとあっという間に部屋の中にどんどんと物が増えていきます。

 

特にセールやバーゲンをやっていると、「買わないと損してしまう」という気持ちになり、必要のないものまで買ってしまう傾向にあります。物を買う際には今まで以上によく考え慎重になることが大切です。

 

もちろん、「全く買い物をしてはいけない」というわけではありません。いらないものは買わず、本当に必要なものだけを買うようにしましょう。

 

必要かどうか迷う時には、一旦買うのを保留するという方法がおすすめです。考え直した結果、やはり自分の生活にその商品が必要であれば購入しても良いでしょう。

 

ただし考え直した結果、その商品が「やはりいらない」という場合も多く出てくるはずです。

 

物を買う妻には「本当にその商品が必要か」ということを深く考えましょう。この問いに迷った時には、一旦購入を保留するなど買い物の仕方を工夫することが大切となります。

P.R.「DRM」を応用して月500万を自動化した流れ

 

読者さんにはDRMの威力をぜひ知ってもらいたくて、うまく扱うことができれば、たった一人の個人でもブログとメルマガを組み合わせて月500万以上の収益を自動化することができます。

 

DRM-japanの運営者が自動化するまでの流れをまとめた書籍(Amazonランキング1位獲得)と一緒に事例を学べるので、ぜひDRMの理解を深めるためにも一読してみてください。

 

>>「経済的自立を達成しよう」+DRMメルマガを読んでみる
(メールアドレス入力ですぐ読めます)

 

書籍と同時に受け取れるメルマガでは、「人を動かす扇動の技術」、「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの思考法」など、DRMの成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。

 

堅苦しい内容ではなく、親しみやすいと大変好評ですので、ぜひマーケティングの事例の一つとして分析してみてくださいね。お手持ちのパソコンやスマホですぐに読めます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です