エンジェリウム(ANGELIUM)とは?どのようなビジネスモデル?

P.R.このメディアの管理人について

このメディアの管理人について紹介しますね。



20歳で起業し、本メディアで解説してるDRMを研究して
1人の会社で年商1億円(利益率7割超)を突破。


得た知識をDRMjapanで公開しているので、
ぜひ当サイトのコンテンツを読んでみてください。



また、DRMをより本格的に学べる、
読者数2万人超のメールマガジンもやっています。

もしよかったら読んでみてくださいね→ふっさん公式メルマガへ


それでは、コンテンツをお楽しみください!

エンジェリウム(ANGELIUM)とは


エンジェリウムは、現状のアダルト業界の問題解決を実現するためのプラットフォームの構築を目指したプロジェクトです。2018年にICOを開始し、映像コンテンツに注力して開発されているブロックチェーンプラットフォームとして知られています。

※ブロックチェーンに関連して、独自で仮想通貨のトークンを発行している「エスブロック」があります。エスブロックについて知りたい方は「エスブロックとは?事業内容や独自トークン「SBO」を解説」をお読みください。

アダルト業界における違法アップロードや海賊版といった問題は非常に深刻なものとして知られており、エンジェリウムはそれらの問題を解決するために活動を行っています。

エンジェリウムの特徴

アダルトコンテンツとVRに注力

エンジェリウムの特徴としてはアダルトの映像コンテンツ配信と仮想通貨を結びつけていることが挙げられます。ブロックチェーン技術を活用することで、コピーコンテンツや違法に改ざんされたコンテンツを排除することを目指しています。

エンジェリウムの技術を活用することで、コンテンツの視聴回数や利用しているユーザーの嗜好といったマネジメント情報の収集を行うこともできるため、ユーザーに最適な映像コンテンツを提供できるようになることも期待されています。

優秀なクリエイターが参画

エンジェリウムには映像やVRといったコンテンツの分野において優秀な人材が何人も集まっています。たとえば創業者のRIO氏は、HeySayJUMPやTRFなどに楽曲を提供した経歴があります。

その他にもエンジェリウムには優れたコンテンツを生み出す能力を持ったクリエイターが多数参加しており、人材面で非常に充実していると言うことができます。

物理アルゴリズムや3Dデータの専門家などの高い技術を持ったクリエイターも揃っているため、今後は優れたコンテンツが生み出されることが期待されています。

マレーシア政府との連携

エンジェリウムの優れた技術力に注目して、マレーシア政府もエンジェリウムとの共同プロジェクトを立ち上げることを決定しています。マレーシア政府からは、特に3Dやブロックチェーンの技術において高い評価をされています。

プロジェクトの具体例の一つとして、映像技術者300人以上を集めたコンテンツ制作スタジオを設立することが決定しています。国家もかかわるプロジェクトであるため、その点に関してはエンジェリウムは多くの人から信頼を集めています。

エンジェリウムのビジネスモデル

今後、エンジェリウムではコンテンツ製作者に利益が還元される仕組みが実現される予定となっています。

オンラインでのビジネスモデルとしては、エンジェリウムのプラットフォームでコンテンツ制作者が提供するサービスの利益や、ストアでのアイテム販売による利益、ユーザーからのデジタルギフトなどが挙げられます。

オフラインでのビジネスモデルとしては、現実世界でのグッズ販売による利益や、コンテンツ制作者による提供料金の利益などが挙げられます。

エンジェリウムは詐欺案件?

エンジェリウムの優れている点や良い評判について紹介しましたが、必ずしも良い評判を得ているわけではありません。エンジェリウムの「ヘブン」はポンジスキームの疑いがあり、詐欺案件であるとの声も上がっています。

エンジェリウムに資金を投資したにも関わらず、実際には資金運用が行われず、利益が配当されないなどのトラブルが起きる可能性があります。エンジェリウムに投資を行う際には、事前に十分な情報収集を行い、自己責任の下で投資を行うようにしましょう。


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年8月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です