高校生はネットビジネスで稼げる?高校生がネットビジネスで稼ぐための4つの方法

高校生がネットビジネスで稼ぐことはできるのか?

高校生でもネットビジネスで収入を得ていくことは可能なのか?と、疑問に思う人は多いでしょう。

 

未成年でまだ就学中という立場ではネットビジネスができないのではないかと考えてしまいがちですが、高校生でも問題なく取り組めるものはたくさんあります。

 

事実、現在では高校生だけでなく中学生や小学生すらネットで稼いでいることもあります。

 

このような状況が生まれたのはネットビジネスのためのプラットフォームが増えてきたからであり、高校生でもお金を稼げるものを選べば何も問題はありません。

 

未成年でも稼げる方法を選べば良いだけなのでどんな方法があるかを理解するのが大切です。

 

高校生がネットビジネスで稼ぐための方法

ここでは高校生がネットビジネスでお金を稼ぐ方法として代表的な4つの方法についてご紹介します。

 

今回ご紹介する方法以外にもネットビジネスで稼ぐための方法はたくさんありますが、今回の記事を参考に、どの方法が自分に向いているのかよく検討してみましょう。

 

ブログアフィリエイトをして稼ぐ

高校生でもブログアフィリエイトをすれば大きな収入を得られる可能性があります。

 

ブログアフィリエイトとはブログを使って特定の商品について紹介をすることにより紹介料を得る方法です。

 

パソコン1台とブログを運営するためのサーバーやドメインの料金が必要ですが、他のネットビジネスと比べてもわずかな初期投資で始められるという利点があります。

 

ネットビジネスを始める初期投資のない高校生でも、アフィリエイトであれば気軽に始めることができるでしょう。

 

古本や洋服の転売をして稼ぐ

転売によって稼ぐのも高校生でも簡単に取り組めるネットビジネスです。

 

古本屋や古着店などのように中古の洋服や読み終わった本などを買い取ってくれる業者はたくさんあります。また、メルカリなどのフリマアプリを使って個人を相手に販売することも可能です。

 

自分の持っているいらない洋服や本を売って現金を手に入れることもできますが、中古の洋服や服を仕入れて高い価格で売れば差額を稼ぐことができます。また洋服だけでなく、近所にある本屋に安く売られている本を仕入れ、ネット上で売ることによって差額を稼ぐこともできます。

 

自分の身近にあるものを売ることから始められるため、転売は高校生にとっても比較的参入障壁の低いネットビジネスといえるでしょう。

 

noteや電子書籍の販売で稼ぐ

物書きができる人ならnoteや電子書籍の販売で稼ぐこともできます。事実、現在は中学生でもnoteの販売で数万円を稼いでいる人もいます。

 

物書きといってもプロの小説家や評論家のような本を書けなくても問題はなく、自分が持っている知識や経験、ノウハウなどを文章にできれば収入になる可能性があります。

 

紙媒体での出版と違って初期費用がほとんどかからないのが電子書籍を使うメリットです。

 

書き物によってユーザーの興味を引いて買ってもらうという意味ではアフィリエイトに似ていますが、noteや電子書籍の販売の場合には自分で直接値段をつけることができます。

 

内容に見合った値段で販売することで購入してくれる可能性が高まるという点でnoteや電子書籍の販売は即金性が高い方法です。

 

クラウドソーシングを使って稼ぐ

クラウドソーシングはクライアントからの案件募集を見て、自分ができるものを探して請け負い、契約に応じた成果を提供することで報酬を得られるという働き方です。

 

スキルのある高校生にとっては稼ぎやすい方法といえるでしょう。

 

募集されている仕事のジャンルは幅広く、動画編集やウェブサイト制作、アプリ開発などが代表的なものです。

 

仕事を受注できるようになるまでには動画編集やプログラミングなどを学び、仕事を受けることのできるレベルのスキルを身につける必要があります。

 

簡単にスキルをつけることはできませんが、一度スキルを身につけてしまえば継続的に仕事を受注できるだけでなく将来的にも市場価値の高い人材として活躍することができるようになります。

 

自分を成長させながら稼ぎたい人にとっておすすめのネットビジネスのやり方です。

 

高校生がネットビジネスで稼ぐ際の注意点

このように高校生でもできるネットビジネスは色々ありますが、注意しておかなければならない点もあります。

 

ネットビジネスの種類や利用するサービスによっては未成年あるいは18歳未満では不可、あるいは親の許可が必要ということもあるのです。

 

例えば、よく知られているGoogleAdsenseによるアフィリエイトをしたいというときには18歳未満ではアカウントを作れず、親のアカウントを使う必要が生じます。

 

高校生がネットビジネスを始めるときには親の説得が重要になることも多いというのは念頭に置いておきましょう。

 

また、高校生の本業は学業だということも忘れてはなりません。ネットビジネスに力を注ぎ過ぎて学業がおろそかになってしまわなように注意しましょう。

 


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年4月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です