ネットビジネスが怪しいと思われている理由

過剰な表現の広告やLPが多い

 

ネットビジネスを調べると良く見かけるのが

 

スマホ一台で稼げる
クリックするだけで稼げる
といった見出しです。

 

このような訴求方法が、多くの人に「怪しい」と思われる原因になっていることは事実です。

 

このような過剰な表現の広告やランディングページはたくさん存在しますが、スマホ一台で稼ぐことや、クリックするだけで稼げるといった甘い言葉に誘惑されてはいけません。

 

ネットビジネスはそんなに簡単に稼げるものではなく、ネットビジネスで稼ぐためには様々なスキルや知識が必要になります。

 

「ネットビジネス」という言葉自体に悪いイメージが付いている

 

「ネットビジネス」という単語自体に悪いイメージを持つ人がいるのもポイントです。

 

これは実際に職場に行って汗を流す、労働をすることが当たり前と言う前提があるかと思います
従来の価値観からすれば楽をしているように見えるため、言葉自体にネガティブなイメージを持つ人も珍しくないのです。

 

また、実際にその内容を知っている人が少なく、良くわからないではじめて失敗する人もいるためなおさらネガティブなイメージがつきやすいのです。

 

ヒルズ族などの影響でギラギラしたイメージが付いている

 

「ネットビジネス」の実態を知らない人からすると、与沢翼をはじめとしたヒルズ族の影響で、「ネットビジネスをしている人はギラギラした人」というイメージを持たれがちです。

 

何をして稼いでいるのかわからないからこそ、胡散臭いと思われるケースも珍しくないのです。

 

特に、インターネットに関わらない仕事をしている人やインターネットを利用しない高齢の方などに胡散臭いと思われることは多いです。

 

 

ネットビジネスは全て詐欺なのか?

 

「ネットビジネス」の中には怪しいものや、詐欺のようなものも存在しているのは事実です。

 

しかし、それはあくまでも一部であり、ネットビジネスとは「インターネットを活用したビジネス」全般のことを言います。

 

また、ネットビジネスと言われて、「ネットワークビジネス」のことを連想する人も多いかもしれません。

 

ネットワークビジネスとは、MLM(マルチレベルマーケティング)とも呼ばれる連鎖販売取引のことで、口コミによって販売員を増やしていき、商品を販売する手法のことを言います。

 

ネットワークビジネス違法なビジネスモデルではないのですが、多くの人を勧誘したり金銭的な損失を出させたりすることが多く、悪評が高いのは事実です。

 

そんな「ネットワークビジネス」は、インターネットを活用したビジネス「ネットビジネス」と呼び名こそ似ていますが、全くの別物です。

 

ネットビジネス詐欺の見分け方

 

ネットビジネスの中には初期投資で数十万円もする高額な教材を購入しなければならないものや、登録料として数万円単位の費用がかかるものも存在します。

 

ただし、教材や登録費が本当に必要かどうかは考える必要があります。

 

ネット上には数え切れないほどの高額な教材が販売されていますが、その中には内容がスカスカの無益な教材があることも事実です。

 

また、「稼げる」と謳っている教材を販売している人は、もしかすると「その教材を売ることで生活を賄っている」かもしれません。

 

その教材が本当に有益なものであるかどうかは購入して内容を見ないとわかりませんが、購入する前にその教材の口コミやレビュー、またはビジネスモデルを自分自身で調べるようにすることである程度の失敗を防ぐことが出来るかと思います。

 

ネットビジネスは優れたビジネスモデルになり得る理由

 

初期費用がほぼ必要ない

 

一般的に多くのビジネスは始めるときに、原材料費や設備費など、多くの初期費用が掛かってしまいます。しかし、ネットビジネスの場合は、そのような必要不可欠な初期費用をほぼかけずに開始することができます。

 

例えばアフィリエイトやYouTubeなどのビジネスでは初期投資がほぼ無料に近く、お金が掛かるとしてもとしてもサーバー代、ドメイン代(月数百円〜数千円程度)にとどまります。

 

このように、初期費用が掛からないことで、いわば学生でも気軽にビジネスを立ち上げることができるのがネットビジネスの魅力の1つであると言うことができます。

 

場所を選ばないで仕事ができる

 

ネットビジネスであればインターネット環境のある場所でならどこでも仕事を行うことができます。

 

チームでの仕事であればテレビ電話やチャットで連絡をすればよく、一つの場所にチームメンバー全員を集める必要がありません。

 

それに伴い、家賃などのコストも浮かせることができます。

 

通勤時間をゼロにできるのも魅力で、集中できる環境を求めてカフェなどで仕事をする人も多いです。また、地方に住む人でもネットビジネスであれば東京に住む人と同じように働くことができます。

 

ワークライフバランスの調整がしやすく、自由な働き方を求める人に人気のある働き方になっています。

 

 

市場が大きい

 

インターネットを活用しないローカルビジネスは商圏が狭く、お客様、売上に一定の天井があります。

 

しかし、ネットビジネスはインターネットを利用し、全国、全世界に及ぶため巨大な市場を利用することができます。

 

そのため、ネットビジネスをしている人の中には、個人でも月に数百万・数千万と稼ぐことが出来ている人も多いです。

 

ネット広告の市場規模はテレビ広告に迫っており、今年、来年あたりで上回ることが予測されているのもポイントです。

 

費用対効果などの分析もしやすく、効率的なビジネス展開にも使いやすいのがポイントです。

 

働く時間を選ばない

 

インターネットを活用しないローカルビジネスの場合、お客様の活動している時間帯に活動をしなければ売上を上げることはできません。

 

しかし、ネットビジネスの多くは、働く時間を選ばないでお金を稼ぐことができます。

 

たとえばアフィリエイトの場合、有益なコンテンツをブログに掲載しておくことで、あなたが寝ている間にも誰かにそのコンテンツを読んでもらうことができ、そこから商品の購入やサービスの契約をしてもらうことでアフィリエイト報酬を受け取ることができます。

 

ただし、そのようにブログを読んでもらうために、アクセスを増やすための様々な工夫や努力が必要であることも事実です。

 

P.R.「DRM」を応用して月500万を自動化した流れ

 

読者さんにはDRMの威力をぜひ知ってもらいたくて、うまく扱うことができれば、たった一人の個人でもブログとメルマガを組み合わせて月500万以上の収益を自動化することができます。

 

DRM-japanの運営者が自動化するまでの流れをまとめた書籍(Amazonランキング1位獲得)と一緒に事例を学べるので、ぜひDRMの理解を深めるためにも一読してみてください。

 

>>「経済的自立を達成しよう」+DRMメルマガを読んでみる
(メールアドレス入力ですぐ読めます)

 

書籍と同時に受け取れるメルマガでは、「人を動かす扇動の技術」、「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの思考法」など、DRMの成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。

 

堅苦しい内容ではなく、親しみやすいと大変好評ですので、ぜひマーケティングの事例の一つとして分析してみてくださいね。お手持ちのパソコンやスマホですぐに読めます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です