ネットビジネスをしていたら確定申告は必要?

ネットビジネスをしている人は確定申告のことを考えるべき

現代ではネットビジネスに誰でも簡単に関わることができるようになりネットビジネスを始める人はここ数年で飛躍的に増えました。一方、ネットビジネスを行う多くの人が軽視しがちなものとして確定申告があります。

 

ネットビジネスを本業にしていても副業としていても、年間の収入が20万円以上ある場合は確定申告が必要となります。

 

これは法律で義務付けられていることなので、「忘れていた」や「知らなかった」では許されることはありません。

 

確定申告の作業は非常に重要な作業であり、確定申告を怠ることで追徴課税を課される場合もあります。

 

ネットビジネスは手軽に始めることのできるビジネスではありますがネットビジネスを行う彼らには確定申告に関する知識も身につけておく必要があります。

 

ネットビジネスの確定申告が必要な人の特徴

ネットビジネスで年間20万円以上の収入がある会社員

 

ネットビジネスをしている人の大半は確定申告をする必要がありますが、詳しい確定申告の方法について知らない人も非常に多いです。その理由として、普通の会社員をしている限り、会社が変わって確定申告をしてくれるため一般的に確定申告をする必要はないからです。

 

しかし会社員の場合であっても、ネットビジネスによって副業収入として収入を得ている場合は確定申告をする必要があります。

 

具体的に言うと、ネットビジネスをしている年(1~12月)の収入が合計20万円以上あった場合、確定申告の手続きを行う必要があります。

 

個人事業主(自営業者・フリーランス)

 

確定申告は働いて収入を得ている国民全員に課された義務であるため、もちろん自営業者やフリーランスで生計を立てている人に関しても行う必要があります。

 

この場合、確定申告書の書類等は自分で取り寄せる必要があるので、お近くの税務署で申請し書類を受け取るか、国税庁のホームページからダウンロードした上でコピーしなければなりません。

 

自分だけで書類に正確に記入する自信のない方には、ぜひ税務署に直接行き、そこで質問をすることをおすすめします。

 

その他のケース

 

上記で説明したケースの他にも確定申告が必要とされる場合は複数あります。例えば、本業とは別にマンション等の経営をしていたり、給与額が一定以上の基準を超えている場合には、確定申告をする必要があります。

 

この他、確定申告が必要とされるパターンは十数個あります。

 

上記に挙げた以外のパターンで自分が確定申告をするべきかどうか気になる方は、国税庁のホームページに詳しく記載がされているため確認するとよいでしょう。

 

ネットビジネスで確定申告をする際の注意点

領収証は保管しておこう

 

確定申告を提出するためには経費の計算が必要になります。そのために必要となるものが領収書です。

 

自分がいつ、何を、どのくらいの金額で利用したのかを明確にしておくことで、どれが経費として落とせるか、より明確にできます。

 

例えば仕事中に飲んだコーヒー、ネットビジネス用に購入した書籍などがそれに当たります。

 

正当な理由があれば家賃や水道光熱費も経費として認められる場合があります。そのため基本的に全ての領収書は手元にとっておくことをおすすめします。

 

青色申告をしておこう

青色申告をするメリット

 

確定申告には「青色申告」と「白色申告」という二種類の申告方法があります。この二つの申告方法の大きな違いといえば、特別控除の有無が挙げられます。

 

青色申告をすることによって、特別申告を受けることができます。白色申告の場合、この特別控除を受けることはできませんが、青色申告であれば、単式簿記の場合10万円の控除そして複式簿記で申請する場合65万円の控除が認められます。

 

節税をしたい方は、青色申告を提出することで大きなメリットを受けることができます。

 

青色申告と白色申告では必要とされる提出する書類が異なるため、前もって確認をしておくことが必要となります。

 

青色申告の方が提出書類が多いですが、会計ソフトを使うことで自動的に書類の作成を簡単に行うことができるため、確定申告をしなければならない方は、基本的に、青色申告を申請することをおすすめします。

 

青色申告の期限

青色申告の申請期限は毎年厳密に決められており、原則として、青色申告を行う事業年度の3月15日までに行う必要があるという決まりがあります。

 

例えば2020年度分の確定申告を青色申告でしたい場合は、2020年の3月15日までに青色申告の申請を行う必要があります。

 

余裕を持った青色申告の提出をしておくことをおすすめします。

 

青色申告の申請方法

 

青色申告の申請では、決められた2種類の書類を提出する必要があります。その書類というのが開業届と青色申告承認申請書になります。

 

特に開業届けに関しては、事業を始めて一か月以内に提出をすることが原則として決められています。

 

ネットビジネスを始めてまだ開業届を提出していない人は、早急に提出をしましょう。開業届を提出することで青色申告の申請ができるようになります。

 

なお、開業届と青色申告承認申請書に関しては国税局のホームページより取得できます。


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年4月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です