ネットビジネスの「コンサル」とは?メリット・デメリットを徹底解説!

ネットビジネスのコンサルとは

ネットビジネスのコンサルとは、顧客から相談を受けて、ビジネスを成功に導くためにさまざまな角度からアドバイスを行うこと、または行う人のことをいいます。

 

コンサル業務が主体の企業もあれば、個人が独立してコンサル業を営んでいるケースもあります。

 

ネットビジネスは個人が自営業や副業として取り組んでいる場合も多いため、個人向けのコンサルも盛んに行われています。

 

最近のコンサルのサービス提供者は、サイトやブログ、メルマガやLINE、YouTubeなどを通じて情報を発信しているケースが多く、中にはインフルエンサーとして知名度の高い人も多いです。

 

コンサル内容としては、顧客の集め方、ライティング技術、売上を伸ばす方法、サイトやブログの最適化、仕事の方向性など多岐に渡ります。

 

ネットビジネスのコンサルを受けるメリット

伸び悩んでいた自分の事業を飛躍的に伸ばせる

ネットビジネスは誰もが手軽に参入できるメリットがある一方で、参加人数が多く、成果を出すためにはさまざまな努力や工夫が必要です。

 

単独で取り組むことも多いため、仕事の進め方や改善点の判断が難しい場面が出てきます。

 

この悩みを解消するためには、コンサルを受講することで、専門家による客観的な視点から有意義なアドバイスを受けることができます。

 

行き詰まっていたネットビジネスが、事業拡大や売上増加など、飛躍的に伸びる可能性もあります。

 

コンサルを受けることで新たな技術や知識が手に入る

コンサルを受けるメリットとして、思い込みや固定観念に縛られがちな仕事の取り組み方を見直し、新たな視点を得ることができる点などが挙げられます。今まで思いつかなかった着眼点を発見することにもつながります。

 

ネットビジネスでは、仕事分野に対する知識、ネット利用の技術、顧客の開拓や新しい業務の経験など、必要とするものが多いです。コンサルを通じて具体的なアドバイスを受けることで、これらのものが実際に自分のスキルとして身に付く可能性が高まります。

成果の出せる人が身近な存在になりやすい

ネットビジネスで難しい点の一つに、モチベーションの維持があります。

 

日々の継続した作業や積極的な取り組みが必要ですが、結果が出ずに途中で投げ出してしまうケースも考えられます。目標に到達する粘り強さを保ち続けることが、成功のために欠かせない部分です。

 

コンサルの多くは、実際にネットビジネスに取り組んで成果を出している人であり、このような存在が身近にいることは意欲の維持につながります。コンサルが持つノウハウを吸収することで、仕事に対する積極的な姿勢をさらに大きくしていくこともできます。

 

ネットビジネスのコンサルを受けるデメリット

コンサルの受講費用が掛かる

ネットビジネスのコンサルは、受講のために多くの費用がかかる場合があります。

 

料金プランはさまざまですが、本格的なコンサルを受ける場合はそれだけ費用負担も重くなることも多いです。コンサルにかけた経費を取り戻し、ネットビジネスで大きく利益を上げていく必要があります。費用対効果を十分に考えて適切なコンサルを選ぶことが大切です。

 

受講費用の支払い形態はコンサルごとに違いがあり、総額でどの程度の費用が必要かを確認しておくことが大切です。会員制を導入して月額費用で支払う場合もあれば、その都度の契約の場合もあります。

 

コンサルを受けたからといって確実に伸びるわけではない

コンサルを受けることで、ネットビジネス成功への期待値が高くなります。

 

しかし、必ずしも成果が出るとは限らないため注意が必要です。コンサルにもいろいろなパターンがあり、それぞれが得意とする分野にも違いがあります。

 

自分が求めるものと、コンサルが得意とする分野が違えば、適切なアドバイスが受けられない可能性もあります。

 

また、アドバイスは適切でも、それを実際にビジネスで行っていない場合は当然のことながら成果は出ません。

 

自分に最適なコンサルを選ぶことに加えて、学んだ内容を確実に行うことが必要です。

 

コンサルによってペースが乱れて逆効果になる場合もある

コンサルが要求する内容に、クライアントがついていけない場合があります。

 

効果の高い指導を受けても、自分のペースを無視されれば、取り組みが困難です。優秀なコンサルであれば、クライアントの取り組み方を十分に理解することに努めていますが、それでも行き違いが生じるケースもあります。

 

このような状態になれば、かえってモチベーションが低下する危険性も考えられます。

 

ビジネスへの悪影響を及ぼさないためには、顧客の性格や考え方をしっかり理解し、その上で適切に導くコンサルを選ぶことが重要です。

 

ネットビジネスのコンサルの具体的な内容例

ウェブサイトの売上を伸ばすためのサイト改善

ネットビジネスのコンサルには複数の内容がありますが、ウェブサイトの構築は最も代表的なものです。

 

商品販売はウェブサイトを通じて行うため、売上拡大に向けてサイトを改善することは重要なテーマです。

 

顧客を商品購入にまで誘導していくサイトの流れ、ライティングの中身、商品の適切な配置、 SEO対策、 SNSとの連携、画像や動画の配置など、理解しておくべき内容がコンサルによって学べます。商品購入者の感想も、購入の決め手になるような大切な部分です。感想の集め方からサイト上の適切な掲載位置まで、コンサルでアドバイスを受けることができます。

 

マーケティング力を伸ばすためのコーチング

顧客のニーズを知ることは、ビジネスにとって極めて重要です。

 

コンサルでは、そのためのマーケティング力を高める方法が学べます。ウェブサイトの改善はどちらかといえば技術的な指導の範囲ですが、マーケティング力の向上は自分自身のスキルアップを促します。

 

この力が身につけば、ネットビジネスのどのような場面でも応用が可能であり、顧客の獲得から最適な提案、商品販売に至る道筋を適切に行うことができます。

 

コンサルのコーチングは、現時点での売り上げアップを目指すことは当然ですが、未来に渡って安定したビジネス力をつける根本的なスキルを提供している点にもメリットがあります。

 

成果を出すためのマインドの持ち方の指導

ネットビジネスに取り組む際には、メンタル面の調整は大きなテーマです。

 

仕事に行き詰まった時、結果が出ない時、方向性に迷った時など、適切な対応を行うには意欲を持ち続ける必要があります。ネットビジネスのコンサルはメンタルにも焦点を当てており、指導の上で大切な要素の一つです。

 

具体的な知識や技術を学ぶことは極めて重要ですが、それだけでは完全とはいえません。

 

マインドの維持方法や高め方を学ぶことで、あらゆる問題への対応力につながります。

 

メンタルのコントロール方法を特化的に扱うコンサルもあります。

 

ネットビジネスのコンサルを受ける際の注意点

コンサルを受けていても自分の意志はしっかり持つこと

コンサルを受ける際に大切なことは、受けたアドバイスを自分の中で消化することです。

 

言われたままのことを行うだけでは、その作業の意味する本質部分がつかめないで終わってしまう可能性があります。

 

その場限りになってしまえば、継続的なビジネススキルになりません。

 

自分の方針があやふやであれば、行動に連続性がなくなり、受けたアドバイスを十分に活用できなくなることがあります。コンサルのアドバイスを最大限に有効活用していくためにも、自分の方針を忘れないことが大切です。

 

コンサル相手はしっかりと見極めること

ネットの世界にはコンサル活動している人が多く、信頼できる人もいれば信頼性に欠ける人もいます。

 

営利目的のみで行い、実力をつける力がないコンサルも存在します。

 

また、クライアントの成功ではなく、自分のビジネスを大きくすることだけにクライアントを利用するようなケースもあります。

 

このようなコンサルに引っかからないためには、信頼性や実績について調査することが重要です。

 

法外な料金や悪評価が目立つコンサルには、十分に注意する必要があります。

 

コンサル内容の詳細があやふやで、単に稼げることだけをうたっているようなコンサルも避けることが大切です。

 

コンサル相手に自分のすべてを差し出すことは危険

コンサルを活用する目的は、自分自身がネットビジネスで成功を収めることにあります。

 

コンサルに大金を払ったからといって、必ずビジネスが成功するわけではありません。

 

コンサルを利用することにより、相手とクライアントの結びつきが上下関係のようになりやすい面もあります。

 

相手に言われるままに、自分の資金や所持している物を提供するのは非常に危険です。

 

また、必要以上に物を買わせようとしたり、追加費用を頻繁に請求したりするようなコンサルも危険性の高い相手です。

 

大切なことはコンサル相手を稼がせることではなく、自分自身のビジネスであることをしっかりと意識する必要があります。


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年4月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です