リスト取りとは?リスト取りをするメリットや方法を解説!

リスト取りとは

リスト取りとは、自分にとって見込み客となる相手の連絡先を集めることをいいます。

 

なお、ここで集める連絡先とは、電話番号やメールアドレス、LINEなど、日常的によく使われているものことを指します。

 

ウェブ上でも簡単に収集できるこれらの情報をがあるだけでも、ネットビジネスを行う上では大きなアドバンテージとなりす。

 

リストがあれば見込み客に向けて簡単にアプローチができるようになります。

 

電話は少し手間がかかりますが、かける番号がわかっているのであれば、ひたすらかけ続けることで大量の人に連絡ができます。

 

また、メールやLINEであれば、より大人数への一絡が簡単にできます。

 

そこで誰かから反応があれば、自分のサービスや商品が売れる可能性があります。

 

このようなリストを用いて行うマーケティングのことを「リストマーケティング」といいます。

 

リスト取りをすることのメリット

能動的なセールスができる

リスト取りをすることによって、こちらの商品やサービスにある程度興味を持っている相手の連絡先がわかるようになります。

 

その結果、こちらからどんどん能動的なセールスができるようになります。特にメールやLINEによって直接アプローチすることは高いセールス効果をもつため、成約率が向上します。

 

また、手間をかけずにセールスを行うことができます。

 

例えば、メールマーケティングツールを使うと、効果的なメールを簡単に作ることができます。

 

さらに送付先の相手に向けて確実に送信までしてくれるため、能動的なマーケティングを自動的に行うことができます。

 

売上がアップする

リスト取りをすることで、売上を向上させることができます。

 

見込み客に向けて能動的なセールスを展開するため結果として売上は当然のように向上します。それだけでなく見込み客を育てることも出来るようになります。

 

LINE配信やステップメールを活用することで、お客様が興味を持っている商品やサービスに関する追加情報などを発信することができます。

 

その結果、見込み客の興味を育てることができるほか、信頼や安心も勝ち取ることができます。結果として、高いCVRを保つことができ、さらなる売上の向上を目指せます。

 

売上が安定する

 

リスト取りをすることで売上を安定させることができます。

 

リストの利用することで自分の販売している商品やサービスを潜在的に求めているお客様を把握することができます。

 

その結果、不特定多数に向けてセールスをかけるよりも、リストにいる顧客にセールスをかけることで、売り上げが安定的に向上します。

 

加えて、こちらからお客様が欲しがるものを積極的に売り込むことができるため、他のマーケティング手法に比べて顧客の興味が離れにくなり、長期的に安定した売上げを保つことができます。

 

セールスの効率がよくなる

 

リスト取りをすることでセールス効率を上げることも出来るようになります。

 

リスト取りをしていない場合どのようにセールスをかけるか、毎回ゼロから考えることになるため、セールス効率が低下してしまう原因となります。

 

しかしリスト取りをあらかじめしておくことで、そのリストを使ってセールスをすることができます。結果としてセールス効率を上げることができるようになります。

 

また、リストの連絡先は見込み客が多く、安定的で高い売り上げを上げやすくなります。

 

リスト取りをする方法

ブログを開設・運営する

 

リスト取りをするためには、まずブログを開設することが大切です。

 

リスト取りをしたい分野で有益な情報を発信し、多くの検索流入からの集客を目指します。

 

こうすることで自分のことを見込み客に知ってもらい、なおかつ興味を持ってもらうことができます。

 

また、多くの検索流入があるほど、自分が売っている商品やサービスを求めている見込み客の流入数も増えていきます。そこからリスト取りができるように訴求を進めていきましょう。

 

あらかじめ多くの見込み客を集められている場合、訴求をすることで連絡先を集めることができます。

 

魅力的なランディングページを作る

ブログを開設したら、リストを取るためにランディングページを作ります。

 

これはそのブログの中で見込み客の心をつかむための大切なページとなります。こちらで自分の商品やサービスのPRをするわけですが、それだけではありません。

 

その商品やサービスがなぜ必要なのか、見込み客の悩みに共感し、その解決の助けができることを相手の立場にしっかりと立って訴えてみましょう。

 

このランディングページからメールマガジンやLINE@などの登録につなげることができます。

 

特典を用意する

ランディングページからメルマガやLINEに登録してもらうためには、特典を用意することも大切です。

 

興味はあっても、知らないものには腰が重くなってしまいがちになるため、そこを助ける一押しを用意するのです。

 

たとえば、見込み客の悩みを解決できるようなノウハウがまとめられたPDFファイルの配信などを行うと良いでしょう。

 

このようなちょっとした特典を用意することで、リスト取りができる確率は上がります。

 

SNSの活用をする

うまくリスト取りをするためには、ブログからの発信だけでなく、SNSを活用することも重要です。

 

Twitter、Instagram、YouTubeなどのSNSを手広く活用してください。

 

積極的にこれらで発信することで親近感をもたせられます。

 

とくに最近は動画が主流になっているため、YouTubeでの発信はおすすめです。

 

このときにはちょっとした接触でも回数が多い方が、好感度が高まります。

 

この単純接触効果を生み出すために、発信の質はもちろん、できるだけ高頻度で発信を行うことが大切です。

 


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年4月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です