トミー福沢氏とは?AutoAlchemyProjectについて

「トミー福沢っていったい何者なの?」
「Auto Alchemy Projectの詳細を知りたい!」
「情報商材に興味あるけどどれがいいのかわからない…」

あなたは今、そんなことを考えていませんか?

ネットビジネスをするにあたって、コンサルを受けたり情報商材を買おうと思い立っても、
一体誰のアドバイスを受ければいいのか分からなくなりがち。

せっかく大金を払って商材を買っても、
質問対応が雑だったり、中身がなかったりで無駄になってしまうことも…

そこで今回は、そんな情報商材を販売している人物の一人「トミー福沢」さんについて、
一体どういう人物なのか、ブログやTwitterの発信内容や、
販売している情報商材の実態について解説します。

この記事を読めば、
トミー福沢さんについての詳細や、彼の提供する「Auto Alchemy Project」という商材について完全に理解することができます。

この記事があなたのお役に立ちましたら幸いです。

P.R.このメディアの管理人について

このメディアの管理人について紹介しますね。



20歳で起業し、本メディアで解説してるDRMを研究して
1人の会社で年商1億円(利益率7割超)を突破。


得た知識をDRMjapanで公開しているので、
ぜひ当サイトのコンテンツを読んでみてください。



また、DRMをより本格的に学べる、
読者数2万人超のメールマガジンもやっています。

もしよかったら読んでみてくださいね→ふっさん公式メルマガへ


それでは、コンテンツをお楽しみください!

トミー福沢ってどんな人?

トミー福沢さんですが、子供時代はすさまじい人見知りで、人前で話すことも知らない人と交流することも苦手だったといいます。

13歳からアフィリエイトを開始、中学生の間に物販とアドセンス合わせて月8万を稼ぐことに成功。

高校生の間にサラリーマンの月収以上を安定的に稼げるようになり、20歳からは情報発信を開始。

自身の見つけ出した「売れるシナリオ」を会社や提供したり、自身で複数の会社を立ち上げることで、23歳時点で年収が1億円を超えています。

現在は東南アジアに在住。
ブログのプロフィールでは情報発信を行っているとしていますが、
6月13日にTwitterにて最近は全く情報発信をしていない旨をツイートしています。

ちなみに、トミー福沢さんの行っているビジネスは、DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)と呼ばれるものになります。

「DRMってなに?」と思ったあなたは、以下の記事を読んでみてください。
DRMがどういうものか、まるっと理解できます。

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは?集客、教育、販売の3ステップを解説

トミー福沢のTwitterは?


トミー福沢さんのTwitterリンクはこちらになります。

https://twitter.com/tommy_fukuzawaa?s=20

Twitterアカウントは2019年1月に作ったようですが、実際にツイートを始めたのは2020年になってから。
最初はその日に行った事のメモのようなツイートばかりをしていましたが、

次第に話題になったニュースの引用リツイートや、仕事をする中で得た気づきなどもツイートするようになっています。

しかしいかんせんツイート数が少なく、フォロワー数も300人ほどになっています。
Twitterのほうはそこまで力を入れていない模様です。

トミー福沢のブログは?


トミー福沢さんのブログはこちらになります。

13歳で起業し年間3億円稼いで海外移住したトミー福沢の物語
https://big-chips.com/

ブログの中身は、
ネットビジネスに関する解説、自分のビジネス哲学などをまとめた記事や、
海外に移住したか方へのインタビュー記事が主な内容です。

総記事数は80ほど。
記事の更新日時が分からず、現在もコンスタントに更新されているのかは正確には分かりませんが、
前述のツイートや、最新の海外移住者へのインタビューにコロナウイルスに関連した内容が全く出てきていない点などから、最近は更新されていないだろうと推定します。

トミー福沢のAuto Alchemy Projectとは?


トミー福沢氏の提供する情報商材、サービスとして
「Auto Alchemy Project」というものが存在します。

メルマガやlineを通して紹介される流れになるのですが、その内容は、
「Neo Automation Formula」というビジネスを自動化するノウハウを教える会員限定サイトと、
6か月間のプロによるメールでのサポートが主です。

料金は、
スタンダードクラスで149800円(一括だと99800円)、
9つの追加特典つきのマスタークラスでは249800円(一括で199800円)になっています。

教える内容としては「ビジネスの自動化」をテーマに、

1. 売れる商品、企画を作る
2. ステップメールを作成する
3. セールスレターを作る
4. 動画ページを作る
5. SNS,ブログからリストを集める

という各プロセスについてのノウハウやポイントの解説に集約されます。

顧客の理性のリミッターを外し、高額商品を衝動買いさせてしまう
「支配感情」の刺激方法に特化した内容になっています。

トミー福沢 まとめ

今回は、13歳からアフィリエイトをはじめ、
1億越えの年収を持つというトミー福沢さんの経歴やブログ・Twitter、販売している情報商材の詳細についてご紹介しました。

極度の人見知りだったが中学生時代からネットビジネスに触れてきた経験を生かし、
情報発信によって大成功したというトミー福沢さん。

どういった活動をされており、どういった教材を販売されているのかよくわかったことだと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年8月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です