和佐大輔氏が何者かあらゆる角度から紹介。どういう人物かわかる!

「和佐大輔って、ネットビジネスで大金を稼いでいるそうだけど、一体どんな人なんだろう?」
「『テトラポッドに花束を』という本を出しているようだけれど、どんな本なんだろう?」
「ネットビジネス大百科で有名な人?」

あなたは今、そんなことを考えていませんか?

そこでこの記事では、和佐大輔氏について

●一体どういう生い立ちの人なのか、
●『テトラポッドに花束を』とはどういう本なのか
●和佐大輔氏のYoutubeチャンネルやネットビジネス大百科について

など、

和佐大輔氏にについて徹底的に解説します。

この記事を読めば、和佐大輔氏についてはまるっと全てを知れることでしょう。

ちなみに、この記事を書いている人って、誰?

きっとあなたはそう思われたことでしょう。

初めまして。管理人のふっさんと申します。

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)というビジネスモデルにて、
1人の会社で年商1億円を突破。

〝普通に働く以外の方法〟で稼ぎたいあなたへ。
ぜひ当サイトの色々な記事を読んでみてください。


DRMについて学べ、
個人で稼げる自由な人生への第一歩を踏み出せます。

和佐大輔ってどんな人?


和佐大輔氏は、かなり衝撃的な生い立ちの人です。

12歳のときに事故で首の骨を骨折。頚椎損傷という障害を負い、半身不随となる。
16歳で高校中退。17歳で企業。起業してから1年で年商1億円の規模にまでビジネスを急成長させる。社員は家族3人だけと言う、完全家族経営で9年間連続収益増を成し遂げ、インターネットマーケティング業界で数々の伝説を生み出している。

(「和佐大輔公式ブログ」より https://daisukewasa.com/profile/

半身不随になって車椅子生活を送っているのも、高校を中退したのも、
その後ネットビジネスの世界に飛び込み1年目にしていきなり年商1億円を叩き出しているのも、すべてが衝撃的と言えるでしょう。

和佐大輔氏が2007年にリリースしたネットビジネスの教材、「ネットビジネス大百科」は10年以上もベストセラーであり続け、ネットビジネス界のバイブルと化しています。

「そもそもネットビジネスってどういうものなの?ぜんぜんイメージがつかないんだけど」という場合は、以下の記事で詳しく解説しているので、あわせて読んでみてください。

ネット起業で“本当に稼げる”10のビジネスモデルを大公開

和佐大輔の本『テトラポッドに花束を』ってどんな本?


[テトラポッドに花束を」をAmazonで見る>>

和佐大輔さんは『テトラポットに花束を』という本を出しております。
Amazonにてレビューもたくさん付いており、評価も高いです。

内容としては、
さきほど和佐大輔氏の壮絶な人生について軽く紹介しましたが、

この本ではそんな和佐大輔氏の人生についてより深く語られ、何歳のときの、どの出来事がきっかけで、
どういった価値観を持つに至ったか、

といったことが赤裸々に書かれてあります。

また、「今の時代、インターネットを使っていかにして生きていくべきか」といったことも解説されています。

これからの時代に沿った内容なので、気になった方は読んでみると良いでしょう。

和佐大輔のYoutubeチャンネルは?


和佐大輔氏はYouTubeチャンネルを持っています。

https://www.youtube.com/channel/UCXVSpeExBWXBaE_KJd0-PiQ

内容としては、「インターネットを使っていかにこれからの時代を生きていくか」という内容が多いですので、見るだけでも勉強になることでしょう。

チャンネル登録者数は2020年6月時点で4500人ほどおり、
人気の動画は数万回単位で再生されています。

最後の更新は2019年の12月と、最近ではやや投稿頻度は下がり気味ではありますが、
和佐大輔氏のYoutubeチャンネルは5年以上も前から存在しますので、

ときどき投稿が空く期間は挟みつつも、未だに更新され続けているチャンネルになっています。

和佐大輔のネットビジネス大百科とは?


先程も軽く紹介しましたが、ネットビジネス大百科は和佐大輔氏が木坂健宣氏と2007年にリリースした、ネットビジネス界で知らない人はいないと言えるレベルで有名な教材です。

内容としては具体的なノウハウというよりかは、抽象的で本質的な部分が多めで、
時代の流れに左右されにくい内容となっています。

だからこそ販売から5年、10年と経ってもベストセラーであり続け、ネットビジネス界におけるバイブル的存在となりました。

現在は後述するネットビジネス大百科2が出ていますので、残念ながらネットビジネス大百科は販売が終了しています

和佐大輔の,ネットビジネス大百科2とオンラインサロンは?


販売開始から長きに渡って多くの人々から愛されていたネットビジネス大百科ですが、ついに販売が終了し、

2019年にネットビジネス大百科2として生まれ変わってリリースされました。

こちらは、「和佐・木坂サロン」に入会すると無料でついてくる形になります。

ネットビジネス大百科2は、『抽象的で本質的な部分が多めで、時代の流れに左右されにくい内容』という軸は変えないまま、

12時間を超えるセミナー動画で、ネットビジネス大百科1の内容をよりブラッシュアップしたものになります。

和佐・木坂サロン内では、日々ネットビジネスを行う上での有益な情報が提供されたり、メンバー同士で交流できるイベントが開かれたりしています。

サロン内で提供される情報も、やはり具体的なノウハウというよりかは、応用が効くような本質的な内容が多くなっています。

ネットビジネス大百科2はこちら

和佐大輔 まとめ

以上、この記事では和佐大輔氏についてさまざまな確度から紹介しました。
和佐大輔が何をしていて、どういった人なのかについて、まるっと理解できたことかと思います。


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年8月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です