情報発信で起業をすることはできる?

ちなみに、この記事を書いている人って、誰?

きっとあなたはそう思われたことでしょう。

初めまして。管理人のふっさんと申します。

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)というビジネスモデルにて、
1人の会社で年商1億円を突破。

〝普通に働く以外の方法〟で稼ぎたいあなたへ。
ぜひ当サイトの色々な記事を読んでみてください。


DRMについて学べ、
個人で稼げる自由な人生への第一歩を踏み出せます。

情報発信をして起業をすることはできるのか

現代では情報発信で起業することが非常に簡単になってきています。

 

実際にインフルエンサーやYouTuber、ブロガーなど、情報発信をして起業をし、多くのお金を稼いでいる人が非常に増えています。

 

従来とは異なり、現代はインターネットが発達し、世界中に情報が発信できるようになっているため、自分の持っている情報のニーズが高まり、情報を発信することで多くの人のニーズや多くの企業のニーズを満たすことができるようになりました。

 

情報発信をして起業することのメリット

場所を選ばずに働くことができる

情報発信をして起業することで、場所を選ばずに働くことができるようになります。

 

現代はインターネットがあれば世界中どこでも働くことができるため、海外に住んで情報発信を行いながら生活をする日本人も多く見られます。

 

例えば、南国に住むことで、日本の冬の厳しい寒さや花粉症の辛さから避けて快適な暖かい生活を送ることもできるようになりました。

 

これまでは我慢して会社に通い給料を稼ぐという考えの人が多かったですが、現代では自分の好きなことをして楽しく稼ぐことができるようになっています。

 

ビジネスを始めるのに元手が掛からない

情報発信の起業は、元手がかからないことが大きなメリットであるといえます。

 

他のビジネスを始める際には、基本的に初期投資が必要となるものが多いですが、情報発信ビジネスにおいては自分の知識を資本とすることができるため、特別大きな初期投資を必要としていません。

 

ブログを運営する場合であれば、ドメイン代とサーバー代の月に数千円程度があれば簡単に情報発信での企業ができるため、誰でも簡単に参加することができます。

 

収入を自動化させることができる

情報発信の起業を行うことで、収入を自動化させることができます。

 

自分の発信がウェブサイトに残り続けるため、従来のような営業活動を行わなくても、自然と読者がサイトに訪問し、商品の購入などが行われます。

 

その結果、自分が働いていない際にも商品の売上を発生させることができるようになります。

 

収入を自動化させることができることによって、様々な事業に挑戦することができたり、売り上げをより伸ばすことができることなどのメリットがあります。

 

情報発信をして起業をする方法

ブログの発信をする

ブログを開設し、発信することも立派な情報発信の起業の一つであるといえます。

 

実際ブログの発信を行っている人の中には月に1000万円以上を稼いでいる人も見られます。

 

また近年では企業もブログの発信を積極的に行っており、しっかりと戦略立ててブログを運営することで、少なくとも生活をすることは充分に可能といえます。

 

ブログを発信することで、20代で億を稼ぐ人も増えているのが現状です。

 

情報商材・教育教材の販売をする

情報商材や、教育教材の発信、活動や販売を行うことでも大きく稼ぐことができるようになります。

 

情報商材や教育商材に関しては十万円を超える商品もあり、販売車の中には月に1,000万円以上を稼ぐ人もいます。

 

また最近ではnoteという、個人が気軽に情報商材を販売することのできるサービスが有名になり、中学生でも月に数100万円を稼ぐ人も出てきています。

 

動画配信をする

情報発信はブログや情報商材などの文字媒体だけでなく、動画配信を行うことも有効です。

 

YouTubeなどの動画プラットフォームを利用した動画配信はもちろん、自分自身で動画教材を制作し、販売することでも大きく稼ぐことができます。

 

事実、ブログ運営やプログラミング学習に関する動画の情報商材を販売しているサービスや会社は多いです。

 

情報発信で起業に成功した人の事例

YouTuber

最近の情報発信での起業に成功した最も有名な事例として、YouTuberが挙げられます。

 

YouTuberの中にも、おもちゃのレビューや面白系動画などのエンタメ系に特化した人からビジネスに関する情報の発信に特化した人など、様々な種類のYouTuberが見られます。

 

彼らの中には、月に数百万円以上、数千万円以上稼いでる人も多く、情報発信の起業における成功者であると十分にいえるでしょう。

 

なお、YouTubeの収益化をするには、1000人以上の登録者と過去12カ月間の総再生時間が4000時間以上という条件があります。

 

アフィリエイター

アフィリエイターはブログやウェブサイトを利用して商品の紹介や宣伝を行うことによって紹介料を受け取ることの出来る仕事です。

 

アフィリエイターの中には、月に数百万円から数千万円以上を稼ぐ人もいます。大学生で多くの収益を上げている人も多く、アフィリエイトを通じて企業をしている学生は多いです。

 

アフィリエイターとして多くの収益を上げるためには、SEOに特化したライティングや有料広告の知識、セールスライティングの知識やWebマーケティングの知識など様々な知識や技術が必要となります。

 

講演家・セミナー講師

講演家やセミナー講師は元々公民館やホールなどでオフラインでの活動を主としていましたが、近年ではインターネットを活用した公演家やセミナー講師も多く、より多くの人に公演を届けることができています。

 

その結果収益をより多く伸ばすことができ、年収数千万円や数億円以上の講演家やセミナー講師も増えています。

 

オンライン講座の講師

オンライン講座の講師も情報発信を行って起業に成功した人の一人であるといえます。

 

オンライン講座の内容としては、動画編集やプログラミングなどの講座は特に人気のある講座として知られています。

 

企業のオンライン講座だけでなく、個人でオンライン講座を自作して販売することで大きな収益を上げている人も見られます。

 

情報発信で起業するために必要な知識

基礎的な知識

情報発信を行い、起業して稼ぐためにはその分野における基礎的な知識は最低限必要不可欠です。

 

できればより深い知識を持っていることで、他の人と差別化をすることができるようになります。

 

ただし情報発信を継続して行うことを通じて、その分野に関して深い知識を手に入れることもできるため、まずは情報発信を始めてみることも有効です。

 

社会的ニーズの大きい知識

情報発信で起業し稼ぐためには社会的ニーズの大きな知識を身につける必要があります。

 

インターネット上の情報発信では社会的ニーズの少ないニッチな分野の知識においてもある程度お金を稼ぐことはできますが大きく稼ぐためには社会的なニーズの大きな多くの人が求めるような情報の発信を行うことが必要となります。

 

ニーズの大きな知識に関しては多くの人が発信をしておりそのぶん競合が増えるとも言えますが、全体の市場が大きいため社会的ニーズの大きい知識を発信することで大きく稼ぐことができます。

 

狭く深い知識

狭くて深い知識も情報発信で起業し稼ぐためには有効な知識といえます。

 

自分だけしか知らないような一点において特化した知識を求める読者は、これまでの市場では見かけることができませんでしたが、インターネット上においてはそのような人をターゲットに情報発信を行うことができるようになりました。

 

狭く深い知識に関しては他社の追随を許さないで発信を続けることができるため、継続して安定的な収益を稼ぐこともできます。

 

情報発信で起業する際の注意点

1次情報やオリジナルの情報を発信すること

情報発信で起業する際には、一次情報やオリジナルの情報を発信することが必要となります。

 

インターネット上で収集した情報をそのまま流用した、いわゆるパクリの情報などを発信し続けていると、読者からの反応が弱まったり、様々なトラブルを引き起こしてしまう要因ともなります。

 

情報を発信する際には、自分の持っている知識や情報を発信することが大切です。

 

人の役に立つために情報を集約すること

情報発信をする際にはパクリの発信はご法度だと書きましたが、人の役に立つために世の中にある様々な情報を収集し分かりやすく要約した情報に関してはニーズがあるためおすすめです。

 

また、その中でも自分独自の観点のオリジナル情報を付け加えて発信を行うことで、より有益な情報発信ができるようになります。

 

情報の受け手が満足する内容を発信すること

情報発信をする際には、情報の受け手、つまり読み手が満足をする内容を発信することが必要になります。

 

そのためには読み手の求めるニーズを正確に把握し、それに適切に回答した情報を発信することが必要となります。

 

読み手のニーズに適切に答えた情報発信を行うためには、細いリサーチをする必要があります。

 

自分の好きなように情報発信をするのではなく、常に読み手のことを考えた情報発信を意識するようにしましょう。

 

できるだけ高い頻度で発信をすること

情報発信をする際には、できるだけ高頻度での発信を心がけましょう。

 

情報発信を行う上でのポイントとして情報の内容についてはもちろん情報の発信頻度は極めて重要な要素となります。

 

高頻度で情報発信を行うことで、単純接触効果が働き、読み手からの信頼感が高まります。

 

そのためできるだけこまめに、できるだけ毎日発信をすることが理想的です。

 

毎日発信を継続することで必然的にあなたの情報への支持者が増えていきます。

 

高品質な情報を発信すること

情報発信をする際には常に高品質な情報を発信することを意識しましょう。

 

個人の日記のような誰もが求めないような情報を発信すると読者からの信頼を手に入れることはできません。

 

また、内容の正確性が担保されていないなどの低品質な情報を発信していると読者は離脱をしてしまいます。

 

そのため、情報発信する際には常に高品質な情報を発信するように意識する必要があります。

 


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年8月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です