アムウェイの勧誘の手口や断り方!これでマルチ商法に引っかからない

「アムウェイってネットで目にすることがあるけど、一体なんなの?」
「知り合いにアムウェイの会員がいるけど、誘われたらどうなるの?」
「アムウェイってヤバイ組織なの?」

あなたは今こんなことを考えているのではないでしょうか?

アムウェイはマルチ商法によって利益を上げている企業のことで、ネット記事などでたまに見かけることがあります。

アムウェイは会員数を増やすために自分の知り合いや友達などをよく勧誘していますが、その際には会員同士で連携をしあい言葉たくみに誘ってきます。

そのため、アムウェイに対して何も知識がない人は簡単に会員として勧誘されてしまう場合があります。

そこでこの記事では、アムウェイについてと、その時の勧誘の手口と断り方を解説します。

この記事を読めば、アムウェイがどのような企業でどのような勧誘の手口を使ってくるのかが分かります。

この記事があなたのお役に立ちましたら幸いです。

P.R.このメディアの管理人について

このメディアの管理人について紹介しますね。



20歳で起業し、本メディアで解説してるDRMを研究して
1人の会社で年商1億円(利益率7割超)を突破。


得た知識をDRMjapanで公開しているので、
ぜひ当サイトのコンテンツを読んでみてください。



また、DRMをより本格的に学べる、
読者数2万人超のメールマガジンもやっています。

もしよかったら読んでみてくださいね→ふっさん公式メルマガへ


それでは、コンテンツをお楽しみください!

アムウェイって?

アムウェイとは、1959年に設立されてた「アムウェイコーポレーション(Amway Corporation)」というアメリカ・ミシガン州に本社がある販売企業のことです。

主に、マルチ商法によって洗剤、空気清浄機、浄水器といった家庭用品や日用品を販売しています。

違法な法人企業ではありませんが、マルチ商法という法令的にグレーな手法によって利益を上げているため、会員の中には借金を抱えている人もいます。

「そもそもアムウェイってどんな会社?」という部分に関しては
以下の記事で詳しく解説しているので、あわせて読んでみてください。

アムウェイとは?歴史からビジネスモデル、勧誘まで徹底解説!

アムウェイの勧誘の手口は?

アムウェイはマルチ商法という仕組みで、会員数を増やすことで販売員の確保や利益を上げていますが、その際の会員の勧誘は友人や知人といった身近な人をターゲットにします。

その時の勧誘の手口は、主にアムウェイが開催するパーティーやセミナー誘ったり、カフェに食事として誘ったりするなどが多くなっています。

それぞれの勧誘の手口を細かく見ていきましょう。

パーティーやセミナーに誘う

アムウェイでは定期的にパーティーやセミナーを開催していますが、それは新たな会員を増やすための目的や手段としても利用されています。

それらのパーティーやセミナーでの誘い文句として多いものには「すごい人に会わせたい」「とてもためになるセミナーだから」といったものです。

パーティーやセミナーに誘ってくるのは知人や友人などが一般的で、よくあるパターンとしては「久しぶりに同窓会に行ったら旧友から誘われてしまった」といったものがアムウェイの勧誘では多くなっています。

アムウェイが開催するパーティーやセミナーでは、参加者の8割~9割はアムウェイの会員で、残りの1割~2割の参加者は新たな会員候補として誘われてしまった人などです。

パーティーやセミナーの主な内容は、アムウェイの新製品の発表や個人販売の売り上げ報告などが多く、アムウェイの会員達がそれらの発表を大いに褒めたたえていきます。

それはまるで何かの宗教団体の集会のような状態になり、アムウェイに対して何の知識がない人は周りがあまりにも称賛するため「すごい企業だ!」「儲けられる!」とアムウェイに対して徐々に興味が出てしまいます。

その結果、パーティーやセミナーの終了後に直接の勧誘をされてしまうと、簡単にアムウェイの新規会員として勧誘されてしまいます。

カフェで勧誘する

           
アムウェイの勧誘はパーティーやセミナーに誘って洗脳させてしまうような手法が多くなっていますが、その他にもいくつかの手法があります。

パーティーやセミナーの次に多いものには「食事に行こうよ」「カフェでコーヒーでも飲みませんか?」といった飲食店に誘って会員にしてしまう手法です。

特に後者の「カフェ」で勧誘する手法はアムウェイでは定番で、なかでも東京・神奈川を中心に展開しているカフェ「喫茶室ルノアール」が利用されています。

その他にも、ホテルの屋上やラウンジにあるカフェを利用することもあり、知人や友人などから突然それらのカフェへの誘いがあったら少し警戒した方がいいでしょう。

その時の誘い文句としては先ほど紹介したパーティーやセミナーでの誘い文句と同じで「とにかくすごい人がいるから会わせたい」といったものが多くなっています。

実際に誘いに乗ってしまいカフェに行くと、最初は誘ってきた友人や知人だけしかいなく、「すごい人」は少し時間を置いてからカフェに来る段取りになっています。

15分~20分ぐらいした後に「すごい人」、いわゆる「アムウェイで稼いでいる人」が登場します。

その「すごい人」が登場してきたら友人は「すごい人」を褒めたたえ、どのように稼いでいるのか、アムウェイによってどのくらい成功したのか、といったことをとにかく熱く語りかけてきます。

すると、「すごい人」も自分がアムウェイによって人生が大きく変わったといったような内容を語りだし、その際にも友人は大きい仕草で頷いたり相づちを打ったりします。

また、「すごい人」は会話の途中でトイレにたびたび行ったりしますが、これも段取りのうちに含まれています。

トイレに行っている間に、友人が「何か疑問に思ってない?」などと質問して、その時の質問の内容などをLINEやメールを使い「すごい人」にこっそりと送信しています。

その後「すごい人」がトイレから戻ってくると、友人から送られてきたLINEやメールを参考にして、言葉巧みにアムウェイに対する疑問や不安点などを解消していきながら「すごい人」は徐々に会員に誘い込もうとします。

このように、アムウェイではカフェを利用してうまく連携を取りながら勧誘してくるので、マルチ商法に誘われないためにも事前にこのような手法があるということを知っておいた方がいいでしょう。

なんでアムウェイの勧誘に乗るのはまずいの?

アムウェイで稼いでいる人というのはごくごく一部の会員のみで、ほとんどの会員が稼げていません。

また、会員の中にはアムウェイの自社商品を自分で購入している人もいて、わざわざ借金をしてまでアムウェイの会員を続けている人などもいます。

そのためアムウェイの勧誘に乗ることはおすすめできず、月に100万円といった大きな金額を稼ぐためにはかなりハードルが高いビジネスモデルです。

「マルチ商法というのについて、なんとなくはわかったけど、もっと詳しく知りたい」という場合は、
以下の記事で詳しく解説しているので、あわせて読んでみてください。

ネットワークビジネス(マルチ商法)について徹底解説!どんな人がハマってしまう?

マルチ商法のアムウェイでの商材ビジネスよりも、こちらのサイトで解説しているネットビジネスの「DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)」の方がより簡単に稼ぐことができます。

「DRMってなに?」と思ったあなたは、以下の記事を読んでみてください。
DRMがどういうものか、まるっと理解できます。

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは?集客、教育、販売の3ステップ

アムウェイの勧誘ってどう断ればいいの?

ここまで、アムウェイの勧誘の方法や手法などを簡単に紹介していきましたが、これらの勧誘はどのようにして断ったらいいのでしょうか?

もっとも簡単な断り方は、そもそもパーティーやセミナー、カフェといった誘いに最初から乗らないことです。

アムウェイの勧誘をしてくるのは友人や知人などが多く、パーティーやセミナーなどの誘いが来たら直ぐにその場で断ってしまえばそこで話は終わります。

その時の断り方としては、その場でハッキリと断ってしまう方がよく、そこでうやむやにして断ってしまうと時間を置いてから再度誘いの連絡が来てしまいます。

ただ、アムウェイの勧誘は親しい友人や知人からの場合もあり、そのような昔から付き合いのあるような親しい友人などからの誘いの場合には、ハッキリと断れない人もいるかと思います。

そのような時には、友人や知人に嫌われない程度にうまくその誘いを濁すように断るなどをして、決してパーティー会場やカフェなどの飲食店といった会場や場所には足を運ばないようにして下さい。

また、その時の誘い文句では「とてもためになるセミナーだから」「すごい人がいるから会わせたい」といったものが多いので、このような言葉が出てきたらアムウェイの勧誘に限らず何らかのマルチ商法の勧誘だと思っていた方がいいでしょう。

そして、このような予備知識を持っていればセミナーやカフェといった所へ足を運んでしまう前に思いとどまることができるので、アムウェイの勧誘に対してはいかに予備知識を蓄えておけるかがポイントになってきます。

アムウェイの勧誘はとても巧みで会員同士で連携を取り合いながら囲いむように行ってくることが多いので、予備知識をしっかりと持ちハッキリとその場で断るようにして下さい。

アムウェイの勧誘まとめ

今回はアムウェイの勧誘方法やその時の断り方をそれぞれ紹介していきましたが、アムウェイは身近な人が会員になっている場合があります。

そのため、アムウェイの勧誘と分からずにセミナーやカフェなどに一緒に行ってしまうことはよく起こることです。

また、アムウェイはマルチ商法による商材ビジネスなのでほとんどの人が稼いでいなく、会員になってしまうと無駄な年会費を支払わされてしまいます。

そのようなことがないように、今回紹介したことを予備知識として頭に入れておき、アムウェイに限らずマルチ商法の勧誘には引っかからないようにして下さい。


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年8月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です