アムウェイとは?歴史からビジネスモデル、勧誘まで徹底解説!

ちなみに、この記事を書いている人って、誰?

きっとあなたはそう思われたことでしょう。

初めまして。管理人のふっさんと申します。

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)というビジネスモデルにて、
1人の会社で年商1億円を突破。

〝普通に働く以外の方法〟で稼ぎたいあなたへ。
ぜひ当サイトの色々な記事を読んでみてください。


DRMについて学べ、
個人で稼げる自由な人生への第一歩を踏み出せます。

アムウェイとは?


アムウェイは、世界100カ国以上に進出しているアメリカ発祥の日用品メーカーです。アムウェイは日本国内においても現地法人が進出しています。1979年に設立された「日本アムウェイ株式会社」は東京都渋谷区に拠点があり、日本国内での営業を精力的に行っています。

アムウェイの特徴として、自社ブランド商品を取り扱っていることが挙げられます。具体例を挙げると、サプリメントブランドである「Nutrilite」や、化粧品ブランドの「Artistry」などがあります。その他にも、空気清浄機や浄水器などの生活用品を自社ブランドとして販売しています。

1990年代には日本アムウェイの商品がブームになったこともあり、国内での売り上げを大きく伸ばしたことで知られています。2018年時点においてはアムウェイの売り上げの大半として栄養機能食品があり、全体の半分近い割合の売上を占めています。

アムウェイのビジネスモデル


アムウェイの大きな特徴として、ネットワークビジネスによる紹介販売のモデルを採用していることが挙げられます。アムウェイビジネスにおいては通常のメーカーが販売する商品のように問屋や店舗といった流通を介すことがなく、消費者がアムウェイから直接商品を購入することができる仕組みを採用しています。

商品を作るメーカーであるだけでなく、小売業にも対応していることがアムウェイの強みと言えます。アムウェイではこのようなビジネスモデルを採用することで問屋をはじめとした中間マージンが不要となるため、その分の利益に関しては消費者への報酬へと割り当てることができています。

またアムウェイのディストリビューター(会員)への登録を行うことによって、商品を割引価格で購入したり、新規会員の紹介による報酬を受け取ることができます。

アムウェイに並んでネットワークビジネスを行う有名な企業として「ニュースキン」があります。ニュースキンのことが知りたい方は「ニュースキンがやばいと言われることがある理由」をお読みください。

アムウェイで取り扱う商品


アムウェイでは、サプリメントや浄水器をはじめとした幅広い日用品の取り扱いがあります。サプリメントに関しては、ビタミンやミネラルといった基本的なものをはじめ、エイジングケアやダイエットサポート用の製品など幅広い品揃えがあります。

また化粧品に関しては、女性向けの製品はもちろん、男性向けのスキンケア商品の取り扱いもあります。その他にもヘアケアやボディケア商品も充実しており、保湿用品や制汗剤など各種目的に応じた製品を選ぶことができます。キッチン用品や食料品の取り扱いもあり、鍋やフライパンといった調理器具から調味料まで揃えることができます。

また自社ブランドの浄水器や空気清浄機も人気があり、風呂用やキッチン用など、目的に応じた商品のラインナップが充実しています。このように、アムウェイでは私達の日常生活に利用するあらゆる種類の製品の取り扱いがあるため、アムウェイの製品だけで生活のすべてをカバーすることも不可能ではありません。

アムウェイの歴史


アムウェイの大元となっているのが、1930年代に設立されたリー・マイティンガーとウィリアム・キャッセルベリーの共同会社です。この2人が生み出した「ダイレクトセリング方式」という手法は、現在のアムウェイの原点として知られています。

後にアムウェイ創立者のジェイ・ヴァンアンデルとリッチ・デヴォスはこの共同会社のグループに入り、「ニュートリライト」というメーカーの栄養補給食品の販売事業を展開することになります。しかし、1948年にニュートリライトが訴訟を起こされたことで業績が悪化し、2人は1959年に独立することになります。

独立したジェイとリッチが起こした会社が、現在のアムウェイです。なお、社名であるアムウェイ(Amway)は「American way association」の頭文字を取って名付けられました。

アムウェイは稼げる?


アムウェイで実際に稼いでいるという方がいることは確かですが、アムウェイで稼ぎ続けるためには商品の販売やディストリビューターの勧誘を継続的に行い続ける必要があるため、安定して稼ぎ続けることは非常に難しいビジネスであると言えるでしょう。

アムウェイビジネスを行うことによって順調にグループ作りや商品販売ができる場合もあります。ただし長い期間に渡ってグループが広がり続けることは稀で、大半の場合はどこかで打ち止めになってしまう場合が多いです。またアムウェイでの報酬を増やすためには、グループ全体での売り上げによってタイトルを獲得する必要があります。

タイトルを獲得するために自分自身でアムウェイの商品の在庫を抱えてしまい、結果的に利益が少なくなってしまうという人は珍しくありません。このような行為を繰り返し行うことで、多額の借金を抱えてしまう人がいることはよく知られています。

アムウェイ成功者の収入


絶対数こそ多くはないですが、アムウェイビジネスで成功して大きな収入を得ている人も見られます。ただし、大半の人にとってはアムウェイで稼ぐことは簡単ではないことが多く、実際に稼げている人はごく一部に限られていることが知られています。

その中でも特に優秀な成果を収めているアムウェイビジネスの成功者の中には、1,000万円以上稼いでいる方や、大成功を収めて10億円以上稼いでいる方もいます。

タイトルと年収の事例の目安に関しては以下の通りです。

・ダイアモンド会員:約1,200万円~2,500万円
・ダブルダイアモンド会員:約5,000万円~
・ダブルクラウンアンバサダー会員:約10億円~

上記の通り、アムウェイビジネスを行って大きな収入を獲得している方がいることも事実としてあります。ただし、これらのボーナスを得ることができている方は数えるほどしかいないことを忘れてはいけません。

アムウェイに洗脳されて信者になる理由


実際には稼げないにもかかわらず、アムウェイビジネスに熱中してしまうことで結果的に大きな損失を出してしまう方は少なくありません。

このようにアムウェイにのめりこんでしまい、多額の損失を出しているにも関わらずアムウェイから足を洗うことができない人に関しては、良くも悪くもアムウェイにハマっている「アムウェイ信者」と呼ぶことができるでしょう。

アムウェイの勧誘の対象となる人の特徴としては、主にお金や時間のないことや、仲間がいないことなどで悩みを抱えていることが挙げられます。

このような悩みを抱えていると、親近感を持って勧誘をしてくるアムウェイのディストリビューターに対して心を許しやすくなってしまいがちです。勧誘者はこのような悩んでいる方に短期間で何度も会い、アムウェイのミーティングなどに勧誘を行うのです。

アムウェイのミーティングでは、成功者の体験や映像を紹介することによって、アムウェイに魅力を感じさせるための仕組みがされています。

その結果、アムウェイに勧誘された人は何度もミーティングに参加した挙げ句、「アムウェイ信者」となっていくのです。

アムウェイの勧誘について


アムウェイの勧誘は現在においてもいたるところで行われています。アムウェイの勧誘はしつこく強引であると言われることがあり、勧誘をしている方は周囲から距離を置かれやすいことが知られています。

勧誘者であるアムウェイ会員は、勧誘する対象となる人と対面し、直接の勧誘を行う手法を取っていることが一般的です。場合によっては自分の連絡先から勧誘相手を選び出すことも多いです。

古い友人などから急に誘いがあったときは、アムウェイへの勧誘である可能性があることを頭の片隅に置いておきましょう。

現状に不満のある方やさみしがり屋の方は特に勧誘されやすいことが特徴としてあります。アムウェイ会員と対面の機会があった場合には、ミーティングへの勧誘やアムウェイ商品の紹介などをされることになります。時には自宅に押し掛けてくるような、しつこい勧誘が行われる場合もあるようです。

アムウェイの勧誘を断る方法


アムウェイの勧誘は、時に「一度始まるとしつこい」といわれることがあります。何度も連絡してきたり、自宅や仕事先まで訪れてくることもあることも事例としてあり、多くのトラブルの原因となっています。

そのため、アムウェイに興味の無い人に関しては、勧誘をきちんと断ることが非常に重要となります。アムウェイの勧誘を断るためには、毅然とした対応をとる必要があります。

勧誘に対して曖昧な返答をしてしまうことで、しつこく説得されて入会まで丸め込まれてしまうことがあります。アムウェイに加入する意思の無い方は、絶対にアムウェイはやらないと伝えることが大切になります。


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年8月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です