ライフコンシェルジュとは?代表の「岡本公功」ってどんな人物?

ちなみに、この記事を書いている人って、誰?

きっとあなたはそう思われたことでしょう。

初めまして。管理人のふっさんと申します。

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)というビジネスモデルにて、
1人の会社で年商1億円を突破。

〝普通に働く以外の方法〟で稼ぎたいあなたへ。
ぜひ当サイトの色々な記事を読んでみてください。


DRMについて学べ、
個人で稼げる自由な人生への第一歩を踏み出せます。

岡本公功が代表のライフコンシェルジュとは?

ライフコンシェルジュは、生活の些細な悩みを解決することのできるサービスです。ライフコンシェルジュを活用することで、「ホテルの予約を取りたいけど何処が良いのか分からない」といった日常生活の些細な悩みを解決することができます。

ライフコンシェルジュには、旅行や不動産、車、飲食店といったさまざまな分野のエキスパート(弁護士や・税理士など)が登録しており、ライフコンシェルジュを活用することで、希望に応じてさまざまな悩みを解決することができます。

岡本公功が代表のライフコンシェルジュの会社概要

ライフコンシェルジュは2014年9月に代表者取締役の岡本公功(おかもときみのり)氏によって設立されました。ライフコンシェルジュの会社概要は以下の通りです。

・会社名:ライフコンシェルジュ株式会社
・設立:2014年9月
・所在地:〒113-0033 東京都文京区本郷2-39-6 大同ビル8F
・代表者:岡本公功
・事業内容:ライフコンシェルジュサービス、ライフコンシェルジュトラベルサービス、ライフエキスパートポータルサイト

ライフコンシェルジュは会員制のサービスです。会員になるためには、既に会員になっている人から紹介を受けることが必要となります。ライフコンシェルジュの会員数は、2018年時点において8,500人を突破しています。

ライフコンシェルジュの代表「岡本公功」とは?

ライフコンシェルジュの代表取締役の岡本公功氏は、もともとプログラミングの分野で活躍していた人物です。過去には、「ファイナルファンタジー」といった人気ゲームの開発にも携わっていたことがあります。現在45歳の岡本氏ですが、幼少時代からプログラミングに優れた能力を持ち合わせていたそうです。

そんな彼がライフコンシェルジュを設立したのは今からおよそ5年前、彼が40歳の時になりますが、それまでにも20代の頃からさまざまな会社を設立しています。

敏腕経営者としても知られており、株式会社MOMO、株式会社VRバンク、エクセリオ株式会社といった数多くのIT関連企業の代表を歴任しています。

岡本公功が代表のライフコンシェルジュのサービス内容

ライフコンシェルジュのサービス内容としては、主に「会員の生活に関するさまざまな悩みを解決してくれること」を主軸に置いています。そのため、具体的なサービスの例を挙げるとその内容は多岐にわたっています。

具体的なサービスの一例を挙げると以下のようなものがあります。

・何か調べものをして上手く検索結果が現れない時に代わりに検索してくれる
・時間がなくて上司や家族に連絡が取れない時に代行して連絡してくれる
・明日の天気予報を教えてくれる
・難しい法律相談おいて、専門知識が豊富なコンシェルジュが悩みを解決してくれる。

その他にも、最適な旅行プランやチケットの予約など、生活全般に関する些細なことをサポートしてくれることがライフコンシェルジュの特徴です。

岡本公功が代表のライフコンシェルジュのサービス利用方法

ライフコンシェルジュの大まかなサービスの流れとしては以下の通りです。

悩みや疑問をコンシェルジュに頼る

何か悩みや疑問があれば、まずはコンシェルジュに連絡をします。その場合の連絡方法として、

・電話
・メール
・ファックス
・Web

の中から選ぶことができます。

緊急に対応してもらいたい要件がある場合には、電話から連絡することですぐに対応してもらうことができます。

相談内容をコンシェルジュに伝える

コンシェルジュと連絡を取ることができたら、相談したい内容をコンシェルジュに直接伝えていきます。

この際のポイントとして、できるだけ早く悩みを解決したいのであれば、焦ることなく落ち着いてコンシェルジュに丁寧に詳細な内容を伝えるようにしましょう。

コンシェルジュもできるだけ会員のサポートをしたいと思っているため、相手に分かりやすいように説明することでスムーズな問題解決をすることができます。

コンシェルジュによる解決策を受け取る

コンシェルジュに悩みや疑問を伝えることができたら、一度コンシェルジュとの連絡を終了し、コンシェルジュからの返答を待機します。

その間にコンシェルジュ に会員の悩みや疑問を代わりに調べてもらうことができます。そのため要件を伝えたら、焦らず相手からの連絡を待ちましょう。

相談内容によってコンシェルジュからの連絡時間は異なりますが、早い場合には1時間ほどで連絡が来るので、最後はそのまま解決策を受け取りましょう。

岡本公功が代表のライフコンシェルジュはマルチ商法?

ライフコンシェルジュは月額制(2,000円)を導入していて、新規会員から紹介者に対して50%のフィーを支払う仕組みとなっています。そのため、「マルチ商法、ネットワークビジネスではないか?」と言われる場合があります。

ただし、ライフコンシェルジュの多くの売り上げは、登録しているコンシェルジュからの手数料の5%となっており、会員に対して不当な高額請求を行うことはありません。

ライフコンシェルジュに登録しているコンシェルジュに関しては、弁護士や税理士、店舗経営者、事業経営者といったさまざまな専門分野のエキスパートが担当をしています。

また、それらのコンシェルジュは優先的にライフコンシェルジュの会員から顧客として紹介してもらうことができます。その際には、弁護士や税理士などを利用する料金の5%をライフコンシェルジュに支払う仕組みとなっています。

ネットワークビジネスに関連する企業として、アムウェイがあります。アムウェイについて知りたい方は「アムウェイとは?歴史からビジネスモデル、勧誘まで徹底解説!」で解説していますのでお読みください。


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年8月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です