ネットワークビジネス(マルチ商法)について徹底解説!どんな人がハマってしまう?

P.R.このメディアの管理人について

このメディアの管理人について紹介しますね。



20歳で起業し、本メディアで解説してるDRMを研究して
1人の会社で年商1億円(利益率7割超)を突破。


得た知識をDRMjapanで公開しているので、
ぜひ当サイトのコンテンツを読んでみてください。



また、DRMをより本格的に学べる、
読者数2万人超のメールマガジンもやっています。

もしよかったら読んでみてくださいね→ふっさん公式メルマガへ


それでは、コンテンツをお楽しみください!

ネットワークビジネスとは?

ネットワークビジネスとは製品を人のつながりによって流通させていくビジネスのことを言います。

 

ネットワークビジネスはまず自分が製品を購入し、他の人に製品を紹介することによって利益が還元されるビジネスモデルで、製品を紹介すればするほど利益が上がります。

 

製品を紹介された人は更に他の人に製品を紹介することによって、ピラミッド状に会員数が増えていきます。

 

一般的に、製品を売る場合、販売をする店舗の家賃や、スタッフの人件費、広告費などが必要になってきますが、ネットワークビジネスの場合は口コミのみで製品を販売するのでその経費が一切かからないようになっています。

 

ネットワークビジネスのメリット

大きな元手が無くても始められる

ネットワークビジネスは店舗を準備する資金や、月々の家賃、人件費、広告費が一切かかりません。

 

また、コンビニやファミレスなどの形態によくあるFC(フランチャイズ)の形態ではないため、本部に加盟店契約料や研修費、保証金、内装工事費などのお金を払う必要がありません。

 

ネットワークビジネスを始めるにあたって必要なのは製品を購入する費用だけですので、初期費用はかなり安く抑えられます。

 

専門的知識が不要

ネットワークビジネスを始めるために必要な資格などは一切ありません。

 

また、製品を販売するにあたって難しい専門知識なども全く必要ありません。

 

学生や主婦でも在宅で始めている方が多く、本業の合間にやってる人も多くいます。

 

また流通業の専門的な知識がなくても誰でも簡単に始めることができます。

 

権利収入が獲得できる

権利収入とは不労所得と同じ意味で「自分で働かなくても収入が得られる」ということです。

 

製品購入の勧誘に成功し、その人がほかの人達を勧誘すれば、マージン料を得ることができます。

 

さらに、勧誘した人のさらに勧誘した人、とピラミッド状のシステムなので、会員が増えれば増えるほどマージン料が入ってきます。

 

一定数以上の人を勧誘することができれば権利収入を得ることができます。

 

ネットワークビジネスのデメリット

世間のイメージが悪い

ネットワークビジネスというと一般的なイメージは良くありません。「胡散臭い」「詐欺まがいのことをしている」「強引な勧誘がある」などとマイナスなイメージを持たれることが多々あります。

 

実際にダークゾーンであったり、完全に法を犯しているネットワークビジネスというものは多々存在しています。

 

悪いイメージが浸透しているので、公の場で堂々と「ネットワークビジネスをしている」と伝えると世間一般ではあまりよい印象を持たれることはありません。

 

人間関係が破綻することがある

ネットワークビジネスにのめりこんでしまうと、親族や友達、職場の同僚などの人間関係が破綻してしまうことがあります。

 

世間一般では悪いイメージを持たれがちなネットワークビジネスは、勧誘されると「この人とは縁を切っておこう」と思う人も少なくないので徐々に友人や知人の数が減っていき、気づいた時には人間関係が破綻していた、親族からも縁を切られた、などというケースも発生しています。

 

安定した収益を維持するのが大変

ネットワークビジネスは正社員のように毎月決まった給料が払われるものではありません。

 

また、アルバイトのように時給制ではないので、「○時間働いたからいくらもらえる」というものでもありません。

 

ネットワークビジネスで勧誘が成功しても、その人が辞めてしまったら利益は発生しません。

 

決して安定した収益が出せるビジネスではありません。

 

ネットワークビジネスで安定して収益を出すためには、かなり長期にわたって結果を出し続ける必要があります。

 

ネットワークビジネスにハマってしまう人の特徴

ネットワークビジネスをしている知り合いがいる人

ネットワークビジネスにハマりやすい人の特徴としては「知り合いにネットワークビジネスをしている人がいる」ことが多いです。

 

ネットワークビジネスをしている人間からすれば友人・知人は勧誘をするチャンスであり、昔の同級生や顔見知り程度でも勧誘することがあります。

 

「知人・友人がやっているビジネスだから安心だ」と心理的に負荷が軽くなりますし、実際にビジネスがうまくいっているところをみると「自分もやってみようかな」とネットワークビジネスに手を出す人が多くいます。

 

情熱的な話に引き込まれやすい人

ネットワークビジネスにハマる人の大きな特徴として「情熱的な話に引き込まれやすい」ことが挙げられます。

 

「自分がしているビジネスの話を情熱的にする」というのはひとつのスキルであり、聞いている側は感情を動かされ、ネットワークビジネスに加入してしまいます。

 

また、ネットワークビジネスの勧誘がうまい人というのは、話術に長けていて、親族や友人、知人、学校の同級生など多くの人をつかみネットワークビジネスに参加させています。

 

自分の未来を変えたいと強く思っている人

ネットワークビジネスにハマる人のもう一つの特徴として「自分の未来を変えたいと強く思っている人」が挙げられます。その場合、普段の生活で刺激される機会が少なく、且つ刺激のない生活に物足りなさを感じているケースが多いです。

 

普通の生活に飽きている人は、「ネットワークビジネスでこんなに儲かった」ということを情熱的に話され、勧誘されれば、「自分も刺激的な生活が送れるかも」「自分の未来がこのビジネスで大きく変わるかも」とうっかりその話に乗ってしまうことが多々あります。

 

決断力、実行力のある人

決断力、実行力のある人もネットワークビジネスにハマりやすいといえます。

 

逆に、「このネットワークビジネスでどうやったら利益ができるのか」「自分にこのビジネスができるのか」など、長々と考えている決断力がない人はネットワークビジネスには向いていません。

 

また、「このビジネスをやってみたいけど、今の状況が落ち着いたらやってみよう」など頭の中で考えているだけで実行力がない人はネットワークビジネスには向いていません。

 

素直な人

素直な人はネットワークビジネスにハマってしまう傾向があります。

 

素直な人は勧誘してきた人の言葉をそのまま受け取ってしまいがちで、「人を疑う」という概念がない人が多いです。悪くいえば「詐欺などに引っ掛かりやすい人」ともいえます。

 

「こんなに儲かるビジネスがあるのか」「わざわざ友人が時間を割いて話してくれたのだから悪い話ではないだろう」と考え、ネットワークビジネスに参加してしまいます。

 

飲みの場によく行く人

飲みの場によくいる人もネットワークビジネスにハマることがあります。

 

居酒屋やbarなど、お酒を提供される場などに頻繁に出入りしていると、必然的にネットワークビジネスをしている人との接触の機会が多くなり、勧誘される確率が高くなります。

 

お酒を提供している場所ではアルコールの影響で初対面の人や、何をやっているのかよくわからない人でも、仲良くなりやすく、お互いに連絡先を交換したタイミングなどで後日ネットワークビジネスに勧誘されるケースもあります。

 


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年8月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です