ネットビジネスカレッジとは?現在は運営されている?

P.R.このメディアの管理人について

このメディアの管理人について紹介しますね。



20歳で起業し、本メディアで解説してるDRMを研究して
1人の会社で年商1億円(利益率7割超)を突破。


得た知識をDRMjapanで公開しているので、
ぜひ当サイトのコンテンツを読んでみてください。



また、DRMをより本格的に学べる、
読者数2万人超のメールマガジンもやっています。

もしよかったら読んでみてくださいね→ふっさん公式メルマガへ


それでは、コンテンツをお楽しみください!

ネットビジネスカレッジ(NBC)とは?

ネットビジネスカレッジ(NBC)は、2015年にスタートした、ネットワークビジネスを主な事業として行う企業です。複数の企業の経営経験を持ち、SNSビジネスのノウハウ本の出版実績も持つ佐藤みきひろ氏によって設立されました。

ネットビジネスカレッジでは、オークションサイトを利用した転売ビジネスと、講義データ入りのDVD教材が入手できる会員を勧誘することによるネットワークビジネスを主な事業としていました。

ネットビジネスカレッジ(NBC)の運営会社

ネットビジネスカレッジは、NBC合同会社という企業により運営されています。この会社の企業概要は以下の通りです。

法人名:NBC合同会社
代表者:佐藤みきひろ
所在地:〒454-0877愛知県名古屋市中川区八田町106-1TSビルI1階
TEL:052-364-8564

ネットビジネスカレッジは、「カレッジ(学校)」という名称を使用しているだけあり、代表の佐藤氏をはじめとする企業関係者には、「学長」「講師」など、教育機関を思わせるような肩書がついています。

ネットビジネスカレッジのスタッフ

佐藤みきひろ

代表の佐藤みきひろ氏は、ネットビジネスカレッジの「学長」を名乗る人物です。佐藤氏は、1972年、千葉県出身の人物で、飲食業界・サービス業界で7つの企業を運営する実業家です。

2013年には、SNSビジネスのノウハウを伝える「「いいね!」であなたも年収1億円フェイスブックで2週間で儲ける方法」という書籍を出版するほか、2014年には自身のビジネススキルに基づき、起業や副業で稼ぎたいビジネスパーソンに向けたビジネススクールを開講するなど精力的な活動を行っていました。

尾崎勝利

尾崎勝利氏は、ネットビジネスカレッジの総合プロデューサーです。ネットビジネスカレッジの所在地である愛知県名古屋市において、「ビジネスアドバイザー」として名を馳せ、口コミを利用したネットワークビジネスを展開していました。

その後、代表の佐藤氏との出会いをきっかけに2015年にネットビジネスカレッジの発起人として会社の創業に携わりました。

西村すなお

西村すなお氏は、ネットビジネスカレッジで講師として活動していた人物です。ネットビジネスカレッジの講師として、企業のセールスコンサルティングの活動を行う他、自身でもECサイトやWEB制作会社など複数のビジネスを展開しています。

またネットワークビジネスやSNS活用のノウハウだけでなく、自身のビジネス経験に基づいた経営手法をメソッド化し、顧客に展開しています。

ネットビジネスカレッジの内容

ネットビジネスカレッジは、ネットで稼ぐ方法を会員に伝える「最新のビジネスモデルの提供」と、会員を紹介することによって得られる報酬を稼ぐ「紹介によるコミッション」という2つの大きな軸を掲げて活動を行っていました。

最新のビジネスモデルの提供

ネットビジネスカレッジが伝えていた「最新のビジネスモデル」とは、主に、無在庫転売のことを言います。ネットビジネスカレッジは、「Yシステム」というECサイトを利用して無在庫転売を行っていました。

Yシステムとは、中国で運営されているAliExpressという通販サイトを翻訳したものです。ネットビジネスカレッジの会員は、Yシステムの中から売れそうな商品をピックアップし、その商品情報をYahoo!オークションに出品していました。そして出品した商品が落札されたタイミングでYシステムから商品を仕入れ、落札者に販売することで利益を得ていました。

紹介によるコミッション

紹介によるコミッションとは、ネットビジネスカレッジの新規会員を紹介することによって得られるキックバック報酬を指します。いわゆるマルチ商法の勧誘に相当する手法です。

ネットビジネスカレッジは、会員に対し、入会金(54,000円、後に64,800円に値上げ)と月謝(16,200円)を請求していました。会員は、この費用を支払うことで、ネットビジネスの成功ノウハウを伝えるDVD教材を入手することができました。

ネットビジネスカレッジでは、会員を勧誘し、勧誘経由で入会した人数に応じて報酬を支払う制度を採用していました。この結果、ネットビジネスカレッジでは既存会員による積極的な勧誘活動が展開され、最盛期には、5,000人近い会員を獲得していました。

ネットビジネスとネットワークビジネスは別物

ネットビジネスカレッジは、表向きにはSNSビジネス等のインターネットビジネスのノウハウを教えるビジネススクールのようにPRを行っていました。しかしその実態は、会員勧誘によるネットワークビジネスを主として展開している団体でした。

ネットビジネスとネットワークビジネスは、単語こそ似てるものの、全く異なるものを指します。本来のネットビジネスの意味としては、インターネットを活用して物販をはじめとするあらゆるビジネスを行うことを指します。

それに対しネットワークビジネスとは、口コミや友人・知人のリアルネットワークを利用してビジネスの会員を増やし、その成功報酬によって利益を得ることを意味します。いわゆるMLMやマルチ商法とも呼ばれますが、この仕組みは法的には「連鎖販売取引」と位置づけられています。

しかし、連鎖販売取引は、法律により禁止されている無限連鎖講(ねずみ講)と紙一重のビジネスモデルとなります。実際に、ネットビジネスカレッジにおいても法律で禁止されている未成年への勧誘活動などが指摘され、問題視されていた過去があります。

ネットビジネスカレッジの現在

ネットビジネスカレッジの活動は、2020年現在においては確認されていません。公式ホームページはアクセスできない状態となっており、現在では過去の活動の課題点を指摘するまとめ記事やブログが残されるのみとなっています。

残された情報の中にも、直近の活動について記されたものは一点もありません。つまり、2020年現在においては、ネットビジネスカレッジの活動は行われていないと考えてよいでしょう。


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年8月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です