【要注意】ネットワークビジネスの勧誘に乗ることのリスクと勧誘の具体例

勧誘の多いのはどっち?ネットワークビジネスとネットビジネスの違い

 

ネットワークビジネス

 

ネットワークビジネスは販売員が新たに販売員となる人を勧誘し、販売ネットワークを広げていくビジネスモデルのことをいいます。

 

具体的な社名を上げると、アムウェイやニュースキンなどがこのネットワークビジネスを行っている企業として有名です。また、一昔前に CM を行っていた「ミキプルーン」も、ネットワークビジネスを行っている会社として知られています。

 

なお、ネットワークビジネスは「マルチ商法」や「連鎖販売取引」と呼ばれることも多いです。ネットワークビジネスに関しては人を勧誘する必要があるため、勧誘する側と勧誘される側でさまざまなトラブルが発生している、ということも事実としてあります。

 

ネットビジネス

 

ネットビジネスと聞いてイメージされやすいのがアフィリエイターやブロガーといった職業だと思いますが、通販サイトの運営や広告運用など、IT企業と呼ばれる企業が行なっているビジネスは、ほとんどネットビジネスであるということができます。

 

最近では個人が活躍できるネットビジネスの有名な例として、YouTuberやSNSでのインフルエンサーなどの働き方があります。

 

これから個人で稼ぎたいと思っている人や副業で稼ぎたいと思っている人は、ネットビジネスの知識を得ることが必要不可欠といえます。

 

ネットワークビジネスの勧誘には要注意!勧誘に乗ることのリスク

多忙を極め、心も体も不調になってしまう

 

ネットワークビジネスの危険性の一つとして「厳しいノルマが課せられる」ということが挙げられます。

 

ネットワークビジネスで収益を上げるためには、毎月決められた人数を勧誘し、商品を販売したり、販売員を増やしたりすることが必要になります。

 

ネットワークビジネスの勧誘を成功させるためには相手をうまく誘導するスキルが必要になります。そのためにネットワークビジネスの運営会社の多くは土日にセミナーや勉強会を開催し、ネットワークビジネスの参加者はそれらに参加をすることが多いです。

 

日々の勧誘のノルマに加えて、そのようなセミナーや勉強会に参加する必要もあるネットワークビジネスの販売員は、多くのストレスを感じ心も体も不調になってしまう人が多いです。

 

多額の借金・損失を背負う羽目になる

 

具体例を挙げると、勧誘を持ちかける場として多く使われるカフェダイヤレストラン台の多くは身銭を切って支払うことになるため、毎回の支払いの積み重ねが大きな経済的負担となります。

 

また勉強会やセミナーイベントへの参加費用もかかります。 1回の参加費用は決して安い金額ではないので、毎回参加しているとその積み重ねが大きな出費へとつなががります。

 

ネットワークビジネスを行う上で、勧誘がうまくできない人は、支出ばかり増えてしまい、結果として多額の借金や損失を背負ってしまうことになります。

 

知人・友人からの信頼を失ってしまう

 

ネットワークビジネスを始めると、それまでの知人や友人からの信頼を失ってしまうことにもつながります。

例えばあなたが仲の良い友人からネットワークビジネスの勧誘をされたらどのような気分になるでしょうか。おそらく多くの人は、あまり良い印象を持たないのではないかと思います。

 

ネットワークビジネスを行う上では、多くのリスクやデメリットが伴います。多くの人は、ネットワークビジネスのリスクや良くない点を既に理解しているため、 参加者から勧誘を受けるとあまり良い気分にはなりません。

 

結果としてネットワークビジネスを勧誘してくる人は、自然と周囲の知人や友人に避けられるようになってしまいがちです。 加えて、「ネットワークビジネスの勧誘をしてくる人」という悪い印象が植え付けられてしまいます。

 

ネットワークビジネスのよくある勧誘手法

居酒屋で同性に話しかけられ、連絡先を聞いてくる

 

居酒屋で同性に話しかけられ、連絡先を聞いてくるパターンはネットワークビジネスのよくある勧誘手法の一つです。 特に、週末に賑わうバーなどにはネットワークビジネスに参加している人が多いです。

 

突然向こうから話しかけてきて、仕事の話や会社の話をラフに持ちかけてくることが多いです。

 

決してその場では相手がネットワークビジネスを行っていることを言いませんが、後日連絡が来て「紹介したい人がいる」や「ビジネスでいい話がある」などの話を持ちかけられた場合、ネットワークビジネスの勧誘である可能性が高いです。

 

バーベキューやホームパーティーに誘ってくる

 

知り合ったばかりの人が、バーベキューやホームパーティーに誘ってくる場合は要注意です。ネットワークビジネスのよくあるイベントとして、バーベキューやホームパーティーがあることは非常に有名です。

 

ただし、 これらのイベントに参加をしても、まだネットワークビジネスであることは明かされません。その場では関係を深めようと楽しく盛り上がり、数日後に改めて勧誘の場を設けさせられるのがお決まりのパターンです。

 

楽しいイベントをきっかけにしているため水相手に気を許してしまいがちですが、様々なトラブルに巻き込まれてしまう恐れがありますので、その後ネットワークビジネスの勧誘を受けても簡単には承諾をしないことをお勧めします。

 

優秀な「師匠」の下で活動できることをアピールしてくる

 

ネットワークビジネスへの誘い文句として「優秀な師匠のもとで活動ができるよ」「成功している経営者の間近で働けるよ」といったものがあります。

 

仕事内容な実態が明確にされず、ただ漠然と「ビジネスで成功できる」「資産家になれる」「労働者から抜け出せる」「自由になれる」 などといった甘い言葉を使って誘ってくる場合は、ネットワークビジネスの勧誘である可能性が高いので要注意です。

 

そのような話な誘いに乗る前に、 具体的にどのような活動をしているのか明確に知る必要があります。 不透明な話に乗ってしまうと、後々様々なトラブルに巻き込まれてしまう原因となります。

 

ネットワークビジネスの勧誘を断る方法

 

相手の話に同調しない

 

ネットワークビジネスの勧誘を断るためにはまず相手の話に同調しないことが大切となります。

 

ネットワークビジネスの勧誘をしてくる人は勧誘のプロです。少しでも勧誘してくる相手の話に乗ってしまうと、会話のテンポが常に相手の思うままとなってしまいます。 気づいたら後戻りできないほど話が進んでしまう場合もあります。

 

そのような事態に陥る前に、 ネットワークビジネスの勧誘を受けた場合、決して相手の話に同調することは避けた方が良いでしょう。

 

すでに忙しいことをアピールする

 

ネットワークビジネスの勧誘を断る方法として、「ネットワークビジネスをするほどの時間の余裕がなく、忙しいことを伝える」という手段があります。

 

忙しい理由に関しては何でも構いません。現在の仕事が忙しかったり、家事が忙しかったり、趣味にかける時間が多いなど、時間に余裕があることを相手に伝わらないようにすることが大切になります。

 

ネットワークビジネスの勧誘をしやすい人の特徴として現在の仕事や収入に不満を感じていたり、 現在の生活が満足していないということ、そして現在時間の余裕があることが挙げられます。

 

そのためもしネットワークビジネスの勧誘を受けたら、ネットワークビジネスをする時間がないほど忙しいことをアピールしたり、現在の生活に充実していることを伝えることが効果的です。

 

き然とした対応で興味がないことを示す

 

ネットワークビジネスの勧誘がしつこい場合、きっぱりと直接「ネットワークビジネスに興味がない」ということを伝えましょう。

 

勧誘してくる相手にとってもネットワークビジネスに興味がない人を勧誘することは時間の浪費となります。 そのため、勧誘相手がネットワークビジネスに参加する意思が全くない場合、すんなりと勧誘をやめる場合が多いです。

 

勧誘を断る場合、相手のことを思ってやんわりと断ってしまうと、再び勧誘されてしまう可能性があるので、ここではきっぱりと興味がないことを強く示すのが効果的です。

 

加入してきた相手と良い関係が築けていたのであれば、その後の人間関係が気になるところではありますが、ネットワークビジネスを勧誘してくる相手ということは「それまでの関係である」と割り切った方が良いでしょう。

 

すでに他のネットワークビジネスで活動していることを伝える

 

本当にしつこくネットワークビジネスに勧誘してくる場合には、自分はすでに他のネットワークビジネスに加入しているということを伝えましょう。

 

この場合、本当にネットワークビジネスに加入していなくても問題ありません。加入してくる相手にとって、同業者に勧誘をすることは時間の無駄であるということが分かっているため、こちらが既にネットワークビジネスに勧誘しているということを知った場合、相手はすぐに勧誘をやめることでしょう。

 

ネットワークビジネスの勧誘押してくる人は時間効率を追求しています。 勧誘しても入会の意思がなさそうな人の場合、すぐに手を引いて、より見込みのある人に勧誘の対象を移す場合が多いです。

 


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年4月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です