ネットワークビジネスの集客の必要性!集客方法が確実にわかる!

「ネットワークビジネス(マルチ商法)で稼ぎたいけれど、集客の方法がよくわからない」
「もっと具体的に集客の方法が知りたい」
「そもそも集客なんて必要なのだろうか」

あなたは今、このようなことを考えていませんか?

ネットワークビジネスにおける集客方法はわかりづらく、様々な情報が出回り過ぎているために調べるのは大変ですよね。

「そもそも本当に集客が必要なのか」と考えてしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、正しい集客方法を知らなければいつまで経っても成果を出せず、結局全然稼げないという結果になってしまうことでしょう。

それくらい、ネットワークビジネスにおいて正しい集客の方法とは重要なものなのです。

そこで、今回はネットワークビジネスの集客方法をわかりやすく、より具体的に解説していきたいと思います。

この記事を読めば、正しい集客方法を一通り理解していただけることと思います。

この記事があなたのお役に立ちましたら幸いです。

「そもそもネットワークビジネスがどういったものなのかいまいちよくわかっていない」という場合は、以下の記事を読んでおいてください。

ネットワークビジネスがどういうものなのかまるっとわかります

ネットワークビジネス(マルチ商法)について徹底解説!どんな人がハマってしまう?

P.R.このメディアの管理人について

このメディアの管理人について紹介しますね。



20歳で起業し、本メディアで解説してるDRMを研究して
1人の会社で年商1億円(利益率7割超)を突破。


得た知識をDRMjapanで公開しているので、
ぜひ当サイトのコンテンツを読んでみてください。



また、DRMをより本格的に学べる、
読者数2万人超のメールマガジンもやっています。

もしよかったら読んでみてくださいね→ふっさん公式メルマガへ


それでは、コンテンツをお楽しみください!

なぜネットワークビジネス(マルチ商法)で集客が大事なの?

ネットワークビジネス(マルチ商法)において集客は、できなければ絶対に成功できないといえるほど重要な、大前提となる項目です。

なぜなら、勧誘に成功することが利益へと繋がるネットワークビジネスで集客ができなければ、そもそも勧誘のしようがないためです。

ネットワークビジネスで稼ぐことができるかどうかは、もはや集客によって決まると言ってもよいでしょう。

それだけでなく、集客が十分にできていないと「無理やりにでも誰かを勧誘しなければならない」という思考になってしまい、たまたま運良くみつけた勧誘できそうな人に対して必死になってアプローチをしなければならなくなってしまいます。

これは言うまでもなく、精神的に過剰な負担を負うこととなります。

まるで悪質な宗教であるかのように強引に勧誘するのは、するがわにとっても決して気持ちのよいものではありませんよね。

そんな風に精神を追い詰められて無理やり勧誘することにならないためにも、確実に集客をしておくことが大切なのです。

ネットワークビジネス(マルチ商法)での集客は大きく分けて2つ

では、ここからはどのように集客を行っていけばよいのかということについて解説していきたいと思います。

集客の方向性としては大きく2つに分けることができます。

それは、オフラインとオンラインの2つです。

オフラインでは主に、自分自身の友人に直接あたって勧誘をしたり、同じセミナーに参加した参加者と仲良くなって勧誘をしたりといった方法で集客します。

オンラインではTwitterやインスタ、facebookといったSNSを使い、それらのユーザーに対してアプローチをかけることで集客します。

それではオフラインとオンライン、双方の集客についてより具体的に、それぞれ詳しく解説をしていきたいと思います。

ネットワークビジネス(マルチ商法)での集客 オフライン編

まずはオフライン上における集客方法についてです。

オフラインでは自分自身の友達にかたっぱしからあたったり、何かしらのビジネスセミナーに参加してそこで仲良くなった人を勧誘したりすることで集客を行っていきます。

まずは友達を勧誘することについて、これは当然と言えば当然なのですが、そのようなことをしていたら友達は確実にあなたのもとから離れていきます。

仲のよい友人たちの間で「あいつ最近怪しいこと始めたっぽいよ」なんて噂が流れることも覚悟しておくべきでしょう。

さらに友人の数は有限なので、例えどれほど友達が多い人であろうといずれはどこかで限界がくることとなってしまいます。

そこで、別の集客方法として有効なのがビジネスセミナーに参加してそこで仲良くなった人を勧誘するという手段です。

セミナーに参加することで新しい出会いが格段に増えますし、同じ方向性のビジネスに興味を持っている人たちの集まりなので距離も縮めやすく、非常に効果的ではあります。

ただ、仮に1回のセミナーに参加して知り合える人数が20人だとして、この方法に関しても1日あたりアプローチできる人数に限界があります。

セミナーに出向くたびに20人近くもの参加者との関係性を作り上げ、わざわざひとりひとりに勧誘をしなければならないというのは体力的にも精神的にも非常に負荷のかかる行動です。

これはセミナーの参加者を勧誘する上で考慮しておくべき、かなり大きなデメリットだと言えるでしょう。

オフラインにおける集客は、すでに関係性のある友人だったり、似通ったビジネスに興味を持っている参加者だったりと一見勧誘をするまでのハードルが低いように感じられます。

しかし、親しい友人との関係が悪くなってしまったり、心身ともに負担のかかる行動が必要だったりと、集客までのハードルが低い分リスクやデメリットも大きくなってきます。

オフラインにおける集客を考えるのであれば、始める前に結果として起こりうるデメリットとの兼ね合いをよく吟味しておきましょう。

ネットワークビジネス(マルチ商法)での集客 オンライン編

次に、オンライン上における集客方法についてです。

オンラインでの集客方法は、言葉の通りインターネット越しでの集客がメインとなります。

Twitterやインスタ、FacebookといったSNSを利用して集客します。

SNSを利用している人であれば、急にビジネス関連のアカウントにフォローされて「1ヵ月で100万円を稼げる方法!知りたくないですか!?」といったDMが届いた経験はありませんでしょうか。

オンラインでの集客方法は、自分自身がまさにそういったDMを多くのSNSユーザーにむけて送信するということになります。

この集客方法のメリットは、友人やセミナーの参加者に当たる場合とは違って限りがなく、かたっぱしから送り続ければ膨大な数のユーザーにアプローチできるという点です。

集客できる相手の総数が多いので、必然的に興味を持ってくれる人もその分多くなります。

親しい相手に無理やり勧誘したりする必要性もないので、精神的な負担もかなり軽減することができます。

ただ、やはり急にDMを送り付けられた側としては不快に感じてしまうこともあります。

実際、こういったDMを送られた経験のある人であれば「なんか胡散臭いな」と面倒に感じてスルーしている人の方が多いことでしょう。

要するにやっていることに関しては、正直あまり褒められたことではないのだと言うことは肝に銘じておきましょう。

結局、ネットワークビジネス(マルチ商法)での集客を頑張るよりDRMがおすすめ

ここまでネットワークビジネス(マルチ商法)の集客について、オフライン、オンラインの2パターンについて説明してきましたが「正直なところどちらも気が進まない」と感じられた方も多いのではないでしょうか。

実際、ネットワークビジネスは世間的に見てあまり褒められたものではないというのが現実です。

仮に成功したとしても、あなたはネットワークビジネスでお金を稼いでいるなどと親に胸を張って言うことができるでしょうか。

正直「最近、毎日いろんな人に『稼げる情報を教えます!』という詐欺まがいのメッセージを送りつけるのを頑張っているんだ!」なんて言えないですよね。

そこまで精神的な負担を背負ってネットワークビジネスを続けるのであれば、当サイトで解説しているDRMについて学び、お金を稼ぐほうがよっぽどおすすめです。

DRMはダイレクトレスポンスマーケティングの略称で、要するに興味を持ってくれた顧客にだけ価値のある情報を提供し、サービスを販売していくビジネスです。

DRMはあくまでも情報が欲しいと考えた顧客のみに対してサービスを提供していくことになるので、無理やり詐欺まがいの勧誘をする必要もありません。

当然顧客にとって価値のあるサービスを提供することとなるので、親や友人に向けても堂々と「DRMというビジネスで稼いでいるんだ」と話すこともできます。

「DRMってなに?」と思ったあなたは、以下の記事を読んでみてください。
DRMがどういうものか、まるっと理解できます。

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは?集客、教育、販売の3ステップ

ネットワークビジネス(マルチ商法)での集客 まとめ

ということで、ネットワークビジネス(マルチ商法)における集客の必要性、そしてオフライン、オンラインと2つの集客方法について解説してきました。

簡単にまとめると、集客ができなければそもそも勧誘ができないため、ネットワークビジネスにおいては集客が最重要です。

そして具体的な方法としては友人やセミナーの参加者を勧誘するオフラインと、SNSのユーザーに向けてかたっぱしからDMを送るオンラインの2つの方法があります。

ただし、オフラインは人間関係を壊してしまうリスクがあり、オンラインでやっていることは世間的な信用を失う恐れもある方法です。

それを知ってネットワークビジネスはあまり気が進まない、と感じたのであれば当サイトでも解説している、興味を持ってくれた顧客にだけ価値のある情報を提供できるDRMがおすすめです。

せっかくなら誰も不幸にしない方法で、親や友人に胸を張って話すことのできるビジネスで稼いでいきましょう!


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年8月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です