ネズミ講とは?ネズミ講とマルチ商法との違いについて解説!

ちなみに、この記事を書いている人って、誰?

きっとあなたはそう思われたことでしょう。

初めまして。管理人のふっさんと申します。

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)というビジネスモデルにて、
1人の会社で年商1億円を突破。

〝普通に働く以外の方法〟で稼ぎたいあなたへ。
ぜひ当サイトの色々な記事を読んでみてください。


DRMについて学べ、
個人で稼げる自由な人生への第一歩を踏み出せます。

ネズミ講とは?

ネズミ講とは「無限連鎖講」とも呼ばれている、ねずみ算式に会員が増加する金銭授受のモデルのことをいいます。

 

ネズミ講の加入者は、自分以外に二人以上の加入者を紹介したり勧誘することによって、自分の会員費以上の金銭を受け取ることができます。

 

しかし人口には限りがあるため、必ず破綻するモデルであるということが数学的に証明されています。

 

ネズミ講は1978年に成立した無限連鎖防止法によって禁止されているため、現在ネズミ講の開設やねずみ講の運営は日本では違法とされています。

 

そのため、もしネズミ講を行った場合、懲役刑を科せられる場合もあります。

 

ネズミ講に似たモデルとしてマルチ商法があります。

 

ネズミ講とマルチ商法を同一に扱っている場面もみられますが、正確にはネズミ講とマルチ商法は異なったものとみなされています。

 

ネズミ講とマルチ商法(MLM)の共通点

稼げることを掲げ勧誘をしてくる

ネズミ講・マルチ商法ともに、稼げることを強く押し出し、勧誘を促してくることが多いです。

 

「必ず儲かる」や「不労所得が手に入る」「権利収入が手に入る」などといった甘い言葉で勧誘をしてきます。

 

しかし実際には、複数人を勧誘しなければ収益を手に入れることはできず、「必ず儲かる」どころか、借金を抱えてしまう場合もあります。

 

上層部の人間が潤い、下層部は苦しむ

ネズミ講・マルチ商法ともに、上層部の人間が儲かるような仕組みになっています。

 

多くの人を勧誘することができ、上層部に位置することができれば稼げる可能性はありますが、上層部に位置するためには難しいノルマを達成する必要があります。

 

また、最下層の人間は全く稼げことができないだけでなく、むしろ借金を抱える場合もあります。

 

知り合いを勧誘し、人間関係が崩れていく

ネズミ講・マルチ商法ともに知り合いを勧誘することによって成立するビジネスモデルです。

 

ネズミ講やマルチ商法が原因で人間関係が破綻してしまったり、白い目で見られることも多いです。

 

会員数がねずみ算式に増えていく

ネズミ講・マルチ商法ともにねずみ算式に会員が増えていくモデルです。

 

ネズミ講のモデルに関しては人口に限りがあるため新規会員の増加には上限があり、必ず破綻する構造となっています。

 

ネズミ講とマルチ商法(MLM)の違い

ネズミ講は違法である

ねずみ講は「無限連鎖防止法」という法律で禁止されており、日本では違法として認められています。

 

一方マルチ商法は特定商取引法において「連鎖販売取引」という扱いにされており、合法とされています。

 

ネズミ講は自分より下層の人間全てから会員費の一部を徴収するシステムですが、マルチ商法に関しては自分より2階層下の会員(孫会員)による売り上げまでしか還元されません。

 

ネズミ講には販売する商品がない

ネズミ講には特に商品がなく、会員を勧誘し続けることで成立するモデルです。

 

高額な会員費を支払ってもらわなければネズミ講は成立できません。

 

一方マルチ商法に関しては会員費はかからず、商品を販売したり、商品を販売するための組織を構築することで稼ぐことのできるモデルです。

 

ネズミ講は会員費が掛かる

ネズミ講は会員費の一部が上層部の会員に配分されていく仕組みとなっています。

 

一方マルチ商法では自身が勧誘した会員の商品販売における売上に応じてポイントが与えられ、このポイントに応じて会員のランクや収入が増えていく仕組みとなっています。

 

またマルチ商法は収入が得られる範囲が孫会員までと決められているため、会員同士の上下関係が逆転する可能性もあります。

 

ネズミ講やマルチ商法のよくある勧誘方法

甘い言葉を使って勧誘をしてくる

ネズミ講やマルチ商法は「誰でも簡単に稼ぐことができる」などといった甘い言葉を使って勧誘をしてくることが多いです。

 

甘い言葉を使って勧誘してくるのには理由があり、勧誘をすることで利益を手にすることができるため、いかなる嘘を使っても勧誘をしてこようとします。

 

ネズミ講やマルチ商法では「誰でも簡単に稼ぐ」ことはできません。

 

「会ってもらいたい人がいる」といって特定の場所に呼ばれる

ネズミ講やマルチ商法の勧誘として「会ってもらいたい人がいる」といって特定の場所などに呼ぶ方法があります。

 

実際にその場所に行ってみるとネズミ講やマルチ商法の上位会員がいて、勧誘を強くしてくる場合があります。

 

ホームパーティやバーベキューの誘いをしてくる

ねずみ講やマルチ商法の参加者は、最初はネズミ講やマルチ商法の会員だということを告げず、ホームパーティやバーベキュー、またはフットサルなどを誘ってくる場合が多いです。

 

実際にホームパーティやバーベキューは開催されるのですが、そこに参加しているメンバーの大半はネズミ講やマルチ商法の会員であり、きらびやかなイベントやパーティーを開くことによって新規会員を加入させることを促しています。

 

飲みの場で会った後に勧誘をしてくる

ネズミ講やマルチ商法の勧誘として、多くの人が行き交いお酒を楽しむ場であるバーにおいて声をかけ、連絡先を交換し、「後に二人で会おう」と誘ってくる場合があります。

 

その場ではマルチ商法であることを明らかにはしませんが、後日再び会ってみると、マルチ商法の商品の販売や会員の勧誘などをしてくる場合があります。

 

マッチングアプリで会った後に勧誘をしてくる

ネズミ講、マルチ商法の勧誘として、マッチングアプリを利用した勧誘があります。

 

マッチングアプリで異性とのマッチングができ実際に会ってみると相手がマルチ商法やねずみ講の勧誘だということは近年非常に増えています。

 

ネズミ講の有名な事件

天下一家の会事件(てんかいっかのかいじけん)

ネズミ講の有名な事件の一つとして天下一家の会事件があります。

 

180万人もの人が関わったとも言われている天下一家の会事件は、日本最大のネズミ講事件として大きな社会問題になりました。

 

国利民福の会事件(こくりみんぷくのかいじけん)

国利民福の会事件は1987年から1988年に起きた、ネズミ講の有名な事件として知られています。

 

日本国内の1万人以上から、30億円を超える出資金を集めたことが話題となりました。

 


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年8月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です