ニュースキンがやばいと言われることがある理由

ニュースキンとは?ニュースキンはやばい?

ニュースキンはやばいという噂が時々聞かれることがありますが、一体どのような会社であるか、あなたはご存知でしょうか?ニュースキンはアメリカを拠点としている化粧品製造・販売会社で、取り扱う商品としては、サプリメントや美容機器などがあります。

日本国内においても1993年にオフィスを設けてビジネスを開始しており、現在に至るまでに大阪や名古屋、福岡などに支店を設け、国内市場を広げてきました。

ニュースキンではネットワークビジネスを活用した商品販売を採用しており、世界的にスピード感のある事業展開をしています。ニュースキンの所属会員数は10万人を超えており、たくさんのディストリビューターがニュースキンの市場拡大のために活動をしています。

ニュースキンにビジネスメンバーとして会員登録をすると、ディストリビューターとして、ニュースキンの取り扱う商品の小売販売やスポンサー活動などを行うことができるため、ネットワークビジネスをやりたいと考えている人はニュースキンに興味を持ち、参加をする人が多いです。

ニュースキンがやばいと言われることがある理由

勧誘がしつこい場合がある

ニュースキンがやばいと言われることがある理由の一つとして、勧誘のしつこさが挙げられることがあります。

ニュースキンの商品を販売したり、会員数を増やすために必死に勧誘をしなければならない状況に立たされている会員が多く、時にはしつこい勧誘や強引な勧誘をしようとする人も見られます。

中でも、ニュースキンの会員になった友人が身近にいる場合、かなり高い確率で勧誘をしてくるでしょう。勧誘してくる相手が友人の場合、きっぱりと断りにくいこともあり、何度も声をかけられていることで、結果的にオファーを受け、ニュースキンに参加せざるを得なくなる場合もあります。

状況によっては、友人であっても強引な勧誘をするケースもあるため、ニュースキンに参加する意思の無い方はくれぐれも注意することが必要です。

会員人数が多い

ニュースキンがやばいと言われる理由として、会員数が多いことも挙げられます。会員人数が「やばい」とされるほど多いことはニュースキンの大きな特徴の一つとしてあり、あなたの身の回りの友人にもニュースキンの会員の人がいる可能性は少なくありません。

ネットワークビジネスの運営会社としては、ニュースキンは国内で第5位の位置についているため、これからも引き続き会員人数が純増していくことが考えられます。

友人だけでなく、これから新たに出会う人もニュースキンの会員の可能性がある場合があるため、勧誘を受けたくない人は、不特定多数の人が参加する飲み会やセミナーなどに行く際には十分に注意をすることが大切です。

ニュースキンの勧誘に関しては、「ニュースキンの勧誘をされる場所や勧誘方法の事例を紹介[内部リンク]」にて詳しくご紹介しています。勧誘に関して知りたい方はぜひお読みください。

世間的なイメージが良くない場合がある

ニュースキンに限らず、ネットワークビジネスがそもそもやばいという認識が広まっていることも、ニュースキンがやばいと言われる原因として挙げられます。

ネットワークビジネスは以前から、世間的な印象があまり良くない、という状況が続いていることが挙げられます。中には、「ネットワークビジネスに関与している人とは距離を置いておきたい」と考える人も少なくありません。

特にニュースキンに興味を持って会員になってしまった場合、他の友人から敬遠されてしまうようになってしまう場合もあります。ニュースキンのビジネスだけではなく、ネットワークビジネスそのもののイメージが世間的にはあまり良くないことは理解しておく必要があります。

ニュースキンにハマってしまった後のやばい未来

人間関係が崩壊してしまう

 

ニュースキンにハマってしまった人は、その後の将来もやばくなってしまうことがあります。

ニュースキンに参加することで人間関係が崩壊してしまい、日常生活が辛くなってしまうことがあるため、注意が必要です。人間関係が崩壊してしまう原因の一つとして、ニュースキンの会員になると、親友を含む自分の友人に対して、相手にとっては迷惑と感じる勧誘活動を展開していこうと考えてしまう場合が多いことが挙げられます。

その結果、ニュースキンやネットワークビジネスにマイナスイメージを持っていた人や、勧誘そのものを嫌っている人からは特に距離を置かれるようになってしまうことでしょう。

ニュースキンの勧誘を必死になって続けていると、気づいたときには既に大半の友人を失ってしまっていた、ということになってしまう場合も珍しくありません。

借金地獄にハマってしまう

 

ニュースキンにハマってしまうと、結果的に借金地獄にもハマってしまう場合が少なからず見られます。ニュースキンのディストリビューターとして活動して利益を得たり、タイトル(報酬ランク)を維持するためには、販売利益を上げる必要があります。

そのためには、ニュースキンでは化粧品などの商品をまずは会員が購入し、少なからず在庫を持たなければならない、という仕組みがあります。

もしニュースキンでの利益を大きくしたい場合には、商品を予め大量に購入し、たくさんの人を勧誘する必要があるため、まとまった出費が発生してしまうことを避けることはできません。

その結果として、在庫の購入のためのお金を十分に調達することができず、借金をしてしまい、返済に追われてしまう人も少なくありません。

ノルマを達成するためにストレスを抱える

 

ニュースキンにハマると、ストレス地獄にハマってしまってやばい、ということも挙げられます。多くの人がネットワークビジネスを始める理由としては、「稼ぎたい」という場合がほとんどの割合を占めていますが、その目標のために、大きなストレスを抱えてしまうことは少なくありません。

ニュースキンで稼ぐためには高いランクのタイトルを取得する必要がありますが、そのためには、ノルマを達成しなければならない仕組みとなっています。ニュースキンで大きく稼ぐためには、できる限りたくさんの人を勧誘し、ダウン(下層の人間)をたくさん抱えることが必要不可欠です。

ストレスを常に抱えながら勧誘を続けたことが原因で体調を崩してしまうリスクもある、ということは、ニュースキンがやばいと言われる大きな理由の一つとして挙げられます。


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年4月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です