ニュースキンの勧誘をされる場所や勧誘方法の事例を紹介

ニュースキンの勧誘のターゲットとなりうる人

ニュースキン会員の知人・友人

知人や友人の中にニュースキンの会員がいる場合、ニュースキンの勧誘のターゲットとなってしまいやすい傾向にあります。ニュースキン会員は、稼ぐためにできるだけたくさんの人を勧誘しなければなりません。

自分のネットワークを最大限に活用しようと考えるため、知人や友人に勧誘を行うことは珍しいことではありません。勧誘している張本人は、その勧誘行為が相手の迷惑になっているとは思っていない場合が多く、場合によっては入会を半ば強要してくる場合もあるため、勧誘を受けそうになったら、注意する必要があります。

勉強会・セミナーの参加者

ニュースキン会員が勧誘活動を行うためには、多くの人と知り合える場所が最適であるため、勧誘の場として、不特定多数の人が参加する勉強会やセミナーがよく活用されています。

勉強会やセミナーに参加している人はノウハウの習得やスキルアップなどを考える人が多く、ニュースキンの会員と同じ属性にある人が多いため、勧誘目的のニュースキン会員が参加していることは珍しいことではありません。

特に誰でも参加可能な勉強会には、ニュースキン会員がいることがよく見られます。勉強会やセミナーの多くはニュースキンを始めとするネットワークビジネスの勧誘目的での参加を禁止している場合も多いですが、連絡先を交換する際には、十分に注意しましょう。

ブリティッシュパブ・相席居酒屋の相手

ブリティッシュパブや相席居酒屋のような同席した相手と話をしやすい場所に関しても、ニュースキン会員から勧誘の場として非常に注目されています。

もしあなたが同じ店によく通っていて、顔見知りの相手が増えてきた場合には特に注意しましょう。最初は飲み仲間という感じでだんだんと距離を近づけていき、最終的にニュースキンの勧誘をしてくる、という人は少なくありません。

飲みの場では、ニュースキン会員だと言わないことが普通であるということも十分に念頭に置いておきましょう。このような場所で仲良くなった相手は、ニュースキンをはじめとするマルチ商法の会員であることが多いため、特に注意をしましょう。

マッチングアプリの相手

近年、気軽に出会える手段として、マッチングアプリの人気が上昇していますが、これもニュースキン会員が勧誘のために活用していることがあるため、注意しましょう。

マッチングアプリの利用には月額利用料がかかるものもありますが、ほぼ無料で使えるアプリ少なからず見られます。

ニュースキンの会員は稼ぐことを目的にしているため、有料アプリであれば比較的リスクは少なくなりますが、無料アプリの場合にはニュースキンをはじめ、ニュースキン以外のMLM・ネットワークビジネスの会員が多く登録していることは念頭に置いておきましょう。

ニュースキンのよくある勧誘方法

カフェに呼び出して勧誘する

ニュースキンの勧誘をする方法としてよくあるのが、カフェで待ち合わせをして話をするというパターンです。

知人や友人を勧誘する際に最もよく用いられている方法の一つで、「会わせたい人がいる」「相談したいことがある」「久々に少しお話をしたい」と話を持ちかけ、カフェへと誘う光景はよく見られます。

実際に会ってみるとニュースキンの上位会員などが在席しており、その場で勧誘の話を進められてしまう場合があります。相手は押しが強いことが多く、断るにもどうしたら良いのかで悩んでしまい、大変な思いをしてしまう人も少なくありません。

バーベキュー会やホームパーティーに誘う

ニュースキンの勧誘方法として、バーベキュー会やホームパーティーに招待するやり方も有名な方法です。

旧来の知人や友人からそのような会に招待された場合には、「久々の再会だからぜひ参加しよう」と考える人が多いことでしょう。実際にそのようなパーティーに参加してても、その場ではニュースキンの勧誘を受けることはあまりありません。

なぜなら、そこではあくまでも親しい間柄を築くことを目指しているに過ぎないからです。ただし、その後徐々に勧誘の連絡が来るというパターンが多いため、十分に注意しましょう。特に面識が浅い人から呼ばれた際にはそのようなリスクが高いため、十分に気をつける必要があります。

バスケやフットサルなどサークル活動に誘う

サークル活動への勧誘を経てニュースキンにも勧誘する、というやり方も比較的よく見られる方法です。週末や平日の夜などに社会人サークルとして活動しているから参加しないか、と誘いをかけられることが通例です。

バスケやフットサル、テニスなどのスポーツの活動を行っているケースが多く、スポーツで親交を深め、打ち解けた後にニュースキンの勧誘をするというのがよくある勧誘の手段として挙げられます。

そのようなサークルは、メンバー全員が会員であるケースもあるため、参加する際には細心の注意を払う必要があります。

ニュースキンを断る際のよくある理由

人によっては稼ぐことが難しい場合がある

ニュースキンの勧誘に魅力を感じたとしても、断るべきであると考えられる理由があります。その代表例として挙げられるのが、ニュースキンは誰でも稼げるビジネスではない、ということです。

ニュースキンで稼ぐためには、継続的に人を勧誘をしたり、商品の販売を行い続けたりすることが必須となります。しかし、人のネットワークには限りがあり、買い手にできる人にも限度があるため、なかなか収益を上げ続けることができない場合が多いです。

周りの人の迷惑になる場合がある

ニュースキンの勧誘を断るべき理由として、自分の周りの人に迷惑がかかる場合があることも挙げられます。そもそも、ニュースキンに限らず、MLMの勧誘を受けること自体が迷惑に感じている人は少なくありません。

その上にニュースキン会員になってしまうと、何とかして勧誘数を確保するために、自分の周りにいるあらゆる人に対し、ためらいもなく勧誘をしてしまう傾向にあります。

ノルマを達成するために、知人や友人だけでなく、友人の友人や家族にまで勧誘をしなければいけず、その結果として、自分の周囲から人が離れてしまうことがリスクとして挙げられます。

世間からのイメージが懸念される場合がある

世間体についてを考慮しても、ニュースキンの勧誘は断ることが無難であると言えるでしょう。ニュースキンに限らないことですが、MLMやネットワークビジネスは、世間的にはあまり良いイメージを持たれていないことが現状としてあります。

最悪の場合、ニュースキンに参加しているだけで周囲の人から不信感を持たれてしまい、今まで保てていた良好な人間関係が崩れてしまう可能性もあります。

ニュースキンに参加したために様々な機会を失ったり、親しい人たちと疎遠になってしまったりするリスクは非常に大きな損失と言うことができるでしょう。

ニュースキンの勧誘を断る際の方法

すでにMLMに加入していると伝える

ニュースキンの勧誘を断る最も単純で効果的な方法の一つとして、すでに自分もMLMに加入している、と伝えることをおすすめします。

ニュースキンの勧誘をする人は、基本的にはどのMLMの会員にもなっていない人をターゲットにしています。なぜなら、コストパフォーマンスを考えると、他のMLMに加入している人に乗り換えてもらうのは難しいと考えられるからです。

自分の身を守るために、嘘でも良いので、他のMLMに加入しているため参加できない、と一言伝えましょう。そうすることで、以降ニュースキンの勧誘をしてこなくなる場合が多いです。

忙しいことを伝える

忙しくて加入する余裕はない、という説明をすることによってニュースキンの勧誘を断ることもできます。ニュースキンの活動をするためには、時間も労力もかかることはニュースキン会員であれば重々承知しています。

ニュースキンに時間を割けない人は勧誘しても足手まといとなるため、勧誘をする側からしても誘うメリットがなくなります。そのため、仕事や家事などで忙しくて活動をする余裕がない、と言うことで、自然な形で断ることができるようになります。

ただし、仕事や家事を二の次にしてもやるべきだ、などといった強硬な勧誘をしてくる人もまれにいるため、注意が必要です。その際にもしっかりと断ることができるように、自分がいかに忙しいかについてを詳しく説明できるようにしておくと良いでしょう。

現状の仕事に満足していることを伝える

ニュースキンの勧誘を断るためには、現在の仕事にとても満足できている、ということを伝えることも効果的です。ニュースキンに勧誘されてしまう人の典型例として、現状の仕事に不満を抱えている人ややりがいがなくて悩んでいる人が挙げられます。

また現状の生活そのものに満足していない人も誘いやすいことが知られています。逆に言うと、仕事にとてもやりがいがあり、生活にもとても満足しているという人に対しては勧誘をすることが難しいということができます。

強い口調できっぱりと断る

ニュースキンの勧誘が特にしつこい場合は、どのような理由をつけるにしても、強い口調ではっきりと断ることが大切です。ニュースキン会員は、切羽詰まっている状況にあるとかなり強い口調で勧誘をすることも珍しくありません。

その勢いに負けないように、はっきりと会員になるつもりはないことを主張しましょう。曖昧な返事をしたり、少しでも興味があることを示したりすると、どんどんと勧誘がしつこくなりがちです。毅然とした態度でニュースキンに関わるつもりはないことを伝えましょう。

連絡を断つことも手段の一つ

ニュースキンの勧誘は、強硬でしつこいことがしばしば問題になります。同じ人から電話やLINEなどの色々な方法で勧誘を続けられている場合には、連絡を一切断つことも検討しましょう。

着信拒否リストに入れたり、友達から外したりするなど、連絡できない状況を作る方法はたくさんあります。親しい友人やお世話になった知人などの場合には強硬な手段を取るのにためらいを感じてしまうことは確かですが、自分の身を守るためには大切な方法であることを心に留めておきましょう。

ニュースキンの事に関しては、「ニュースキンがやばいと言われることがある理由」でも詳しく解説をしています。興味のある方は、ぜひお読みください。


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年4月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です