人脈づくりをする上で大切なことは?具体的な方法を解説

ちなみに、この記事を書いている人って、誰?

きっとあなたはそう思われたことでしょう。

初めまして。管理人のふっさんと申します。

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)というビジネスモデルにて、
1人の会社で年商1億円を突破。

〝普通に働く以外の方法〟で稼ぎたいあなたへ。
ぜひ当サイトの色々な記事を読んでみてください。


DRMについて学べ、
個人で稼げる自由な人生への第一歩を踏み出せます。

人脈づくりが必要な理由


仕事をする上においても人生を楽しむ上においても人脈づくりが必要だということはよく言われますが、皆さんはその理由について考えたことがあるでしょうか。今回は、人脈づくりをすることにどのような意味があるのかについてを様々な観点から考えてみましょう。

自分の持っていなかった情報や価値観が手に入る

人脈づくりをするメリットとして、自分の持っていなかった情報や価値観を他者から手に入れられるということが挙げられます。他人は自分とは違う人生を歩み、全く異なる育ち方をしています。

積んできた経験も自分とは異なることばかりでしょう。自分と他人では持っている情報や身につけてきた知識に関しても大きな違いがあり、人脈を作ることで、自分だけでは知ることが難しい内容についても知ることができるようになります。

また、自分とは全く違う価値観を持ち合わせていることも多く、その価値観に触れることで自分の価値観を客観的に見つめ直すこともできます。

他者からの助言を受け取ることができる

人脈づくりをする大きなメリットとして、助言を受け取れる状況を作り出すことができることが挙げられます。

自分だけでずっと悩んできたことを他人に打ち明けてみると、その人の持っている情報や培ってきた経験などに基づいて助言をしてもらうことができるでしょう。

新しい角度から自分の抱えてきた悩みを見てもらうことができるため、今までとは違った方法で悩みを解決することができるようになります。長年の課題であっても、他者に相談することですぐに解決できることもあります。

トラブルが発生した時に助けを求めることができる

人脈作りができていると、相手に助言を求められるだけでなく、なにかトラブルに直面した際には助けを求めることができます。

例えば会社でトラブルがあって困ったときに、弁護士や司法書士の知人がいれば打開策を提案してくれるでしょう。また事業に失敗して生活するのも苦しくなってしまった時には、人脈をうまく使うことでお金を貸してもらえる場合もあります。

人脈づくりをするメリットとして、困難な状況に立たされたときに頼れる相手ができることが挙げられます。

人脈づくりをするための方法


人脈づくりをした方が良さそうだと思っても、具体的にどのような方法で人脈を広げることができるのかが分からず悩んでしまう人もいることでしょう。具体的に人脈づくりをするにはどのような方法があるのでしょうか。

勉強会や交流会に参加する

人脈づくりをするためには、まずは「きっかけ」となる機会を作ることが重要です。そのための手段として勉強会や交流会に参加してみてはいかがでしょうか。

少し調べてみると、さまざまなテーマにおいて、勉強会や交流会が各地で開催されていることがわかります。勉強会の内容としては主にビジネスに関わる内容のものが多く、勉強会終了後には懇親会が設けられているものが一般的です。

勉強会には同じ興味を持っている人が集まるため、相手とじっくりと話し込めることも多く、魅力的な人に出会えることは少なくありません。

積極的に声を掛けてみる

人脈づくりをするためには、闇雲に人との出会いの場に参加すれば良いという訳ではありません。人との出会いの機会を逃さないようにするのも肝心であるため、初対面の人であっても積極的に声をかけてみる姿勢を持つことが大切です。

受け身になって話しかけてくれるのを待つよりも、積極的に自分から声を掛ける方が、速やかに人脈を広げることができます。また相手に与える印象も大きくなるため、相手に覚えてもらえる可能性も高くなることもメリットです。

日常的に困ってる人を助けるようにする

質の高い人脈づくりをするためには、身近にいる人としっかりとした人脈を作るという考え方を持つことも大切です。

例えば、同じ会社で働いていても話をしたことがない人が大勢いる、という人も少なくありません。そのような人たちとのつながりを作る切り口として適しているものとして、相手が困っているときに助けてあげることが挙げられます。

日常的に身の周りにいる人に目を配るようにして、何か困っている相手がいたらすぐに手を差し伸べてみましょう。そのような配慮がきっかけとない、段々と人脈の幅を広げることができます。

共通の知り合いから紹介をしてもらう

人脈づくりを行う上では、知り合いを活用するのも良い方法であると言えます。普段は接点がなく、つながりを持つことが難しいような人であったとしても、共通の知り合いに紹介してもらうことができれば、会う機会が生まれます。

その機会に話題にできるような共通の趣味などがあれば、たった一度しか会ったことがなかったとしても、いざというときに頼れる関係性を構築することができるでしょう。多くの人と共通の話題を持てるように興味を広げておくと人脈は作りやすくなります。

普段から人との付き合いを大切にする

世の中には、人脈づくりを意識的にやっている様子はないのにも関わらず、自然に多くの人とつながりが生まれている人がいます。このような人たちに共通していることは、普段から人との付き合いを大切にしている、ということです。

身の回りにいる人との強い信頼関係を築くことで、知り合いを紹介してもらえたり、食事などに誘ってもらえたりする機会が生まれます。そこから生まれたつながりがさらにまた新しい人とのつながりを生み、自然と人脈を広げることができるのです。

人脈づくりをする上での注意点


人脈づくりがいかに大切なことであるかについて紹介してきましたが、「頑張って人脈を作ろう」と決意を固める人もいるかもしれません。

ただし、人脈づくりをする際には押さえておかなければならない注意点があります。人脈づくりに失敗しないためには、具体的には何を念頭に置いておく必要があるのでしょうか。

作る必要のない人脈はつくらない

人脈は多ければ多いほど良いと考えてしまう人もいますが、むやみに人脈を広げるのにはリスクがあるため注意しましょう。不要な人脈があることで、自分を苦しめる結果になってしまう場合ももあるのです。

人付き合いには時間も費用もかかることがあるのも念頭に置き、有益な人脈を築き上げるようにすることが大切です。作る必要のない人脈は不用意に作らないようにし、出会う人の良し悪しをきちんと見極めるようにしましょう。

人脈づくりをする目的をはっきりと決めておく

人脈づくりをすることで、色々なシーンで役に立つつながりが生まれることは少なくありません。ただし、闇雲に人脈を作っていくことはあまりおすすめすることはできません。

人脈を作る際には目的をはっきりと決めておくのが重要であり、その目的を達成するためには、どのような人とのつながりが必要かについてを考えてから行動に移すのが賢明です。

途中から目的を変えるのには問題はありませんが、最終的に自分が人脈を作って求めるものは何か、ということについては人脈づくりを始める段階でよく考えるようにしましょう。

他者にとって有益な人間になる

新しい人たちと出会って人脈づくりができたと思っていたにも関わらず、いざというときには人脈が助けになってくれなかったという問題が生じる場合もあります。

人脈を作る上では、自分の利益にするという視点よりも、他者にとって有益な存在になるという考え方が重要になります。

魅力がある人だからこそずっと関係を維持していきたいと思ってくれるようになり、末長く互いに頼れる人脈になります。人脈づくりにばかり力を注がずに、自分を磨いていくのが何よりも大切なことであると言えます。


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年8月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です