【note退会の方法】注意点や手順を詳しく解説

noteを退会すると、これまでに購入した記事を閲覧することができなくなります。

 

またnote退会後は、投稿した記事やコメントなどのデータを復元することができません。

 

ただしnoteで購入した記事は「ご購入が完了しました」という件名で登録されたメールアドレスに送信されるため、退会後に記事を閲覧したい場合はメールから読むことができます。

なお、noteを退会することで「スキ」の履歴も見れなくなります。退会後に再度会員登録をし直しても、これらのデータは復元することはできません。

 

定額購読マガジンの退会方法

 

noteを退会したい人の中には、定期購読マガジンを退会したい人が多く見られます。

 

noteの定期購読マガジンは、以下の手順で退会することができます。

 

  1. noteにログインしている状態で、画面右上のアイコンを押下する
  2. 「マガジンを管理」を押下する
  3. 定期購読を停止したいマガジンを選択する
  4. 「購読内容を確認」を押下する
  5. 「購読を停止」を押下する

なお、noteの定期購読マガジンは、初回の購入日に決済が行われ、そこから1カ月周期で自動決済されます。

 

たとえば、11月15日に月300円のマガジンを買った場合、次の決済日は12月15日となります。

 

上記の例の場合、たとえば12月20日に定期購読マガジンの退会処理を行っても、12月14日までは定期購読マガジンを閲覧することができます。

 

noteの退会方法

 

以下の3つの手順を踏むことで、noteから退会(アカウント削除)できます。

 

  1. noteにログインしている状態で、退会ページにアクセスする
  2. 右下にある緑色の「退会する」ボタンを押下する
  3. ノートからログアウトされ、トップページに戻ったら退会完了

 

まず、noteのアカウントにログインしている状態で、こちら(https://note.mu/settings/withdrawal)の退会ページにアクセスをします。すると以下のような画面が表示されます。

ここで、画面右下にある「退会する」という緑色のボタンを押下します。

 

すると、以下のように、ログアウトされた状態でnoteのトップページへ遷移します。

以上でnoteの退会は完了です。

 


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年4月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です