【note退会の方法】注意点や手順を詳しく解説

noteを退会すると、これまでに購入した記事を閲覧することができなくなります。

 

またnote退会後は、投稿した記事やコメントなどのデータを復元することができません。

 

ただしnoteで購入した記事は「ご購入が完了しました」という件名で登録されたメールアドレスに送信されるため、退会後に記事を閲覧したい場合はメールから読むことができます。

なお、noteを退会することで「スキ」の履歴も見れなくなります。退会後に再度会員登録をし直しても、これらのデータは復元することはできません。

 

定額購読マガジンの退会方法

 

noteを退会したい人の中には、定期購読マガジンを退会したい人が多く見られます。

 

noteの定期購読マガジンは、以下の手順で退会することができます。

 

  1. noteにログインしている状態で、画面右上のアイコンを押下する
  2. 「マガジンを管理」を押下する
  3. 定期購読を停止したいマガジンを選択する
  4. 「購読内容を確認」を押下する
  5. 「購読を停止」を押下する

なお、noteの定期購読マガジンは、初回の購入日に決済が行われ、そこから1カ月周期で自動決済されます。

 

たとえば、11月15日に月300円のマガジンを買った場合、次の決済日は12月15日となります。

 

上記の例の場合、たとえば12月20日に定期購読マガジンの退会処理を行っても、12月14日までは定期購読マガジンを閲覧することができます。

 

noteの退会方法

 

以下の3つの手順を踏むことで、noteから退会(アカウント削除)できます。

 

  1. noteにログインしている状態で、退会ページにアクセスする
  2. 右下にある緑色の「退会する」ボタンを押下する
  3. ノートからログアウトされ、トップページに戻ったら退会完了

 

まず、noteのアカウントにログインしている状態で、こちら(https://note.mu/settings/withdrawal)の退会ページにアクセスをします。すると以下のような画面が表示されます。

ここで、画面右下にある「退会する」という緑色のボタンを押下します。

 

すると、以下のように、ログアウトされた状態でnoteのトップページへ遷移します。

以上でnoteの退会は完了です。

 

P.R.「DRM」を応用して月500万を自動化した流れ

 

読者さんにはDRMの威力をぜひ知ってもらいたくて、うまく扱うことができれば、たった一人の個人でもブログとメルマガを組み合わせて月500万以上の収益を自動化することができます。

 

DRM-japanの運営者が自動化するまでの流れをまとめた書籍(Amazonランキング1位獲得)と一緒に事例を学べるので、ぜひDRMの理解を深めるためにも一読してみてください。

 

>>「経済的自立を達成しよう」+DRMメルマガを読んでみる
(メールアドレス入力ですぐ読めます)

 

書籍と同時に受け取れるメルマガでは、「人を動かす扇動の技術」、「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの思考法」など、DRMの成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。

 

堅苦しい内容ではなく、親しみやすいと大変好評ですので、ぜひマーケティングの事例の一つとして分析してみてくださいね。お手持ちのパソコンやスマホですぐに読めます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です