成功者が必ず行う「習慣づけ」とは?どうすれば習慣が身につく?

ちなみに、この記事を書いている人って、誰?

きっとあなたはそう思われたことでしょう。

初めまして。管理人のふっさんと申します。

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)というビジネスモデルにて、
1人の会社で年商1億円を突破。

〝普通に働く以外の方法〟で稼ぎたいあなたへ。
ぜひ当サイトの色々な記事を読んでみてください。


DRMについて学べ、
個人で稼げる自由な人生への第一歩を踏み出せます。

成功者になるために習慣付けが必要な理由

成功者の多くは身につけている習慣がある

一般的に「成功者」と呼ばれる人の多くは、何らかの習慣を身につけている場合が多いことが知られています。

例えばFacebookの創業者であるマーク・ザッカーバーグは、同じ洋服を複数用意し、毎日同じ服を着ることで余分な思考を削ぎ落とす習慣を身に付けています。またアマゾンの創業者であるジェフ・ベゾスは、毎日必ず8時間は眠り、夕食後には必ず皿洗いをする習慣を身に付けています。

この他にも、成功者は何らかの習慣を身に付けていることが多いですが、成功者と習慣づけとの間には、どのような関係性があるのか考えてみましょう。

習慣づけを行うことで規則正しい生活ができる

習慣づけを行うことの第一のメリットとして、生活にメリハリをつけて規則正しい生活を送ることができることが挙げられます。

成功者となる人の多くは、毎日の仕事と生活のスケジュールを明確に定めている場合が多いです。時間を明確に定めることにより、仕事や勉強をするべき時間に行い、休むべき時間に休む、というような規則正しい生活を身につけることができるようになります。

そして、仕事と生活のスケジュールを定義する上で欠かすことができないものがなんと言っても「習慣づけ」です。

習慣づけを行うことで、1日の仕事や生活に必要なタスクを無意識のうちにこなすことができるようになります。その結果、自然と生活に規則性が生まれるのです。

習慣づけを行うことで安定的に仕事や勉強ができる

習慣づけをができていることで、習慣づけのできていない人よりも、より安定的に仕事や勉強に取り組むことができるようになります。

仕事や勉強をする時、やるべき仕事や勉強に手がつかず、ついテレビを見たりスマホをいじったりしてしまうことがあるひとは少なくありません。休みの日にいろいろなことがしたかったはずなのに、ダラダラした挙げ句、何も出来ずに終わってしまったという経験をお持ちの方も多いことでしょう。

そのような皆さんは、習慣づけを行うことで、毎日決まった時間・場所で決まったタスクに取り組む「クセ」を身につけることができます。

毎日顔を洗ったり食事を取ったりすることが苦痛で仕方がない、という方はあまり居ないのではないでしょうか。その理由として、洗顔や食事に関しては、毎日の決まった時間・決まった場所で無意識に行われることが挙げられます。

そのため洗顔や食事と同じように仕事や勉強も習慣づけを行い、毎日決まった時間・場所で行うことができれば、安定してパフォーマンスを発揮することができるようになります。

成功者が身につけている習慣


成功者が身につけている習慣は様々で、その内容は人によって異なります。そのため、どんな習慣をつければ成功することができるようになるかについては一概に言うことはできません。

しかし、一定の範囲内においては「多くの成功者に共通する習慣」というものも事実として存在します。そのような習慣について、具体的に紹介します。

読書

読書は、多くの成功者に共通する習慣のひとつです。読書をすることで、新たな考えや知見に触れることができるため、仕事や勉強で成果を生む新しいアイデアを得る可能性が高まります。

例えば世界有数の億万長者の一人であるビル・ゲイツ氏は、就寝前の1時間の読書を習慣としていることが広く知られています。

またユニクロ(ファストリテイリング)の創業者である柳井正氏は、経営学者であるピーター・ドラッカーの著書の熱心なファンであることが知られています。

早起き

また成功者の多くは、早起きの習慣を身に付けています。私達の一日の生活の中では他者に時間を奪われてしまう人が多いですが、早起きをすることで、人に邪魔されない「自分のための時間」を確保することができます

また、朝の目覚め直後には頭がすっきりと働く状態が整っているため、この時間に仕事の準備に取り掛かることで、思いもよらないアイデアを生み出すことができる場合もあります。

例えばAppleのCEOであるティム・クック氏は、朝の4時頃からメールチェックを行い、5時にはジムにワークアウトに出かけることを習慣づけているそうです。

またスターバックスを世界的企業に成長させた元CEOのハワード・シュルツ氏は、朝4時半には起床し、朝食や運動、瞑想など1日のスタートに必要なタスクをこなしていたと言われています。

運動

運動もまた、成功者の多くが身に付けている習慣です。成功者といわれる多くの人たちは、共通してランニングやジムでのワークアウトなど運動の習慣を身に付けていることが明らかになっています。

運動を行うことで、心身のバランスを整え、仕事や勉強を継続するための体力回復をすることができます。また運動で体の血流が良くなると脳を活性化することができ、その結果仕事や勉強のパフォーマンスを向上させることにもつながります。

遊び

また多くの成功者の中には、遊びの習慣を欠かさない人が多いこと、遊びに対して真剣に取り組む人が多いことも事実としてあります。

例えば、テレビ司会者として有名なタモリは、プライベートのゴルフ中に、一緒にプレイした人を「真剣にやれよ!仕事じゃねえんだぞ!」と叱ったと言われるほど遊びに真剣に取り組むことで知られています。

成功者の中には、このように遊びを真剣に楽しむ上、仕事を遊びのように楽しむ習慣を持つ人は少なくありません。

成功者の習慣を学ぶことのできる本

1440分の使い方―成功者たちの時間管理15の秘訣

本書では、7人の億万長者をはじめとする288人の成功者へ行った取材の結果をもとに、成功者が身に付けている習慣について具体的に紹介しています。自己啓発本の中には、成功者の習慣について書かれたものは少なくありません。

しかし多くの本は内容が抽象的なものが多く、実践をしにくいというデメリットがあります。一方、本書では、成功者の習慣をまとめる中から「ノートのとり方」「メールチェックの方法」など、あくまでも私達が具体的に実践可能な時間管理についての習慣を取り上げて紹介しています。

そのため、習慣づけをしたい方がすぐにでも実践することのできるようなノウハウが多く詰まっています。

年収300万円の悪習慣・年収1000万円の良習慣・年収1億円の人のすごい習慣

本書では、著者による実際の経験に基づき、高額年収を稼ぎ出す人が実践している考え方や習慣についてを具体的に解説しています。

本書の著者である金川氏は、偏差値35の高校から難関大学に合格、大学在学中に難関である公認会計士の資格を取得し、世界的に有名な監査法人に勤務したという輝かしい経験を持ちます。

そんな金川市自身の経験から得られた年収1億円プレイヤーの思考方法や習慣づけの重要性が本書ではわかりやすい用語で解説されています。習慣づけのためのマインドセット(考え方)を学びたい方には特におすすめの1冊となります。

やり抜く人の9つの習慣―コロンビア大学の成功の科学

本書では、コロンビア大学で心理学を研究する筆者が、心理学の観点から正しい目標管理の方法を解説しています。

習慣づけを行うためのノウハウが書かれた書籍として注目を集め、ビジネス書籍の出版で世界的に定評のあるハーバードビジネスプレス社で最も成功した書籍のひとつとして知られています。

すべての解説が心理学的な研究に基づいているため、論理的に理解しやすく、納得感を持って読み進めることができます。習慣づけに取り組みたいと考えている方におすすめな本です。


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年8月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です