勝ち癖とは?勝ち癖を付けるためには何をすればいい?

P.R.このメディアの管理人について

このメディアの管理人について紹介しますね。



20歳で起業し、本メディアで解説してるDRMを研究して
1人の会社で年商1億円(利益率7割超)を突破。


得た知識をDRMjapanで公開しているので、
ぜひ当サイトのコンテンツを読んでみてください。



また、DRMをより本格的に学べる、
読者数2万人超のメールマガジンもやっています。

もしよかったら読んでみてくださいね→ふっさん公式メルマガへ


それでは、コンテンツをお楽しみください!

勝ち癖とは何か


勝ち癖という言葉は、勝負事を行った際によく勝つことのできる人や勝つ癖の付いている人に対して使います。勝ち癖のついている人は、周囲からも「あの人はよく勝てる人だ」と認識されていることが多いです。

勝ち癖のついている人は、運が良くてたまたま続けて勝っているわけではなく、常に勝とうとする意識を持っている人が多いです。だからこそ、勝ち癖の人は周囲も認めるほど連続で勝つことができるのです。

なお勝ち癖の対義語として「負け癖」があります。負け癖は、勝負事などで何かと負けてしまうことが多い人のことを指します。

勝ち癖の付いている人の特徴

勝負に勝つことを強く考えている

勝ち癖のある人は、勝負事を誰よりも真剣に捉えているため、勝負に勝つために常日頃から無意識のうちに考えている人が多いです。

「勝つためにはどんなことをすればよいか」「目標を達成するにはどのような方法を取ればよいか」などというように、常に勝つための思考を続けていることが特徴です。

勝ち癖の付いている人は、直接的な勝つための方法はもちろん、勝ちに近づくための過程についても真剣に考えることができます。そのため、勝負事についてあまり考えていないタイプの人よりも必然的に多く勝つことができます。

負けず嫌いである

勝ち癖の付いている人は負けることを嫌い、負けた時には負けたことを強く悔しがる人が多いことが特徴としてあります。そのため勝負に一度負けたとしてもすぐに諦めてしまうことはなく、勝つまでしぶとく挑戦し続けることが多いです。

何度も挑戦を繰り返すことにより、勝ち癖の付いている人は結果的に勝つための方法を確立することができたり、目標を達成することができたりします。たとえ負けたとしても何度も試行錯誤を繰り返すため、勝つための方法にたどり着く早さは他の人より早いことが多いです。

周りの人に認められている

勝ち癖の付いている人は勝負事によく勝つことができるため、周囲の人にも「勝ち癖の付いている人である」と印象付けることになります。そのため自然と周りから認められている人が多く、結果的に強い自信を持っている人が多いです。

自信を持っている人は自分の思い通りに積極的な行動を起こすことができることが多く、その結果、勝負事に勝つためのチャンスを逃すことなく行動することができます。そのような行動を取ることにより、勝ち癖の付いている人はさらに勝ち続けることができるようになります。

勝ち癖をつけるための方法

自分の強みを探す

勝ち癖をつけるためには、まずは自分の勝ちやすい分野を見つけたうえで、そこで勝負をすることが大切になります。自分の得意分野を見つけることができるまではあらゆることに挑戦をし、得意分野が見つかったら集中的に取り組むようにしましょう。

得意分野に注力することで、次第に勝ち癖を付けることができるでしょう。逆に自分が得意でない分野や、長所を生かすことができない分野ではなかなか勝つことができず、勝ち癖をつける前に挫折してしまうことがあります。

誰よりも努力をする

他の人よりも努力をするということも、勝ち癖をつけるためには必要不可欠です。勝負事に関しては、他の人よりも努力をすることができれば結果を出すことができることが多いです。その結果、勝ち癖を付けることができるようになります。

勝ち癖をつけるには何度も挑戦すをする必要がありますが、何も考えずに回数をこなしてもあまり意味がありません。「どうすれば勝てるようになるか」をきちんと考えながら取り組むことが大切になります。

結果を出す

実際に勝ち癖をつけるためには、多かれ少なかれ結果を出す経験をすることが必要となります。結果を出すことができれば自信につながるため、次の勝負事に自信をもって取り組めるようになります。

結果を出すことによって、勝負に勝つための良いサイクルが生まれるため、結果として勝ち癖が付けられるようになることが多いです。最初のうちはあまり大きな目標を立てるのではなく、小さくても達成が可能なものから始め、成功体験を積み重ねましょう。

妥協をしない

勝ち癖を付けるためには妥協をしないことも重要となります。何度も妥協を繰り返すのが癖になっていると、気づいた時には負けばかり続いてしまうこともあります。しっかりと勝ち切り勝ち癖をつけるためには、少しの妥協も許してはいけません。

妥協する癖をつけないためには、あらかじめきちんと目標を設定しておきましょう。自分で決めた目標を達成できるまでは勝負事を妥協せず、目標に到達するまで続けてみるようにしてください。

失敗しても沈み込まない

勝ち癖をつけるためには、たくさんの勝負事に何度も挑戦をすることが必要となります。挑戦の数が増えるということは、失敗のリスクも増えるということに等しいです。ただし勝ち癖を付けるためには、失敗の度に沈み込んでいてはいけません。

一度失敗したからと言ってあまり考えすぎず、気持ちを切り替えて次の挑戦に取り組むことが大切になります。数多くの挑戦をこなすことで次第に勝ちを掴める機会が増え、勝ち癖をつけることができるようになります。


【P.R】DRMの実例が学べる1200円の書籍を無料プレゼント中


DRM-japanはいかがでしょうか?少しでもマーケティングの手伝いになっていただければ幸いです。

管理人は「ふっさん」という名前で活動していて、DRMの仕組みをネット上に構築して年間7000万の自動化に成功しています。

その一連の流れが学べる1200円の書籍を期間限定(2020年8月31日まで)で無料でお渡ししてます。かなりマニアックな内容に仕上がってますが、価値を感じた人だけ読んでみてください。

下記の画像をクリックするか、メールアドレスを入力すればすぐに受け取れます。


ちなみに書籍をダウンロードしたら、メルマガを受け取れます。メルマガでは「仕組みのアウトライン」、「戦略を組むときの発想」「人を動かす扇動術」など、DRMの成果を最大化する方法が学べます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です